クレジットカードによる借金は債務整理の対象になるのか?

MENU

CLOSE

クレジットカードによる借金は債務整理の対象になるのか?

クレジットカードと債務整理

ee042439006ec1bc02e6d30241b9a6c1_s

クレジットカードの本質は借金

借金は嫌いだからカードローンやキャッシングは利用しないという主義の方は少なくありませんが、借金を嫌う方がクレジットカードを利用しているケースは少なくありません。クレジットカードは便利な決済手段として日常生活に深く浸透していますが、本質的には借金と変わりありません。

キャッシングが信用に基づいて現金を借りるのに対してクレジットカードは信用によりカード会社に代金を立て替えてもらい後払いで決済しています。直接的な現金のやりとりが無いためお金を借りているというイメージは薄いのですが、クレジットカードは借金の一種です。

無計画に使えばあっという間に債務が膨れ上がり債務整理をしなければいけないところまで追い詰められてしまいます。法律的には借金として扱われないものの、実質的には借金なので安易にクレジットカードを利用すると非常に危険です。

クレジットカードで作った借金を債務整理できるのか

キャッシングやカード論による借金は債務整理によって返済負担を減らすことができますが、クレジットカードで作った借金も同様に債務整理できるのでしょうか?結論から言うとクレジットカードで作った借金も債務整理の対象になります。

ただし、金利優遇措置や債務の減額などに関しては扱いが異なり全く同じように債務整理できるわけではありません。個別のケースによって事情は異なるので、借金問題に強い弁護士に相談した上で債務整理を進める必要があります。

リボ払いには要注意

クレジットカードで注意しなければいけないのが「リボ払い」です。リボ払いは借金の残額にかかわらず毎月一定額を返済していく返済方式で、高額の買い物をしても返済負担が変わらないというメリットがあります。

その代わり完済までの期間が長期化しやすく返済金のうち元本返済に回される文が少額になってしまうため、最終的な金利負担が重くなってしまうというデメリットがあります。毎月定額返済のみで一見負担が軽く見えるリボ払いですが、実際の負担は軽いどころか短期分割払いよりもずっと重くなってしまいます。

リボ払いで買い物を繰り返していると気づいた時には債務整理が必要なまでに借金が膨らんでしまう可能性があります。見かけの返済額に騙されず、本当の返済負担を確認することが重要です。

クレジットカードの債務整理は異なる点が多い

ccac6fdf006dc3c172d393304425530a_s

クレジットカードのショッピング枠に過払い金はない

クレジットカードは借金と同様の性質を持ちますが法律的には信販会社による立て替え払いとして扱われ借金とは別のものとして扱われます。借金は利息制限法の対象ですがクレジットカードのショッピング枠は利息制限法の対象にならず過払い金も発生しません。

債務整理でグレーゾーン金利該当分があれば過払い金返還請求を行い債務を返済するることが可能ですが、クレジットカードのような信販系約では過払い金は存在しないので返還請求はできません。

任意整理で返済負担を軽減する

クレジットカードの債務整理では任意整理による解決を目指すのが基本です。ただし、消費者金融業者にお金を直接借りたケースとは異なり債権者と交渉しても債務そのものを減らせる可能性はほとんどありません。

任意整理で可能なのは返済計画を見直して毎月の返済金を減らすこと、滞納の一括返済請求を撤回させること、購入した商品の引き揚げをストップさせることくらいです。任意整理で借金が減ることはありませんが生活に及ぶ影響を最小限に押さえられますし、毎月の返済負担を軽減し完済までの道筋をつけられます。

任意整理による生活再建効果は高いので弁護士と相談の上で早めに対処してください。

最終手段としての自己破産

クレジットカードで作った借金がどうしても返済できなくなってしまったら、自己破産による債務整理で生産する他ありません。カードで購入した商品を含め価値ある財産は処分されてしまいますが、借金をゼロにして新しく生活をスタートさせることができます。

ただし、カードで買った商品をすぐ換金するいわゆる現金化の事実が申し立て直前に行われていると免責不許可事由に該当すると判断され自己破産が認められない可能性があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!