自己破産における審尋とは?抑えておきたい流れと対策まとめ

MENU

CLOSE

自己破産における審尋とは?抑えておきたい流れと対策まとめ

自己破産における審判の場、審尋とは何か?

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

審尋とは債務者と裁判官の面談の場

自己破産が他の債務整理比べて最も異なる点は、免責による借金が全額帳消しされる。この一言にあるといっても過言ではありません。

しかし借金の帳消しは債務者にとっては最高の結果ですが今までお金を貸していた債権者にとっては自己破産をされてしまうと貸したお金と得られるはずだった金利が、自己破産を開始した時点で一円も戻ってこない最もダメージの大きな債務整理とも言えますし、損害という意味では馬鹿にできません。

金利カットや過払い金の請求の有無は別として滞納されている借金が少しでも戻ってくる可能性のある債務整理。任意整理や個人再生の方が債権者にとっては利益がある訳です。それでもあえて債務整理に自己破産を選ばれる以上裁判所も安易に申し立てがされれば全てを認める訳ではありません。

「この人は自己破産するに値する人間か」「自己破産する事に反省の意識があり、その後の生活をやり直していく意思があるか」といった事を、裁判所は債務者が提出する陳述書の中に作文の提出を求めたり裁判官と債務者で面談を行い判定することになります。

作文と同様にこの審尋も自己破産による免責が認められるかの大きなポイント。しっかり弁護士と相談して対策を練って臨む事が大事となります。「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」と言われるように、事前にしっかりと準備をすれば問題はありません。

裁判官に対して、自分は自己破産を通じて反省しこの教訓を生かした未来を歩むという姿勢をアピールしましょう。

裁判官と直接向き合う「破産審尋」で多く問われる内容

cbefa5a71c2c7f59c80156ae48c00745_s

破産審尋は裁判官と1対1で向き合って

  • 借金をしはじめた理由や多重債務に陥るなど自己破産に至る経緯
  • 滞納している物も含めて借金やローンの債権者一覧
  • その債権者一覧以外にも借入等をしていないかの確認

などを聞かれます。

事前に記入し提出した陳述書や債権者一覧表、また作文の内容を裁判官が実際に債務者と面談して、改めて確認するといった趣旨の強い審尋です。裁判官によっては答えた内容だけでなく、文書の内容にも突っ込みを入れてきます。記入した内容と面談での内容が矛盾していない事も大事です。

ここを無事に切り抜けられるか否かが自己破産の成否を分けるかの大きなポイントです。質問に対する回答以外にも、よく行われる対策を抑えておきましょう。

当日は質素な服装でアクセサリーも外すこと

自己破産に陥る程の破産者となれば、経済的に困窮しているのは当たり前と言えます。そんな人間が当日、裁判官の前にジュエリーを散りばめた派手なアクセサリーや見るからに高級そうな腕時計や服装で、自己破産の面談をしていたらどう思うでしょうか。

「実は他に借り入れているのではないか」「あるいは隠してある何らかの収入源があるのでは」と、服やアクセサリー自体を入手した経緯が問題は無くても、裁判官の心証に疑いをもたれることは必須です。

仮にそういった高級な装飾品を手に入れた経緯が、プレゼントや形見の品物であったとしても審尋の日に身に着けていくのは適していませんので、外しておくのがベターと言えるでしょう。

聞かれた事以外は余計な事は言わない

こちらも自己破産をする際に、弁護士から破産審尋に赴くにあたって口を酸っぱくするほど注意される内容です。破産審尋は、基本的に陳述書等の書類に一切記入漏れや不備が無い前提で進みます。自己破産は特定の債権者との債務の帳消しのみ行う事は出来ない為です。

一例として債権者一覧表を見て「この債権者一覧表以外に借り入れている業者ありますか」と問われたら「無いです」の一言で済ませるのがベストアンサーです。

面談で良い評価を得るワンポイントアドバイスとしては、短くハッキリとした声で伝えると尚良しです。視線がキョロキョロして挙動不審になっていたり、声がボソボソしていると何か隠しているのではないかと疑われます。

いきなり見知らぬ人と面談して、澱みなくスラスラと答えられる人は殆どいません。前もって弁護士と対策内容や不安点を相談し、模擬練習を積んでおくのがベストでしょう。

多くの債務者と合同で行う「免責審尋」

1cd3687f2a03510c8143659a519a5ccd_s

1対1で行われる傾向の強い破産審尋に対して免責審尋は債務者が多、裁判官が1の多対1。あるいは債務者も裁判官も多対多の複数で行う事の多い審尋が「免責審尋」です。

破産審尋が債務者個人の経済事情や居住環境といった情報を深く掘り下げていって確認するのに対してこちらは破産審尋を特に問題なく通過して免責に該当する可能性の高い人物に対して行われる審尋でありどちらかといえば形式的な審尋です。

当日の服装や持参物ですが、免責審尋は短時間で終わる事が多いので服装は破産審尋と同様に質素で目立たない服装で、派手なアクセサリーは外すのがベターです。

持参物においても指定されなければ特に持っていく必要ありませんが万が一、債務の内容等で聞かれた時も考えて提出した作文や債務者一覧表の要点をまとめたメモ等を持っていくと良いかもしれません。ここの辺りは裁判所によってよりけりですので弁護士との事前相談をしておくと良いでしょう。

主に聞かれる内容も、氏名や年齢といった個人情報を聞かれるのみで終わる事が多くそれ以外にも裁判官から、今後の生活についての注意等を債務者全員に訓示する程度です。その為、審尋という審判の場よりも、今後の人生をやり直す儀式と見る人もおられます。時間にしても1時間以上かかることは稀で、5分から10分程度で終わった声も多くあります。

ただしそれだけに留まらず、破産審尋だけでは聞く事が出来なかった事や破産審尋後に裁判所が新たに気付いた点を聞かれるケースがあります。決して油断することなく免責審尋に臨みましょう。

この免責審尋が終了すれば、債務者は裁判所に赴く必要はなくなります。あとは免責決定の通知を自宅で待ちましょう。

最も大事なのは落ち着いた前向きな姿勢をアピールすること。

b458c8b14b380d1412e253d75c45dbc8_s

自己破産における審尋の内容や流れなどを紹介させていただきました。最後になりますが、この審尋において最も重要なポイントは

  • 申し立てた内容に嘘偽りが無い誠実さが債務者にあること。
  • 今までの借金や滞納、多重債務に陥る等自己破産に至る経緯を深く反省している事。
  • 自己破産の経験を踏まえて今後の人生を生きていこうとする姿勢。

この三点を裁判官は特に重視します。

ただ肩に力を入れ過ぎる必要は全くありません。今まで上げた破産審尋、免責審尋どちらも提出した作文の内容で虚偽の内容や矛盾点が無くまた借金に至る経緯等も自身が把握していれば、そこまで悩んだりしないでしょう。

重ね重ねになりますが不安な点や疑問点があれば、弁護士や周囲の人に相談し審尋の模擬練習を積み。前もって解消しておくと余裕をもって審尋の日を迎えられます。

それ以外にも面談のイメージトレーニングを行うのも良い対策です。このような意味合いの質問が来たらこう答えるとあらかじめ決めておく。恐らく裁判官はこういった内容で質問がされるだろう。それに対して返答は…と頭の中でシミュレーションしておき、スッと口に出せるようになれば本番でも大丈夫でしょう。

行った事も無い裁判所に赴き顔も知らない裁判官を相手に、自分の借金と自己破産に至る経緯を面談する。恐らく大勢の人が経験しない希有な体験です。故に緊張して足が震える、怖くなって逃げたくなる、そんな心境の方も多くおられます。

しかし裁判官は決して債務者を責め立てる存在ではありません。ここは特に重要な考えです。裁判官は債務者の自己破産に対しての姿勢を見ており、決して敵ではありません。彼らに良い評価を与える事が出来れば、免責に大きく近づけるのは間違いありません。

気負いすぎる事なく、力を抜き過ぎる事なく、自然体に近い適度な緊張感を持って審尋に臨みましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!