借金をなくすための解決策を知りたい!債務整理の種類について!

MENU

CLOSE

借金をなくすための解決策を知りたい!債務整理の種類について!

借金の解決策について!

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s

多額の借金を抱えていたり、借金を滞納していたりする人は、同じような理由で悩んでいます。借金で悩んでいる人は、以下のような理由があります。

  • 借金返済の目処がつかない。
  • 借金を滞納してしまう程、毎月の借金の返済が苦しい。
  • 身近に借金問題を相談できる人がいない。
  • 法律に関することが全く分からない。

このような日々の借金問題の悩みから解放される方法があるのをご存じでしょうか。それは、債務整理を行うことです。最近では、債務整理についてテレビのCMや雑誌、街中の広告などで頻繁に見かけることもあり、ご存じの方もいるでしょう。

しかし、知ってはいても実際に債務整理に踏み切る人は少ないかもしれません。債務整理を行うことで法的に借金を整理することができるため、借金問題で困っている人は一度検討してみてはいかがでしょう。

債務整理にはどのような種類があるの?

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

債務整理には、大きく分けて5つの方法があります。この5つの方法とは、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産、過払い金請求です。借金問題で悩んでいる人は、これらのいずれかの債務整理を行うことで解決できる可能性があります。

任意整理

任意整理をする上で理解しておきたいことは、取り立てをストップさせることができること、裁判を起こす必要がないこと、支払わなくてよい利息を取り戻せるケースがあるということです。

また、任意整理を行う場合、金融機関と直接やりとりすることになるため、巧みな交渉術が必要になります。さらに、専門的な法律用語などの理解も必要になるため、債務者が個人で行うケースはほとんどありません。そのため、弁護士や司法書士に相談するのが一般的となっています。

特定調停

特定調停は専門的な知識は必要としていないため、弁護士の協力がなくても個人で借金を整理できる方法です。特定調停を行う場合のメリットは、個人で手続きができるので費用が安く済むということです。

デメリットについては、個人で手続きを行うため、何度も裁判所に足を運ばなければなりません。そのため、時間が掛かることを覚悟しておかなければなりません。

また、働いている場合はかなり根気強く続けなければならず、費用が安いにもかかわらず、特定調停で債務整理を行う人は少数と言えます。

民事再生

民事再生は、住宅ローン以外の借金を減額させることができます。メリットは、住宅などの財産を手放す必要がないこと、3年以内に返済することを条件とし1/5まで減らせる可能性があることなどです。

しかし、この民事再生については、用意しなければならない書類が大量であるため、弁護士への相談は必要不可欠になります。また、借金を3年以内に返済しないといけないという規定もあるため、継続的に収入が見込めることも条件となっています。

自己破産

自己破産は、借金の返済が完全に不可能になってしまった人のために、国が定めた救済方法になります。自己破産の一番のメリットは、借金が帳消しになるということです。また、特別な資産が無い場合には、手続きが早く終了し、長期化することはありません。

ただ、自宅や車などを始めとした一定の財産を手放さなければならないため、中には大きなダメージを負ってしまう人もいます。自己破産を考えている人は、慎重に考えなければなりません。借金が帳消しになるのは魅力的に思えるかもしれませんが、できるだけ避けた方が無難な債務整理と言えるでしょう。

過払い金請求

法律で決められている金利に基づき、払い過ぎた利息である過払い金を返還してもらう制度です。過払い金請求は、現在借金を返済中の人だけではなく、既に借金を完済している人でも請求することができます。

また、過払い金返還請求は、借金をしていた金融会社と直接交渉をすることになります。かなりの交渉力が必要になるため、過払い金請求を行いたい人は、弁護士に相談することをオススメします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!