債務整理を依頼する場合、弁護士と司法書士のどちらがいいの?

MENU

CLOSE

債務整理を依頼する場合、弁護士と司法書士のどちらがいいの?

弁護士事務所は敷居が高いと思っていませんか?

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

債務整理を行う場合、多くの人は弁護士に依頼することになります。しかし、弁護士事務所というだけで敷居が高い印象があり、足を運ぶには躊躇してしまうのではないでしょうか。

そして、借金問題で困っているにもかかわらず、相談できないという人が多いのが実情なのです。そのため、事前に弁護士事務所がどういうところなのかを把握しておくと、債務整理で相談したい場合にも安心と言えるでしょう。

初回の弁護士相談料は無料で行っている場合も!

一般的に弁護士と聞くとテレビドラマでのイメージが強く、刑事事件を取り扱っている弁護士を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、弁護士は刑事事件を取り扱っているだけではなく、債務整理や離婚問題、相続問題、交通事故の示談交渉など、あらゆる案件を多く取り扱っているのです。

そのため、自己破産や任意整理などの債務整理を行う場合には、弁護士に依頼して解決してもらうことができます。弁護士費用については、初回であれば無料相談を行っているところもたくさんあるため、気軽に利用することができます。

また、相談料が発生する場合でも、弁護士事務所によって異なりますが、一般的に30分で5000円程度が相場となっています。借金問題で困っており、債務整理をしたいと考えている人は、まずは無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

弁護士事務所で相談する際には個室で行われるなど、プライバシーには十分に配慮してくれるので、安心して相談するようにしましょう。

弁護士に借金問題の相談をするメリットについて!

債務整理は、中には個人で行うという人もいるのですが、やはり専門家である弁護士に相談するのが一番と言えます。弁護士に借金問題の相談をするメリットについては、主なものとして以下のようなことがあります。

  • 弁護士に依頼した後、債権者に通知を行った時点で滞納による取り立てがストップする。
  • 複数の消費者金融から借金している場合、一つにまとめることができる。
  • 弁護士が依頼者の代理人として、全ての手続きや債権者との交渉を担当してくれる。

弁護士に債務整理を依頼するとこのようなメリットがあり、手間も省けるため、精神的にもかなり楽になります。そして、弁護士に相談しながら、今後の生活のことや返済のことについて、じっくりと考えるとよいでしょう。

債務整理は司法書士に依頼してもいいの?

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

債務整理は基本的に弁護士に依頼しますが、司法書士に依頼することもできます。

司法書士に債務整理を依頼した場合について!

司法書士は、主に不動産や会社の登記などの法律関係の書類を作成するのが仕事です。過去において、元々はこのような作業も弁護士が担当していたのですが、人手不足が原因となり、司法書士という職業が設けられるようになったのです。

司法書士は扱える金額に上限がある!

債務整理の種類にはいろいろなものがありますが、中でも、近年増えているのが過払い金請求です。この過払い金というものは、法律で定められた金利の上限を超えた貸付をしていた時に発生するものです。

司法書士は扱える金額に上限があり、扱える金額は140万円までと法律で決められています。例えば、過払い金請求を司法書士に担当してもらった場合、140万円を超えた過払い金が発生した場合は取り扱うことができません。

そのため、改めて弁護士に依頼し直さなければならないのです。140万円を超えない債務整理の場合には、そのまま司法書士に依頼しても問題はありません。これらのことからも、債務整理を考えている場合には、最初から弁護士に相談した方が間違はいないと言えるでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧