借金から解放される為に!自分にピッタリの債務整理を知る

MENU

CLOSE

借金から解放される為に!自分にピッタリの債務整理を知る

債務整理にはどんな種類がある?自分にピッタリの債務整理

6741885f359f22b515a8c228b4b2d953_s

借金を抱え込んでいる人に是非知っておいてほしいのが債務整理の存在です。債務整理はプロの弁護士や認定司法書士が行うことが出来る借金から解放される為の近道です。

債務整理には、大きく分けて任意整理、民事再生、自己破産、過払い金請求などがありますが、どれも法律が関わってきて小難しく考えてしまいがちです。ここではそれぞれがどのような借金問題に効果があるのか、どのような特性があるのかを見ていきましょう。

借金の総額を減額できる!?任意整理の基本

借金をする際は金利が発生するものですが、悪質な金融業者だと法外な金利を返済額に上乗せしている場合があります。任意整理をするメリットは、利息制限法の上限金利15~20%を依頼者の借金取引時にさかのぼって適用し、適正な返済総額を計算しなおして金融業者と交渉してもうことができます。

場合によっては金利をカットすることができ、元本のみを数年かけて分割返済することが可能になります。また、すでに多くの借金を返済している場合は過払い金の対象になる場合があり、お金が戻ってくる可能性があります。

ただし、金融業者が設定する金利が利息制限法の上限以内で設定している場合は、借金の減額は見込めません。腕の立つ弁護士なら、金利カットができる場合もあります。

処分したくない財産があるならを民事再生を

膨大な借金を抱え込んで、返済不能になりそうな人の場合、民事再生を利用できる可能性があります。民事再生とは、法律で決められた最低弁済額、家庭の資産総額、場合によっては可処分所得などを調べて、借金の減額を行う方法です。

民事再生によって借金が減額できれば、住宅などの高額な財産を保有したまま残りの借金を3年間かけて返済することが可能となります。ただし、住宅ローンは民事再生で減額されることはなく、残りの減額された借金と共に住宅ローンを返済していく義務が生じます。

保有財産もなく、支払不能に陥れば自己破産を

保有財産がなく借金返済が滞納して支払い不能に陥れば、自己破産をして借金の支払い義務から解放される方法があります。自己破産をするには、弁護士や認定司法書士に相談し、裁判所に支払い能力のないことを認めてもらい法律上で借金返済を免除してもらいます。

自己破産を行えば、借金から解放され、悪質な督促からもなくなります。生活の質を向上させるチャンスですが、自己破産をすれば信用情報機関の名簿に登録されるようになるので、数年は借金やローンを組むことが難しくなります。また、資格制限を受けて社会的な信用をなくすことにもなりかねます。

借金の過払い金を取り戻すことができる?時効は10年!

悪質な金融業者からお金を借りると、必要以上の金額を請求されることがあります。通常、お金を貸し出す際の金利の上限は利息制限法で定められた15~20%です。これ以上の金利が上乗せされて借金返済をした場合は、過払いした分を取り返すことが出来る可能性が高いです。過払い金請求の時効は取引終了時から10年間有効とされています。後悔のないよう、法律事務所に相談してみましょう。

弁護士も司法書士も一緒?債務整理は誰に依頼すればいい?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

債務整理を依頼する時、法律事務所には弁護士事務所と司法書士事務所があることに気づくはずです。この2つは資格が完全に異なるものですが、債務整理を行うに当たってはどちらでも行うことが可能です。

しかし、司法書士の場合は金銭的な上限が発生したり、交渉が地方裁判所に移った場合は対処できなくなったりするので注意しましょう。弁護士と司法書士どちらに依頼するにも自分が一番メリットを感じられる法律事務所に依頼しましょう。最近では、無料で相談にのってくれる法律事務所が多いので、まずは無料相談をするのがおススメです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!