債務整理は法律で認められている!正しく理解して借金返済!

MENU

CLOSE

債務整理は法律で認められている!正しく理解して借金返済!

借金をしたら必ず返さなければいけないと思いがち

a20923e167e0d492030b26dd99474a08_s

借金をしたら必ず返さなければいけないと思いがちですが、実際には返さなくてもいいお金が発生していることがあります。その代表が過払い金で、消費者金融などが法定金利を超える金利を設定したために、お金を払い過ぎている可能性があるのです。

この金利はグレーゾーン金利とも呼ばれ、法律上罰せられない範囲で運用されており、大きな批判を受けていました。現在は法律が改正され、グレーゾーン金利が使えないだけでなく、仮に過去にグレーゾーン金利でお金を借りたことがある場合は返還の請求を行うことでお金が返ってくるようになったのです。すでに支払いが終わった借金であっても、請求すればお金が返ってくる可能性があります。

気を付けなければいけないのが、自動的にお金が返ってくるわけではなく、返還のための請求を行う必要があることです。過払い金の請求は債務整理の一つとして分類されることもあり、借金を減らすために重要なポイントになってきます。個人で債務整理を行うのは限界があるため、まずは弁護士に相談するのが基本になります。

これは過払い金の返還請求をするにも様々な手続きが必要で、知識がなければ実行することが難しいからです。また、すでに支払いが終わって関連書類が見当たらない場合も、弁護士に相談することに過払い金請求ができるようになるケースがあります。

大切なのは、法律は改正されるものであり、最初の契約をずっと守り続ける必要がない場合があると言うことです。不平等な契約であれば見直しのきっかけや相手の責任を追及する材料にもなるため、まずは法律の専門家である弁護士に相談することが大切になるのです。

借金額が大きい場合は任意整理と言う方法も

a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

金利が合法的な範囲で合っても、金額があまりに大きければ返済だけで生活が圧迫されるケースがあります。もし滞納を防ぐために借金を借金で返すようなサイクルができてしまえば、状況は悪化するだけになってしまいます。こんな場合は自己破産しかないと思いがちですが、実際には任意整理で解決する場合もあるのです。

任意整理とは複数の金融会社や特定の金融会社と交渉を行い、金利などを調整し、借金の返済額を少なくすることが出来る手続きです。過払い金などがあれば借金の相殺が行えるだけでなく、無理なく返済可能な金額まで調整できる可能性があります。

任意整理のメリットは自己破産などと違って裁判所の手続きが不要なため、比較的手軽にできると言う点です。もちろん、手続きには弁護士を挟んだ方が良く、金融機関との交渉も受け持ってくれます。また、任意整理の手続きに入ることで、借金の督促などをストップすることが出来ます。

これは借金の総額の把握や効率的な返済方法が決まるまで、金融機関も督促が出来ないからです。督促状が来て慌ててしまった場合や、滞納が続いて借金の一括請求などが届いた場合は、まずは弁護士に相談して落ち着く時間を作ることも重要なのです。

任意整理が成功すれば収入に見合った月々の返済額や、金利に出来るだけでなく、条件を付けた一括返済や借金総額を減らすことが出来るのです。注意しなければ行けないのは、自己破産と違って借金は返し続ける必要があることです。

ただし、連帯保証人を巻き込まないように手続きすることも可能なため、人間関係などに気を使いたい人に好まれる傾向があります。家族を連帯保証人にしている場合は自己破産を選んでも影響を防ぎきることは難しいため、借金を現実的に返していくために活用したい方法になっているのです。

個人再生と自己破産のポイントは

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

債務整理でも最も手間がかかるものは自己破産です。しかし、手続きが済めば借金を帳消しにすることが出来るため、事業による多額の負債や複数の金融会社からの借入がある場合は現実的になる場合もあります。そして、自己破産と任意整理との中間に位置するのが個人再生です。

個人再生は負債額を5分の1から10分の1程度まで減額することが可能で、自己破産よりも若干デメリットが少なくなっています。自己破産をした場合は家や車などの高額な財産は処分しなければいけないものと認識されますが、個人再生では条件を満たせば家や車を残すことが出来るからです。

ただし、個人再生には安定した収入があることが重要で、3年から5年以内に借金を返すめどをつけられることが条件になってきます。正社員など定職がなければ条件を満たせない可能性があるのです。また、個人再生で適用できる負債額には限りがあるため、その範囲を超えてしまうと自己破産を選ばざるを得ないこともあるのです。

自己破産や個人再生で誤解されがちな事は仕事への影響ですが、職場に破産した情報が届くと言うことはまずないと言うことです。これは債務整理を行ったことは重要な個人情報だからで、一般に情報を広めた場合、情報を広めた人間が情報漏洩の責任を負うことになるためです。

また、事実であっても情報を流布させた場合は名誉毀損で訴訟を起こせる可能性があります。自己破産の場合は警備員や一部士業につけない等職業の制限を受けますが、通常の会社員であれば解雇の理由になることも無いのです。

仮にどこからか情報が漏れた場合などであっても、自己破産や個人再生を理由とした解雇は解雇権の乱用になってしまいます。また、破産も個人再生も一定の資産は手元に残すことが出来るのが特徴で、生活費まで奪うことは禁止されています。

家族が借金の保証人になっている場合も一緒に自己破産手続きをするなど、工夫をすることで被害を最小限に抑えることができます。管理するだけの財産がなければ、手続き後も手紙などを含めて確認されると言うことは無く、意外に自由に生活できる場合も多いのです。

自己破産や個人再生を行う権利や、最低限の生活を行う権利は法律で保護されているため、自分を追い詰め過ぎる前に弁護士に相談するのがポイントになるのです。

債務整理でありがちな、ブラックリストの誤解とは

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

任意整理や個人再生、自己破産を行うと金融機関の情報などにそれぞれの情報が記載され、いわゆるブラックリストに登録された状態になります。ここでポイントになるのが、ブラックリストに入っていると言う情報は金融機関などが問い合わせなければわからず、他人に漏れる事はない点です。

ブラックリストに登録されているとわかるのは業務上情報に触れられる人間のみで、業務に関わる人間以外に他言した場合は情報漏洩に該当します。また、ブラックリストに登録されるのは一定期間であり、一生残り続けるものではないのです。

体的にはクレジットカード会社や消費者金融などが参照する信用情報には5年間、銀行などの金融機関が参照するリストには最大10年間残る形になります。債務整理の手続きが終わって5年間経てば、新しいクレジットカードを作ることや、ローンを組むことも可能になるのです。

また、近年はデビットカード等銀行の預金と連動する事でクレジットカードの代用ができるカードも増えています。通信料金の支払いなどでクレジットカードの指定がされる場合もありますが、デビットカードで支払うことで問題が解決することもあるのです。

債務整理でありがちなトラブルや制限の中には、工夫で乗り越えられるものも多いのです。弁護士と相談しつつしっかりと手続きを進めれば、借金を乗り越えて新しい生活をすることが可能になるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧