意外な落とし穴!銀行カードローンの特徴と債務整理の注意点

MENU

CLOSE

意外な落とし穴!銀行カードローンの特徴と債務整理の注意点

銀行カードローンの特徴

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

銀行カードローンのメリットとは

銀行カードローンはカードローンの中でも金利が安く設定されており、例外はありますがほとんどの銀行で上限金利は15%未満となっています。消費者金融の場合は上限金利18%が平均と考えるとかなり低めの設定という事になります。

通常どのカードローンも借入額が大きくなれば金利が下がる傾向にありますが、上限金利の低い銀行カードローンでは借入額が200万円以上で金利が10%を切るところも多くメリットはかなり大きいと言えます。住宅ローンなどを組んでいる銀行でカードローンを組む場合には、通常よりも利率を下げるサービスを行っている銀行も多くあります。

ただしその場合は住宅ローンの滞納や遅延がない事が条件になっているので注意が必要です。消費者金融やクレジット会社など貸金業者での借金総額は年収の3分の1までに制限され、総量規制の対象となります。

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので返済能力に問題がなければ、総量規制の制限を超えた借入も可能となっています。利用限度額についても消費者金融などと比べると高く、800〜1000万円に設定している銀行が多くなっています。

銀行カードローンのデメリットとは

金利も低く良い条件で借りられる可能性の高い銀行カードローンですが、審査基準は消費者金融よりも高めに設定されている場合が多いと言えます。銀行の場合は保証会社がついているので銀行での審査前にまずは保証会社の審査に通過しなければなりません。

保証会社はその銀行のグループ内である消費者金融などの貸金業者になっている場合がほとんどで、つまり2社分の審査に通過しなければならないという事なのです。そういった事も含めて銀行カードローンは審査が厳しい傾向にあると言われています。

また利用規約に関しても厳しいところが多く、「返済がされなくなった場合には口座から勝手に返済に充てる事ができる」、「複数社に借金があり返済されなくなった場合は銀行側が期限を待たずにどの債務の相殺に充てるかを決定する事ができる」といった条件が課せられる事がほとんどなので気をつける必要があります。

更に銀行カードローンで借入を行う場合は普通預金の口座を持っている事を条件としている銀行も多い為、借りたい銀行の口座を持っていなければ新しく口座を開設する必要がでてきてしまいます。そうなると借入までにかかる時間が長くなるのでデメリットになり得ると言えます。

銀行カードローンは債務整理の時も注意が必要

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

銀行カードローンの場合も任意整理や自己破産など状況に合わせて債務整理を行う事ができます。銀行カードローンの利息は利息制限法内におさめられている事がほとんどなので過払い金が発生する事はなく、過払い金請求をする事もまずありません。

借金の減額ができる可能性も極めて低いと言える為、まずそこを理解しておかなければなりません。銀行カードローンの債務整理で一番多く行われているは任意整理による将来の利息カットです。更に3〜5年程の長期に渡る分割返済に応じてくれる場合もあり、返済額を減らして無理なく借金を返していく事が可能となります。

銀行カードローンを任意整理する時は注意しなければならない点があります。債務整理の対象となった銀行には受任通知が送られてくるのですが、それが送られた時点で銀行は預金口座を凍結します。口座にお金が残っている場合は借金の相殺に充てられる為に回収されてしまうのです。

例えば同じ銀行の違う支店でいくつかの口座を持っていた場合は全ての口座が凍結されてしまうのであらかじめ引き出しておく事が大切です。弁護士に債務整理を相談・依頼をすればそういった注意点なども細かくアドバイスしてくれるので、銀行カードローンの債務整理を行う場合は弁護士または司法書士などの専門家にまずは相談をして指示を仰いでおけば安心と言えます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!