自分に合った債務整理をする為に!債務整理の心構えと事前の準備

MENU

CLOSE

自分に合った債務整理をする為に!債務整理の心構えと事前の準備

債務整理になぜ事前の準備と心構えが必要か

9baaaabe0c9a7ac6b59480b53d0ef2b5_s

お金を借りる理由は人それぞれですが、借金を滞納すれば大なり小なり必ず金利が膨れ上がっていくものです。自分では処理できないような借金を抱えこまない為にも、計画的に借金を返済していく必要がありますが、複数の金融機関から借金を繰り返してしまうとどうしても借金の返済が滞って収集がつかなくなることが多いです。

借金が取り返しのつかないところまで来てしまうとせっかく債務整理を行っても自己破産するしか選択肢がなくなってしまうので、なるべく早めの段階で債務整理を行うようにしするのがポイントです。そして、債務整理を行う前には事前の準備が必要不可欠となります。

広告などで債務整理を行う法律事務所を見かけても、考えなしで相談しに行ってはいけません。少なくとも、自分の借金の総額と借り入れしている事業者がいくつあるのか位は正確に答えられるようにしておきましょう。最低限の質問にも答えられないようでは、相談された弁護士も困ってしまい、適切な債務整理の判断が出来なくなってしまいます。

また、債務整理を行う法律事務所は全国にたくさん存在し、その中には困っている債務者からお金を巻き上げようと考えている詐欺グループまで存在します。そういった人たちに騙されないようにする為にも、債務整理における様々な知識を身に着けて自分自身を守らなければなりません。

債務整理をする前に心しておきたいポイント

債務整理にはいくつかの方法があり、債務者の借金の状況に合わせて最適な方法が提案されますが、法律事務所に相談しに来る人の中には、借金を返す当てがなく自己破産しか道がないのに任意整理がしたいと言い張って弁護士を困らせてしまう人がいます。

自分が行いたい債務整理があったとしても、経済状況によっては自分の希望に沿えないことがたくさんあるということを覚えておきましょう。そういったことを事前に知っておけば、弁護士に無理難題をいうこともなくなります。ここでは債務整理をする前に心しておきたいいくつかのポイントをご紹介していきます。

  • 自分が希望する債務整理ができないこともある
  • 過払い金に限らず債務整理は必ず成功するとは限らない
  • 悪質な法律事務所が存在することを覚えておく
  • 債務整理を行う際のメリットとデメリットを把握しておく
  • 債務整理は人生の再出発、失うものが必ずある

これらのことを心に留めておくだけで、債務整理をした後に後悔することも少なくなります。債務整理は借金が少しでも軽くなるように設けられた法的手段です。せっかく債務整理を行うなら後悔しない債務整理を行っていきましょう。

借金の総額を自分で把握して必要書類を用意しておく

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

債務整理を行うにあたって、自分で用意しなければいけない書類が色々と出てきます。まず、法律事務所に相談に行く前に必ず自分で把握しておくべきなのが、借金の総額と借入先の全ての金融機関の名称です。それぞれの借り入れた額にかかる金利の状況も本来なら知っておくべきです。

法律事務所によっては、無料相談の際に借金の総額と借入先などを自分で記入する為の用紙を渡されたりしますが、事前に自分でパソコンでまとめたものをコピーしていけば、無駄な時間を省略することができます。

また、債務整理の契約をするにあたって弁護士から用意すべき書類について教えられますが、言われる前に準備しておくことで債務整理の手続きが早くなったりします。債務整理を行うにあたって事前に準備しておくべき書類は以下の通りです。

  • 免許証、保険証などの公的機関が発行している身分証明書
  • 債権者一覧表
  • 借入時の契約書の控え
  • 金融業者からの請求書や督促状など
  • 過去の借入明細
  • 借入している全てのクレジットカード
  • 契約時に捺印する為の印鑑(シャチハタ以外を求められることがほとんど)
  • 預金通帳
  • 家計の収入と支出がわかるもの(経済状況の確認)
  • 生活保護や年金の受給証明書

以下は資産を持っている人の場合に必要になるもの

  • 最新の不動産の登記簿謄本
  • 生命保険の解約払い戻し金の調査
  • 勤め先の退職金の額

以下は闇金から借り入れをしている場合に必要となるもの

  • 闇金融取引状況申告書

法律事務所によっては、無料相談時に上記の持ち物が必要となることがあります。書類集めに手間取らない為にも、債務整理を思い立った時に全てまとめて整理しておきましょう。

債務整理詐欺に引っかからない為に!自分に適した法律事務所を見つける

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

債務整理を行うにあたって、法律事務所の選び方がとても重要となります。先に挙げましたが、弁護士や認定司法書士の資格を持っていたからと言って、全ての人が困っている人を助けようとしているわけではありません。

むしろ、弱者からお金を巻き上げようと考えている人も世の中にはたくさん存在するということを知っておきましょう。悪質な弁護士や認定司法書士に引っかからないようにするには、必ず事前に実績と経験を調べておくことです。

債務整理に強い法律事務所なら、無料相談の時にこれまでの実績を確認すれば、過去の経験を詳細に教えてもらうことが出来ます。逆に債務整理の実績や経験が乏しい法律事務所に過去の実績を教えてもらおうとしても、はぐらかされたり、ふてくされたりするので、すぐに実績がないのだなと分かります。

悪質な法律事務所に引っかからない為にも以下のポイントに注意して自分がメリットを感じられる法律事務所を見つけましょう。

  • 債務整理に関する実績が豊富な法律事務所に依頼する
  • 担当の弁護士や認定司法書士の感じが良い人を選ぶ
  • 債務整理における費用が相場と同じくらい
  • 契約前に債務整理にかかる費用を書面で提示してくれる
  • 追加料金が発生しない
  • 債務整理の日程表をくれる
  • こまめに連絡してくれる
  • 成果報酬型の法律事務所は実績がない場合があるので要注意

無料相談でも借金の状況を包み隠さず本当のことを話す

5bfabb969cb82b176d6444347aeb3ba7_s

自分にピッタリの法律事務所が見つかったら、直接法律事務所に出向き担当の弁護士に相談をしなければなりません。債務整理の相談をする時は、包み隠さずできるだけ正確な情報を伝えるのがマナーです。

借金の額や借入先の数、滞納の年数などを偽って伝えてしまうと、正確な債務整理が行えなくなり自分が不利になってしまいます。また、場合によっては借金の理由なども聞かれることがありますが、ギャンブルや娯楽費、身の丈に合わないショッピングなどの言いずらい内容だとしても、経験豊富な弁護士なら良くあるパターンとして処理してくれるので、妙な見栄を張らずに聞かれたことは真実を話すようにしましょう。

他にも依頼者が偽りを伝えてしまいそうなことに、年収や就業状況などが挙げられます。年収や就業状況についても、嘘の情報を弁護士に与えてしまうと正確な債務整理が行えなくなるだけでなく、依頼者の嘘によって債務整理が失敗した場合は無駄な費用を請求される可能性もあります。自分の為を思うなら、変なプライドは捨てて正確な情報のみを伝えるようにしましょう。

自分が納得をしてから契約に移るのが基本

弁護士に債務整理の相談をしたものの、自分が理解できていいない状況で弁護士に言われるがまま契約を結んでしまう人がいますが、後々のトラブルの元凶となるので絶対にやめましょう。債務整理の相談は難しい専門用語がたくさんあり、事前に予備知識を深めておくことが必要ですが、それでも理解できなかったことはキチンと弁護士に説明を求めるのが基本です。

また、本当は任意整理するつもりで弁護士に相談したものの、借金の状況から自己破産しかないと言われた場合でも、念のため任意整理がしたいとか、過払い金請求がしたいとか、自分の要望を弁護士に伝えてみましょう。できなければその場でキッパリ断られるだけのことで、何も恥ずかしがることはありません。キチンと自分が納得したうえで契約を結ぶという行為が後々のトラブルを防ぐ最大の武器になります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!