債務整理をする前に考えよう!あなたに向いた債務整理はどれ?

MENU

CLOSE

債務整理をする前に考えよう!あなたに向いた債務整理はどれ?

債務整理の方法と種類について

9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_s

債務整理の方法

借金をして、返済を滞納して困っている方の救済策として任意整理があります。多くの借金や滞納で苦しんでいる方にとっては、お金を借りているという精神的なプレッシャー、返済できるのかという不安、さらには取り立てや督促などの恐怖などさまざまなストレスがあります。

これらのために精神面や健康面への栄養を及ぼしかねないばかりか、お仕事や日常生活にさえ支障をきたすこともあります。そのような方は、一刻も早く弁護士や司法書士など、専門家への相談が必要です。法律事務所などでは、最初の訪問で実際的な借金の状況を相談し、必要な法定手続きや、場合によっては裁判等、解決まで一挙にお願いすることができます。

債務整理の種類

そして実際に債務整理するにあたり、それぞれの状況によって3つの方法を選ぶことができます。借金の金額、残高の金額、今後の返済の可能性、財産の有無などの状況に応じた方法の選択が可能です。

具体的には、任意整理、民事再生、自己破産があります。自分にはどの方法があっているのが気になる点ですので、それぞれのメリット、デメリットを参考にして見合った方法を選びましょう。

過払い請求

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

そしてもう一つ債務整理と同時に行うことができるのが、過払い請求です。過払い金請求は、貸金業者(消費者金融など)が違法な高金利で貸し付けを行い、それに気がつかずに返済しすぎてしまったお金を取り戻すことです。

過払い請求は法律で認めているキャッシング利用者の権利ですので、是非早めの手続きをしましょう。一般的な貸金業者は、利息制限法の15〜20%の上限で貸し付けを行っています。それ以上返済してしまった場合は、18%との差額分(過払い金)として返済されます。現在返済中であれば、借金の残高に充当し借金が減額されます。

しかし過払い金返還には、10年という時効があるので注意しておきましょう。完済されてから10年経過していない限りは、過払い金返還請求は可能ですので、現在返済中であれば可能です。早めの手続きを行いましょう。

任意整理 のポイント

任意整理のメリット

2d156dca4991b3eead32f7dba7b507e3_s

 任意整理の良いところは、取引開始の時点から借金が再計算されます。利息制限法の上限金利に合わせて減額されます。そしてこれまで余分に返してしまった金利分は、残高に充当されるので、結果的に返済額は少なくなり、返済期間も短くなることになります。

そして任意整理の場合は、裁判所などが介入しない民事的な解決策です。そのため費用も少なく、手続きも最もかかりません。さらに当事者間の話し合いにより決定されるので、例えばいくつか借金がある場合の中で特に金利が高いものだけに行う、保証人付きのものは除くなど、自由度の高い方法でもあります。

そして問題を最小限にとどめることができます。例えば家族に知られる心配が少ない、アルバイトなどでも可能、職業制限がない、信用情報に登録されるけれど5年で消去されるなど、官報に記載されないなど、他の方法に比べればかなり良い面が多いです。

借金を帳消しにするというよりは、減額することで今後の返済プランや生活設計を立て直すようなものであると言えます。

任意整理の注意点

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

一方で任意整理のデメリットを挙げるとすると、借金が全くなくなるわけではありません。今後も引き続き返済していくことになるので、残高が高額な方や、今後の返済の目途が立てられない方には向いていません。

例えば、残高が収入以上に高い方、アルバイトやフリーターなどの定期収入が無い方、無職や主婦など収入が見込めない方には不向きです。おおよそ3年程度で返済できる方が対象となりますので、少なくとも的収入があることが望ましいです。

そして信用情報機関に登録されている5年間は、新規の借入れやクレジットカード、ローンなどの使用に一部制限があります。費用面としては、手数料として一社につき5万円程度、事務手数料として4万円となっています。費用面では他の方法とくらべれば低額ではありますが、ケースによって変わってきますので事前の相談が必要です。

民事再生のポイント

民事再生のメリット

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

民事再生は、現在ある借金の残高を、借金の金額、保有している財産によって減額させる方法です。その減額した金額を分割して返済していきます。

この財産の中に住宅などは含まれないので、住宅などを手放したくない方に便利な方法です。そし完済後は、住宅ローン以外のローンは返済義務が無くなります。そして民事再生は、将来の職業制限などもありません。

民事再生の注意点

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

民事再生の注意点としては、大よそ借金の5分の1ほどは返済していくことになります。そのため全く借金が無くなるわけではありません。そして3年間かけて返済してくことになるのでこちらも定期収入があることが前提です。無職の方や収入が返済額に見合わない方には向いていません。

そして民事再生後、約10年程度信用情報機関に登録されます。この期間は新規の借金やローンの使用に一部制限があります。個人再生も裁判所を利用する制度なので、そのための費用が必要になります。民事再生は、裁判所を通すのでその分手続きが必要になります。

時間や手間もかかることになります。費用面では、総額30万円程度です。弁護士に依頼すると50万円程度となります。実査にかかる費用は、収入印紙代、官報掲載費用、切手代などです。自分で行うことも可能ですが、実際には法律の知識などが必要なので難しいでしょう。ほとんどの方が弁護士や専門家に依頼して行っています。

自己破産のポイント

自己破産のメリット

1f734ef4f7c8734687062d0b8d2a6c72_s

自己破産は、法律上、収入や財産等で借金を弁済することが難しく、今後継続して借金を返済していくことが不可能であると裁判所により判断され、借金の支払義務が一切免除されることです。自己破産にともない、今後一切の借金の返済の義務は免責され、支払う必要がなくなります。

決定後は一切の督促などもなく、これで借金の精神的な苦痛やストレスからも逃れられます。また収入を生活費に回すことができ精神面でも生活面でも救済されることになります。多くの方は、複数のところから借金があることが多く、これらが全て帳消しになることになります。

実際に多くの方は金業者から自宅や会社に連絡がくることや、毎月借金の返済で悩み苦しみ、今後の生活に不安感を持たれます。そしてぎりぎりに切り詰めた生活で、健康にも不安を抱えられています。また家族、特に子どもへの影響の心配からも解放され、ゆとりの生活が戻ってくるのが何よりのメリットと言えるでしょう。

そしてまた一からスタートラインに立ち、人生を始められるのも良いところですね。そして法律上では自己破産を認められましたが、戸籍や住民票に記載されることは一切ありません。また選挙権や海外渡航(手続き終了後)などにも影響はありませんので安心して下さい。

自己破産の注意点

0a88ddcc9d0a22c9f3424d81818b8b9f_s

自己破産を利用される場合の注意点としては、生活に必要なもの(家具や電化製品、食器等)を除いて、20万円を超えるものは全て財産とみなされ処分されることになります。そして将来の職業制限があります。制限される職業としては、弁護士、税理士などはじめとする士者には今後就くことができません。

ただし、会社の取締役、医師、薬剤師、看護師,教師、公務員などは就くことができます。そして自己破産後、7年程度は信用情報機関に登録されます。この期間は、新規の借金やローンを利用することが制限されます。費用面では自己破産は、裁判所に申し立てて行う手続きですのでそれに費用が必要となります。大きく占める費用としては、財産がある場合は、破産管財人に対する報酬が必要になります。

報酬は財産の額によって変わりますが、最低20万円〜50万円となっています。財産がない場合は予納金(1万円〜3万)のみとなります。そして弁護士に依頼する場合の費用は、40万円程度かかることが多いです。

このような費用について心配される方が多いかもしれませんが、分割払いもありますので心配はいりません。多くの方が自己破産を利用され再スタートを切られています。まずは弁護士事務所などでどの方法が自分に合っているのかを相談してみましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!