借金が返済できなければ自己破産!?自己破産したらどうなる?

MENU

CLOSE

借金が返済できなければ自己破産!?自己破産したらどうなる?

債務整理はしたいけど自己破産をしたくない人が多い?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

複数の金融会社から借金を繰り返して返済を滞納するようになれば、金利が膨れあがり一生かけても返せないような金額になることがあります。

そうなると、最低限の生活にも支障をきたし途方に暮れることになりますが、こういった莫大な借金をしている人でも弁護士などに債務整理の相談をすると、借金返済の術がないのにも関わらず自己破産はせずに任意整理したいという人が多く存在します。

任意整理とは、過払い金を請求したり借金減額の請求をすることで、自己破産とは全く異なるものです。もちろん、多額の借金を抱えている人でも定期的な収入が見込めるのであれば、個人破産の心配はほとんどありません。しかし、月々の収入が極端に少なかったり、返済能力がないと認定されれば任意整理や民事再生を利用することができず、自己破産することになります。

自己破産というともちろん外聞が悪いこともありますが、メリットとデメリットを把握しておけば自己破産も借金を解決する為の立派な手段と言えるでしょう。まずは自分の借金の状況を把握して、その道に詳しい弁護士や司法書士に相談してみましょう。自分にピッタリの債務整理の方法をアドバイスしてくれるはずです。

自己破産と民事再生はよく似ているけど何が違う?

債務整理について調べると、自己破産と民事再生が比較されることが良くあります。民事再生とは、多額の借金を抱えている人が減額された借金を分割しながら3年間で支払いを終えることです。自己破産と大きく異なるのは、財産を保留し続けることができることと返済義務が生じることです。

民事再生を利用することができる人の特徴として、借金総額が5,000万円以下、返済不能になる可能性がある人、継続して収入の見込みがある人などが挙げられます。一方で自己破産を余儀なくされる人の特徴として、月々の借金の返済が支払不能に陥っている状態の人です。

自己破産と民事再生はあくまで別物ですが、自分がどちらに当てはまるか意識しておくと、いざ債務整理をする必要が発生した時に役立つようになります。

自己破産をするメリットとデメリット

1f734ef4f7c8734687062d0b8d2a6c72_s

債務整理の中にはたくさんの方法がありますが、自己破産というと債務整理の中でも思い手続きになり、過払い金請求などとは比べ物になりません。自己破産というと恥ずかしいと思う人がほとんどですが、自己破産することで借金していた頃よりもよっぽど豊かな生活を送れるようになったという人もいるので、自己破産のメリットとデメリットを良く知る必要があります。

自己破産にたどり着くまでの状況は人それぞれで、自分の娯楽の為に借金を繰り返して自己破産をする人や、誰かの借金を肩代わりして不本意な借金生活を送り続けて自己破産をする人などもいます。借金地獄から抜け出す為にも自己破産を選択肢の1つとして携えておきましょう。

外聞はひとまず考えない!自己破産することのメリット

自己破産をすることの最大のメリットは借金の返済義務がなくなることです。借金の督促もなくなり、精神的な安心感を取り戻すことができます。これから先、安定した生活をして行くためには一定の収入が必要となりますが、借金返済から解放されれば全ての収入を自分の為に使えるようになります。

気にしすぎも気にしないのもダメ!自己破産のデメリットは意外と多い

自己破産のデメリットとして、一番は外聞が悪いことが挙げられるでしょう。自己破産した人の情報として官報に名前と住所が掲載されるので、知り合いに自己破産したことがバレる可能性もあります。また、自己破産をした人の情報は信用情報機関に出回るので新しく借金やローンを利用することは、少なくとも5~7年はできなくなります。

さらに、自己破産は財産没収という、厳しい措置が取られます。現在の価値で20万円を超える家財などは処分され、99万円を超える現金については没収されます。自己破産をすれば、借金からは解放されますが、色々と失うものも多いことを肝に銘じておきましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!