借金を返済しないでも済む!?弁護士への借金相談の秘密

MENU

CLOSE

借金を返済しないでも済む!?弁護士への借金相談の秘密

弁護士への借金相談ってなぜするの?

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

そもそもなぜ弁護士が出てくるのか

弁護士への借金への相談をすることによって生まれるメリットは何なのでしょうか。銀行や消費者金融といった金融機関や貸金業者からお金を借りるときには、融資に関する契約を締結しなくてはいけません。

一度契約を締結すると、お金を貸す側を利益を得ることができる債権者、お金を借りた方を義務を果たすべき債務者という形で分類することになります。借金をするときには、一般の人は債務者として借金を返済しなくてはいけなくなります。そして、こうした債権と債務のトラブルを解決するために弁護士が存在しています。

弁護士の役割は、刑法という法律に書かれている刑事事件を解決するために職務を全うすることと、民法という法律に書かれている民間人同士の問題を解決するために職務を全うすることの二つに大きく分けることが可能です。

特に、一般人同士のご近所トラブルなどを当人同士だけで解決しようとなると、さらに問題がこじれてしまう可能性もありますよね。そうしたことにならないように、弁護士が問題解決の策を提供する必要あるのです。債務に関するトラブルも同じで、ほとんど例外なく弁護士に相談をすることによってそのトラブルの解決策を教えてくれます。

相談することでどう解決できるの?

借金を背負っている人の中には、お金を借りた当初に反して返済が難しくなってしまう人も珍しくありません。借金の返済が難しくなってしまうと生活そのものが苦しくなってしまうため、せっかく稼いだお金をすべて借金返済のためにあてなくてはならなくなります。

こうなってしまうと、何のために生活をしているのかわからなくなってしまいますよね。そこで、借金を返済することができなくなった人は、弁護士に相談をすることによって借金そのものを減額してもらったり、借金そのものを全くの0にしてもらう処置をとってもらうことができるようになるのです。これによって、借金で苦しい生活を送る必要がなくなります。

債務整理は借金を強制的に減らす手段

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

抱えている借金を弁護士に相談すれば、借金の強制的な減額の手段として債務整理という手段を利用することができるようになります。借金を強制的に減らす手段がある、と言っても半信半疑になる人は非常に多いですし、何らかのデメリットを疑う人は非常に多いですが、基本的に債務整理には目に見えるデメリットは存在しません。

確かに、この手段を利用することによって新規にクレジットカードを作れなくなってしまうなどといった制限がつけられてしまいます。しかし、これは債務整理を利用した人の生活を制限するものではなく、あくまでもこれからさらに借金をして生活が苦しくならないようにするための代替的な処置にすぎません。

実際に、こうした制限も債務整理を利用してから一定期間が経過するとまた元通りにお金を借りることができるようになります。また、手段を行使したとしても銀行口座を作れなくなったりすることは絶対にありませんし、就職をするときに債務整理を行使したことが相手に知られるようなことも特定の職業を除いては絶対にありません。

債務者へのメリットが非常に多いので、法律的な解釈の面からも債権者が不利になる代表的な手段として取り上げられているくらいなのです。債務整理は、あくまでも借金を背負って生活苦になっている人を救済して、人生を新しくスタートさせるための手段だということを忘れてはいけません。

四つの手段がある?債務整理の詳細を知ろう

b458c8b14b380d1412e253d75c45dbc8_s

状況に応じて手段を選択する

契約によって借金を抱えている人の状況はかなり異なっています。例えば、自分自身で借金を作ってしまった人も存在すれば、保証人などで他の人の借金の肩代わりをしてしまった可能性も考えられますよね。ですから、債務整理では借金を抱えている人の状況に応じて以下の四つの手段を行使することができるように準備されています。

  • 当人同士の話し合いで解決する任意整理
  • 裁判所を通した話し合いで解決する特定調停
  • 借金の強制的な減額が可能な民事再生
  • 借金を強制的に0にできる自己破産

これらの手段は、行使をする際にそれぞれ特定の条件が存在します。誤解をしている人も多いですが、有名な自己破産は単独の法律的な手段として存在しているわけではなくあくまでも債務整理という法律的な手段の中に存在する一つの手段にすぎないということを知っておくことです。

言い換えれば、自己破産を利用することができなくても他の手段を行使して債務整理を実行することはできます。利用する際の費用に関しても違いはありますが、基本的にどの弁護士に相談したとしても借金問題の解決に使う費用に関しては後払いでも構わないようになっています。

元々、債務整理を行使する人はお金を持っていないことが前提になっていますので、手段を行使する当時に費用を支払うことができなくても構いません。例えば、費用を半年分に分けてゆっくりと支払っていくこともできます。

お金を取り返せる非常に便利な手段

債務整理は、その名前が示している通り債務全般に関する整理を行う手段でもありますので、債権と債務のトラブルに関して、例えば債務者がお金を借りた会社に対して必要以上に返済しすぎたときにも利用することができます。

こうした問題は、一般的に過払い金問題として社会的な大きな問題にもなっており、債務整理を利用することによって解決できる代表的な問題であるともいえます。過払い金のような問題は、基本的に契約当初に設定したグレーゾーンと呼ばれる金利の範囲に問題があります。

本来、お金の貸し借りに関する契約では必ず金利や利息に関する法律に従って契約を締結しなくてはならないのですが、貸金業者に分類される業者では法律的にグレーな範囲の金利を利用して返済しなくても良い利息を返済してしまっているのです。

このグレーな範囲の返済は債務整理の中でも任意整理という手段を用いることで解決することができます。任意整理は、費用も少なく簡易的な手段で行使できるもっとも使いやすい手段なので汎用性が非常に高いのです。実際に、一社当たりの問題解決に使う費用はたったの3万円程度が相場です。

滞納して不安になるくらいなら相談をしよう

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

借金の問題では、借金を滞納することによって不安を感じている人も非常に多いです。しかし、現実的な問題として借金を滞納するほどの生活苦になっている人は、何も迷うことなく債務整理を弁護士に相談することが重要です。日本では、日本国民であれば誰であっても最低限の生活を送ることができる権利を有していることが憲法によって規定されています。

確かに債務整理を利用すると、債権者の権利は法律的に強制的に奪われてしまうことになるのですが、生活苦に陥ってしまうくらいの状況になっているにもかかわらずその借金を返済する理由は存在しません。これは、日本の根幹を規定した憲法によって決められていることなので、覆しようがないのです。

債務整理には間違った知識を持っている人が少なくありませんが、この手段を利用することによって借金を減額した債務者、または借金をすべて0にした債務者が後年になって不利な立場に立たされたり生活することが難しくなることはありません。

債務整理を利用すると、現在の生活状況を考慮した最低限の返済額に設定することもできますので、安心して弁護士に現状を相談するべきです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!