債務整理で家や車は失う?家族や職場にはばれる?費用の相場は?

MENU

CLOSE

債務整理で家や車は失う?家族や職場にはばれる?費用の相場は?

債務整理の種類を知ろう

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

債務整理で深刻な借金問題を解決

債務整理とは借金の滞納を繰り返し、このままでは返済が難しい時に使える制度です。返せると思って借りた借金でも突然の出費や収入の減少など、返せなくなる場合はいろいろあるもの。しかし、債務整理について知っておけば裁判を起こされる前に

解決することも十分可能です。ブラックリストに載ることでクレジットカードや携帯電話に対するデメリットが生じるかもしれませんがそれでも、借金地獄に苦しむよりは人生を再スタートさせやすいでしょう。債務整理には次に4種類があります。

任意整理

最近やっている過払い金に関わるのがこの任意整理です。任意整理を行うことで借金の利息部分を見直し、また支払期間も調整してくれます。大きなデメリットはありませんが

ブラックリストに5年載ります。この手続きは弁護士に相談したうえで代理人となってもらい、金融会社と直接交渉を行います。あなたの状況や証拠の有無、弁護士の腕次第で有利な条件での合意が実現します。もし、法定利率以上の利息を払っていることが証明された場合は元本と相殺し、それでも余ればあなたの手元に返ってきます。

特定調停

特定調停も利息の部分を調整する制度です。裁判所が仲立ちしてくれるので基本的には本人が手続き行います。メリットは料金が一軒数100円と非常に安いこと。デメリットは過払い金が返ってこないことと、特定調停後の債務不履行は差し押さえにつながることです。

個人再生

個人再生は債務そのものを減額するために行えます。少なくとも5分の1未満まで債務を減らせるので、任意整理よりも額が高く緊急度が高い時に行います。個人再生のメリットは債務そのものを減らせるうえに家や車などの財産を手放さなくてよい場合があることです。

デメリットは官報に乗ることとブラックリストに載ることくらいですが、条件は債務が5000万円未満で安定した収入があることです。「どう頑張っても返せない」自己破産とはある種逆の状態と言えます。

自己破産

自己破産は、債務の免責条件を満たし、支払い不能であることが証明されれば債務をすべて免除されるという制度です。メリットはなんといっても借金を帳消しにできること。デメリットは官報に乗ること、ブラックリストに記録されること、財産は100万円を超えたらすべて差し押さえられること、あとは破産手続きの終了まで半年から1年かかることです。

自己破産の場合はギャンブルでの借金は適用できませんし、ショッピング枠の現金化や、債権者のえこひいきも許されませんので注意しましょう。

差し押さえは?過払い金の時効は?債務整理の疑問を解決

0561538baf126b1b9c376c72e2c4e692_s

過払い金って完済した後でも変換してもらえるの?

今、過払い金の広告がたくさん出ていますが、借金を完済した人でも過払い金の請求をすることができます。それどころか借金は完済しているわけですから過払い金がそのまま手元に返ってくることさえあるのです。

過払い金とは2007年の法改正以前に法定利率と刑罰の間であるグレーゾーン金利でお金を貸していた業者が違法に掠め取っていたお金のことを言います。この部分の返還期限は完済日から10年後です。思い当たる方は確認してみましょう

家や車を差し押さえられるのはどんな時?

家や車を差し押さえられるのは、自己破産をした時、特定調停で債務不履行になった時、あとは一括請求通知を無視した時です。裁判所から一括して通知が届いた時、すでに法的手続きは始まっていますあなたが弁明しなければ相手の言い分通りに判決が出て、それに従った差し押さえが行われます。少なくとも通常通り債務整理を行うのなら自己破産以外は家や車を差し押さえられないのでご安心ください。

債務整理が家族にばれる理由は?

債務整理が家族にばれる理由として一番あり得る郵送物です。相談すれば弁護士事務所を宛先にできるので早めに手続しましょう。裁判所からの郵送も宛先を変えることができます。官報については加速はめったに見ないので安心です。そして、最も隠し通すのが難しいのは配偶者の所得証明が必要となった時です。これは個人再生の時に必要となるのでこっそり持ち出すことが不可能な場合は打ち明けた方がいいです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!