出資法、利息制限法、グレーゾーンetc。過払い金請求の概要

MENU

CLOSE

出資法、利息制限法、グレーゾーンetc。過払い金請求の概要

過払い金請求について知っておこう

a8ba3fce599cc8914ea9bb463de5bef4_s

  • 過払い金請求
  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生

こういったワードは、全てひっくるめて「債務整理」と呼ばれています。滞納するほどの借金を整理する時に有効な手段です。これらの債務整理の中でも、数年前から一気に注目を集めるようになったのが「過払い金請求」です。

テレビ広告でも、過払い金請求を訴えかける内容をよく見えるようになりました。今回は、それぐらい注目されている過払い金請求は、一体どういう内容なのか?について説明してみたいと思います。

グレーゾーン金利を知らなきゃ始まらない

グレーゾーン金利というものがあります。これを理解しておくと、過払い金請求を深く理解することが可能です。そのためには、出資法と利息制限法を先に学んでおきましょう。

  • 出資法と利息制限法

利息制限法は、金融業者が債務者にお金を融資する際の「金利の上限」のことてす。最大でも20%までと決められています。出資法の場合は、平成22年まで金利の上限が29.2%だったのです。

本来ならば、上限20%までの利息制限法に基づいて貸付を行うべきなのですが、29.2%の出資法で貸付を行っている金融業者が多かった時代がありました。その、20%から29.2%までの差をグレーゾーン金利と呼んでいるのです。

このグレーゾーン金利が、過払い金に該当するものです。このグレーゾーン金利は、次第に問題視されるようになっていきます。そして、平成18年に、利息制限法と出資法は、上限20%で統一されるようになったのです。そのため、ここ数年の間に借金を始めた債務者は過払い金の心配はほぼないと言えます。

どうやったら過払い金請求できるの?

過払い金請求のやり方についても理解しておきましょう。一番スマートな方法は、弁護士に相談して、債務者の代わりに手続きをしてもらう方法です。弁護士に任せておけば、書類の作成や金融業者との交渉も全て債務者に代わって弁護士がやってくれます。

しかし、債務者が個人で行えなくもありません。だけど失敗する確率が高くなります。なぜかと言うと、過払い金請求は裁判所の判断を仰がずに、業者と債務者間の話し合いで解決させるからです。

金融に関する知識と法律に関する知恵が必要になりますから、知識不足の債務者だと失敗する可能性の方が高いのです。ですから、最初から弁護士に依頼した方が賢明です。

メリットとデメリットを理解しておこう

cbefa5a71c2c7f59c80156ae48c00745_s

過払い金請求は、メリットもあればデメリットもあります。その両方を理解しておくことが過払い金請求成功への近道です。

メリットに関して

  • 過払い金請求は返済終了から10年以内なら請求可能

過払い金請求は、返済終了している借金でも請求することができるのが大きなポイント!その期間は返済終了から10年以内と定められています。

100万円以上の過払い金が返ってくる債務者もたくさんいるため、贅沢な臨時収入になる可能性が出てきます。心当たりのある債務者は是非ともチャレンジしておきたい債務整理です。

  • 返済終了後の過払い金請求ならブラックリスト登録されない

過払い金請求に限らずなのですが、債務整理は、借金を減額するのと引き換えに、ブラックリストに登録されるというデメリットが出てきます。

ところが返済が終了している借金に対して過払い金を求めるならば、ブラックリストに登録されることはないのです。ただし、返済途中の借金に対して過払い金を求めるのであれば、ブラックリスト登録されてしまいますから気をつけてください。

デメリットに関して

  • 過払い金請求を求めた業者からは借金が不可能になる

過払い金請求を求めた金融業者からは、再び借金をすることができなくなります。これは、ブラックリスト登録の有無にかかわらずです。したがって、どうしても新しい借り入れが必要な時には、今まで利用したことのない金融業者にお願いする必要があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!