お金が無くても借金相談をしても良い?債務整理のポイントまとめ

MENU

CLOSE

お金が無くても借金相談をしても良い?債務整理のポイントまとめ

払わなくていい利息が含まれていることも

c79eb9124c4e77476a64d090dbfeaf5a_s

借金をすると全てのお金を返しきらなければならないと思われがちです。しかし、中には保証人になることで他人の借金を背負うことになるなど、不測の事態で困窮する人もいます。そんな人を救済するための手続きが債務整理です。弁護士や司法書士の力を借り、金融機関と交渉を行うか、裁判所で手続きを行うことで借金を減らすことができます。

自己破産なども法律上で認められた権利であり、ある程度の制限はあるものの誰でも利用できる制度になっているのです。これは借金救済のための制度がなければ経済自体が停滞する可能性があるためです。安心して生活を行うためにもセーフティーネットは重要であり、経済を立て直すための大切なシステムになっているのです。

しかし、こういった制度があると借り手ばかりが有利ではないかと思われ、利用に躊躇する人も出てきます。日本人は特に責任感が強い人が多く、借金苦から命を絶つことを考える人もいます。注意したいのは、自殺によって生じる社会的な影響よりも、自己破産などの債務整理で済ませた方が社会的な影響が少ないことが多い点です。

これは金融機関がある程度の貸し倒れリスクを織り込んで金利を設定しなければいけないからです。お金を貸しても、病気や事故など不測の事態でお金を貸した人が亡くなってしまう場合や、返済が不可能な状態になってしまうことはあり得ます。100パーセントお金を回収できる保証は誰にもできないため、ある程度余裕を持って金利を設定せざるを得ないのです。

しっかりとお金を返す人からすれば余分な出費となりますが、どうしようもなく経済に行き詰った人にとっては救いになる場合もあります。債務整理をしても、貸主である金融機関が破綻するリスクを抑えることができるからです。

お金を貸すということは、ある程度返せない人が出ることを織り込んでいるということであり、お金を借りる人全体で困った人を助けるようなシステムが出来上がっているのです。そして、借金に困る人はその一部をすでに支払っているのです。

事業者側も利用できるのがポイント

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

債務整理をする場合はどうしても自分の責任を感じがちですが、実際は企業や個人を問わずに救済措置を受けられるのが特徴となっています。たとえ金融機関であっても、破綻した際は破産処理などを行うことで債務の減免が認められるのです。

もちろん社会的に果たすべき責任はありますが、お金の貸し借りは必ずリスクが伴います。お互い様の部分を作らなければどうしようもない部分も存在するのです。金融機関には貸し倒れが怖ければそもそもお金を貸さない、審査を厳しくするという選択肢も存在するため、後は貸し借りのバランスで運営されているのもポイントと言えます。

しかし、悪質なケースに関しては例外となる場合があります。過去にはグレーゾーン金利といわれる、法律上は認められないものの、罰則は存在しない高金利でお金を貸していた金融機関が存在します。法律の改正によって制度自体が改められたものの、本来認められない金利でお金を貸していた業者もあったのです。

いわゆる過払い金の問題で、返還請求の多発により倒産する金融機関が出るほど社会的な影響がありました。現在はほとんど時効を迎えているものの、金融機関と契約を結んだとしても、その全てが正しいとは限らないのです。おかしいと思ったことがあれば、弁護士に相談してみるのも方法です。

過剰にお金を請求されている際や、過度に督促を行う行為は是正の対象になるからです。場合によってはお金を取り戻せる可能性も出てきます。お金の貸し借りにはお互いの利益を尊重しつつ、権利も守るというバランスが重要であり、どちらかが一方的に有利になるようにはできていないのです。

気軽に借金相談をすることも可能に

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

金融に関する法律は貸し手も借り手も守るように改正が続けられています。しかし、社会の実態に応じて改正が続けられているため、関連する条項が非常に多くなっているのも特徴です。金融の専門家であっても混乱することや、解釈にずれが生じるケースがあるため、様々なトラブルが起きることもあるのです。

そのため、裁判で争いがおこることも多く、最高裁判所での判例が一つの目安になることもあります。一般の人まで注目されることはあまりないものの、金融関係者にとっては欠かせない情報となっています。注意したいのは、積極的に情報を集めている人であれば裁判の結果や内容に触れることが簡単になっているということです。そのため法律を悪用する人や、判例を悪用する人も生まれているのです。

判断が難しいグレーゾーンを利用する人も出やすくなっていて、詐欺に活用されるケースもあります。金融に関する知識の格差が広がっていて、個人では対応が難しいケースが増えているのです。借金問題を含め、法律に関する問題は増え続けており、その問題を解決するための解決策として導入されたのが司法制度改革です。法律相談を行いやすいように弁護士になるための基準を見直し、国民一人当たりの弁護士の数を増やそうと改革が行われたのです。

結果として、弁護士の数が増え、法律や借金に関する無料相談を引き受ける弁護士事務所はメジャーな存在になりつつあります。弁護士一人当たりの収入は減ったものの、法律相談をしたい人からすればかなりハードルが下がったのです。

弁護士に相談する場合は30分や1時間あたりいくらといった形で料金が発生するケースが多かったものの、現在では大手法律事務所を中心に無料のケースが増えています。様々な著書を持つ有名弁護士や、テレビに出演する弁護士は時間当たりの価格が決まっていることが多いものの、一般レベルでは簡単に借金相談ができる環境が整っているのです。

悩みの実態に合わせた支払い方法が選択可能に

8ce5368d273384636c181d9c969ac609_s

実際に債務整理を行おうと思っても、費用面で躊躇する人が非常に多いのが実態です。弁護士費用は高いと思う人が多く、お金がなければ依頼できないと考える人が多いからです。しかし、債務整理を依頼する場合は、多くの弁護士事務所が後払いで対応してくれます。

債務整理をしてしまうとクレジットカードの利用が停止されることが多いため、書類の手続きで後払いや分割払いができるのもポイントです。悩んでいる人さらに苦しめないための支払いシステムもしっかりと構築されているのです。

お金がない場合は完全に手続きが終わった後に支払いができる弁護士事務所を選ぶのも方法で、支払い方法自体を相談することも一般的になっています。弁護士に相談し、様々なアドバイスを受けた上で実際に依頼する事務所を変えることも可能になっているのです。債務整理を考えている場合は、弁護士に依頼した時点で借金の取立てが停止するのも特徴です。

クレジットカードは使えなくなるものの、債務整理の手続きが終わるまでの数ヶ月から半年程度は支払いをしなくて良くなるのです。その後に残りの借金を返済するかは、債務整理の手法によって異なります。利息を減らして完済を減らす方法や、自己破産で借金自体を帳消しにする方法もあるからです。

人によって適用できる方法は異なるものの、生活再建の糸口を掴む人は多いのです。債務整理を行うとクレジットカードなどを使えなくなりますが、一生使えなくなるわけではありません。最短で5年程度で新しいカードの発行が可能になるのです。これはいわゆるブラックリストへの登録には時効が存在するためです。

悩み続けるよりも弁護士に相談をした方がプラスになる場合は多く、債務整理の記録も一定期間しか残らないのは覚えておきたいポイントです。生活保護中であってもある程度猶予を持たせることができる制度が存在し、経済的弱者の味方をしてくれる仕組みは多いのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!