返せない借金…そのお悩みを弁護士に相談してみませんか?

MENU

CLOSE

返せない借金…そのお悩みを弁護士に相談してみませんか?

クレジットカードの使い過ぎ

a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

買い物の際に現金ではなくクレジットカードを利用するという人の割合は年々増えています。クレジットカードは財布に現金を入れて持ち歩くよりも安全性が高いですし、会計をスマートに済ませることができるため、非常に便利です。また、ネットショップを利用する場合は、特にクレジットカードのメリットを実感しやすいでしょう。

銀行振込やコンビニ支払い、代金引換などの支払い方法と比べると、クレジットカードの方がはるかに便利だからです。しかし、買い物をした分の金額を翌月にきっちり引き落とすというふうに収入と支出のバランスが釣り合っているうちは良いのですが、何かのきっかけでそのバランスがくずれてしまう可能性もあります。

翌月の一括払いが難しいほどに高額な買い物をしてしまった場合や、予想外の出費で困った時にキャッシングを利用した場合などが考えられます。高額な買い物をした際に分割払いを選択することについては、自分の頭の中で返済計画が立てられているのなら問題ありません。

しかし、それが習慣化してしまい、値段にかかわらず欲しいと思ったものをすぐにクレジットカードで購入してしまうようになるととても危険です。いろいろな購入品の分割払いが重なってしまい、結局自分の収入では払いきれなくなってしまう可能性もあるからです。また、キャッシングの利用もクセになってしまいやすいので注意が必要です。

手元にお金がなく、銀行の口座残高が少なくても、クレジットカードを使えばお金を引き出せるという意識を持ってしまうと金銭感覚が狂ってしまいます。「自分が借金などするはずがない」と信じていたのに、いつの間にか大きな借金を抱えて困ってしまう主な原因の一つは、このようなクレジットカード依存なのです。

借入先を増やすのはNG

ec1510a263d50cae8416c17b9815b765_s

クレジットカードでお金を使い過ぎてしまい返済が難しくなった場合、ついついやってしまいがちなのが、他のクレジットカードのキャッシングを利用して返済を間に合わせるという方法です。借金を返すために別のところで新たな借金を作るということですね。これを繰り返すうちに、最初は1社だけだった借入先が複数になってしまいます。

実は、このように借入先が増えるとデメリットが生じるのです。一つは返済日が増えるということです。1社分の返済が終わってもまたすぐに別の借入先の返済日がやって来るため、常に借金に追われているようなストレスを感じやすいでしょう。もう一つは、借入総額が分かりにくくなるということです。

1社だけなら返済した分、借金の額が減っていくので分かりやすいのですが、返済のための借金を重ねるようになると支払うのと同時に新たな借金も生んでいるような状態なので、現状どれだけの債務があるのかよく分からなくなってしまうのです。

返済のためのお金が足りない時に、他のクレジットカードのキャッシングを利用するというのは一番手っ取り早い方法かもしれません。しかし、後々苦しんでしまう可能性があるので、安易に選択しない方が良いやり方と言えるでしょう。

弁護士に話を聞いてもらおう

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

それでは、クレジットカードの使い過ぎによる借金で悩んでいる場合、どうすれば良いのでしょうか?一番安全な方法は、弁護士に相談することです。弁護士事務所や法律事務所の宣伝や広告で「借金のお悩みならお任せください」などというセリフをよく目にしますが、実際に弁護士に相談することで良い解決方法を提案してもらえることがとても多いのです。

そして、すすめられる可能性が一番高いのが「債務整理」です。債務整理とは、利息カットや元本減額により借金の総額を減らしたり、余裕を持って返済を続けられるように返済計画を見直したりすることです。債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3種類があり、任意整理は裁判所の介入がないもの、他の2つは裁判所が介入するものです。

自分の借金状況などを考慮しながら弁護士とよく話合い、最適な方法を選ぶことになります。ちなみに債務整理に関しては、弁護士に頼んで行わなければならないという決まりはありません。つまり、債務者が手続きの仕方を調べて個人的に進めたとしても一向に構わないのです。

しかし、これらの方法について調べてみると、どの方法を選んだ場合も債務者個人が自分だけですべてを行うのは大変だということが分かるでしょう。債務者とのやり取りに慣れている金融業者との交渉は難しいでしょうし、裁判所に提出する書類は今まで見たこともないようなものだからです。つまり、ある程度の法律知識や交渉スキルなどを持ち合わせている人でないと、なかなかスムーズには進まないのです。

このような理由から、債務整理を行う際には弁護士に代理人になってもらうのが安心です。依頼する際には弁護士に着手金というものを支払うことになるので、自分で手続きをするよりも費用はかさみますが、その分時間と手間が省けます。今抱えている借金に関する悩みを少しでも早く解決したいというのであれば、やはり弁護士に相談するのが近道でしょう。

債務整理後に生活はどう変わる?

461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s

実際に債務整理を行った人は、その後どのような日々を送るのでしょうか?特に自己破産により債務を全額免除してもらった場合には、生活にかなり大きな変化があるのではないかと不安に思っている方も多いかもしれません。債務整理を行うと、弁護士はまず債務者の借入先に受任通知(弁護士が代理人となって債務整理等を開始する旨の書面による通知)を発送します。

金融業者側は、受任通知が届くと債務者へ直接取り立てすることができなくなります。債務者に何か連絡をしたいという場合には、弁護士を通さなければならなくなるためです。債務者にしてみれば直接的な取り立てというのは苦痛を感じるものですから、それがなくなるだけでもかなり気分は楽になるでしょう。

もし何かの手違いで金融業者から取り立て等の連絡が来た場合も、弁護士に債務整理を依頼した旨をきちんと伝えれば直接連絡してくることはなくなるでしょう。その後、弁護士のサポートにより交渉や申し立てなど、さまざまな手続きが完了した後はどうなるのでしょうか?任意整理または個人再生を選んだ方の場合は、決められた金額を毎月返済していくことになります。

これら2つの方法は返済額を0円にするというものではないので毎月の支払い自体は続きます。しかし、債務整理前と比べるとかなり返しやすい金額になるため、返済で生活が圧迫されるようなことはなくなるでしょう。その一方で、自己破産の場合はすべての債務が免除されるため、返済の必要がなくなります。

自己破産を選ぶ方は大抵の場合かなり高額な借金を抱えているケースが多いので、それが一気になくなってしまうのは大きなメリットです。ただ、それと引き換えに生活に支障をきたすようなデメリットも存在します。それは、自宅や車などの高額な財産を手放さなければならないということです。ある程度価値のあるものを売却してそれで得たお金を債権者に分配するためです。

ただ、住居や移動手段がなくなった場合、否応なしに生活の変化を迫られます。自己破産をすると借金がなくなるのと同時に大きな財産も失うことになるので、とにかくすべての借金をなくしたいからという安易な理由で選ぶのはおすすめできません。それぞれの債務整理のメリットとデメリットを比べながら、慎重に決断するようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧