もう悩まない!借金問題から解放されるための債務整理を完全解析

MENU

CLOSE

もう悩まない!借金問題から解放されるための債務整理を完全解析

債務整理とは

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

近年、借金問題に悩む人は、増加の一途をたどるばかりとなっています。借金が返せなくなれば、あとは「破産」するのみと思い込んでいる人も少なくありません。誰にも相談できずに、一人で悩み続ける人もたくさんいます。破産以外にも借金問題を解決する方法はありますが、その概要を知らない人もたくさんいるのが現状です。

債務整理とは、借金を減額し、重い金利負担から解放されるための手続きです。債務整理の目的は、法律に照らし合わせながら、改めて借金の内容を見直し、無理のない生活を維持しながら、借金を返済することを考えるものです。そうすることで、その人の生活を再生させることを一番の目的としています。

昨今は、法律事務所などのテレビCMにより、その手続きも以前と比べるとだいぶ世の中に周知されることとなりました。ですが、まだまだ浸透率が高いとまでは言えず、誰もが手軽にできる手続きというほどではありません。

債務整理の手続きは、そのほとんどが弁護士や司法書士、といった専門家にお願いすることになります。借金問題に悩む人は、日本国内で200万人から300万人にも及ぶと言われます。ですが、弁護士や司法書士に相談や依頼をして債務整理の手続きを取る人は、ほんの一握りでしかありません。

債務整理の種類

7d6d1c13079725e84ebb7d5157b487da_s

債務整理の手続きの種類には、大きく分けて4つあります。その手続きを1つずつ見ていきましょう。

任意整理

債務整理の中でも多く取られる手続きです。任意整理とは、裁判所などの公的機関を介さずに、債権者と借金について交渉することです。利息や毎月の支払いを減額してもらうことを交渉することで、最終的に借金の総額を減額してもらう手続きです。整理して減額した借金を、分割払いなどで返済することで、借金の負担が軽くなります。また、高金利で借金をしていた場合、過払い金請求も発生することがあります。

民事再生

民事再生とは、裁判所を通じて借金を減額してもらう手続きです。再生計画を提出し、現状では借金の返済が困難であることを裁判所に認めてもらいます。許可されると、原則として借金が5分の1から10分の1まで減額されます。その後、減額された借金を3年から5年で支払いますが、住宅等の資産を維持したまま借金を返済していくことができる手続きです。

自己破産

自己破産とは、裁判所ですべての借金を免除してもらう手続きです。裁判所で、借金の支払いが不可能であることが認められ、破産者となります。破産者となり免責が認められると、税金を除くすべての借金が全額免除されるものです。所有している財産は、換金され債権者に配当金として配当されることになります。よって、破産時に所有していた財産は失うことになりますが、破産後の収入はすべて生活費に充てることができるようになります。

過払い金請求

過払い金請求とは、本来支払う必要がなかった利息を支払ってしまっていた際に、超過分を遡って返還請求する手続きです。貸金業者が守る法律には、出資法と利息制限法の2つがあり、それぞれ金利の上限が違う状態で並行して存在していました。もちろん多くの貸金業者が、高い方の上限金利で利息を取っていました。

上限額の違う法律が存在していたため、この金利の上限額に生まれた差が、グレーゾーン金利と呼ばれるようになったのです。結局、法律が改定され、グレーゾーン金利は認めないという裁判所の判断により、高い金利で借りていた分の、過払い金の請求ができるようになりました。

債務整理のメリットとデメリット

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

では、債務整理をすることで、どんな変化がもたらされるでしょうか。また生活はどのように変化するでしょうか。債務整理することの、メリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 借金が減額

債務整理のどの手続きをとっても、あてはまる最大のメリットです。また、減額だけでなく自己破産のように全額免除されることもあります。減額される場合も手続きによって変わりますが、本人の生活を維持できるだけの返済計画が組まれるので、借金の負担は間違いなく軽くなります。また、過払い金があるような場合は、借金はさらに減額されることとなり、借金額を上回るようであれば、返金もされることになります。

  • 督促がストップする

債務整理の手続きを取ると、貸金業者などからの借金の督促がストップします。貸金業法により、弁護士及び司法書士から書面で、債務整理に関する依頼を受けた旨の通知を受け取った貸金業者は、それ以降は、借金の催促をすることが禁じられているからです。債務者にとっては、このような貸金業者からの日常的な督促だけでも、精神的苦痛は大きなものです。その苦痛から解放されるだけでも、大きなメリットといえるものなのです。

デメリット

  • 弁護士費用

債務整理の手続きは、個人でもできますが、法律の世界の手続きは、素人にとってはとても難しいものです。多くの人は弁護士や司法書士にお願いすることになります。弁護士や司法書士に依頼することになれば、報酬という費用が発生するものです。ですが、こちらの費用についても、後払いや分割払いに対応してくれる事務所がほとんどです。

  • ブラックリストに掲載

信用情報と呼ばれる、いわゆる「ブラックリスト」に債務手続きをとった事実が記録されることになります。ブラックリストに名前が載るとは、信用情報機関に事故情報として5年から10年登録されるということです。その間、新たな借り入れはできなくなります。

債務整理を弁護士に依頼するメリット

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

債務整理の手続きは、弁護士か司法書士に相談や依頼をすることが多いものです。ただでさえ借金で苦しいのに、専門家に依頼する費用などが確保できないと、敬遠する人もいるかもしれません。ですが、弁護士や司法書士といった法律のプロに借金に関する悩みを相談したり、債務整理をお願いすることは、それ以上のメリットがあるものです。そんな中でも、弁護士に依頼した場合のメリットを見てみましょう。

司法書士との違い

司法書士でも債務整理の手続きは行えますが、民事再生や自己破産といった手続きはできません。弁護士はすべての債務整理手続きにおいて代理人となることができ、その手続きも進めることができるものです。また、司法書士が扱える手続きには、個別の債務額に上限がありますが、弁護士には扱える金額に制限はありません。そんなことからも、弁護士に依頼すると、取り扱える手続きの幅が広くなります。

督促のストレスから解放

借金に苦しむ人をさらに追い詰めているのが、この督促でしょう。弁護士に債務整理を依頼すると、そのような督促がストップします。弁護士が債務者より債務整理の手続き代行の依頼を受け、代理人を引き受けた旨の通知を受け取った債権者は、債務者に借金の取り立てができなくなるからです。貸金業法により、定められた法律であることから、その日から督促が来なくなるのです。追い詰められるような督促から解放されるだけでも、弁護士に依頼するメリットと言えます。

複雑な交渉や手続き

債務整理の手続きを進める中でとても重要なのが、債権者との借金減額に関する交渉力です。この交渉力によって、最終的な借金の減額幅が変わってくると言っても過言ではないでしょう。債権者である相手側は、貸金業者や金融機関がほとんどで、金融に関するプロでもあります。

そんなプロを相手に交渉する際、法律の知識や債務整理の経験がなければ、自分優位に交渉することはとても難しいものです。面倒な利息計算や、過払い金請求に関する計算は、利息制限法などの知識がなければとても難しく、個人で対応するのはとても大変なのです。これらの交渉や、手続きを弁護士に依頼するだけでも精神的なストレスが軽減されることとなります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!