借金問題は弁護士事務所へ!債務整理を相談しよう

MENU

CLOSE

借金問題は弁護士事務所へ!債務整理を相談しよう

借金の返済は一人で悩んでは駄目!返済が辛いときは弁護士に相談を

53c4e223259026beedd7bff52ac13ab8_s

人生を長く過ごしていると、時には借金が必要になる場面も出てきます。借金というキーワードを聞くととてもネガティブなイメージを持つかもしれませんが、仮と計画を立てて上手に付き合っていくことができれば、借金は決してネガティブなものではありません。ところが、深刻な問題なのは、借金の返済が難しい場合です。

滞納し始めるといよいよ危ないかも?

借金を始める時には、誰でも普通は計画性をもってスタートさせるはずです。従って、最初のころから借金の返済が厳しくなるという人はそうそういないと思います。ところが、だんだん返済が厳しくなってしまうのが借金の怖いところです。

いったいなぜ、返済が難しい状況に陥ってしまうのでしょうか?その一つの分かれ道となりやすいのが、「滞納をするか?しないか?」という境目だと思います。滞納をし始めるようになると、自力で返済を続けていくのはちょっと厳しいかもしれませんね。厳しい督促が待っているので、精神的にも経済的にも、かなり厳しい状況と言えるでしょう。

弁護士に相談して債務整理を検討しましょう

返済が厳しいと感じる借金状況に陥ってしまった場合には、すぐに債務整理を行うべきだと思います。債務整理を一言で言うと、「法律を利用して借金を減額させる方法」です。債務整理を行うときには、必ず弁護士に相談するようにしてください。

債務者が個人で行うことも消して不可能ではありませんが、専門的な法律知識や書類を用意するテクニックが必要とするため、弁護士の協力なくしてはかなり難しいと思います。

弁護士事務所の探し方をしっている人はなかなかいないと思いますので、まずはインターネットで債務整理を得意としている弁護士事務所探して、それから相談に出かけてみてはどうでしょうか?

債務整理にはどんな種類が存在しているのか?

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

ここで、債務整理にはどんな方法が存在しているのか?について説明していきたいと思います。債務整理と一言で言っても、そのやり方はひとつではありません。大きく分けると4つの方法が存在しています。任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産の4つです。それでは、それぞれの債務整理の特徴について触れていくことにしましょう。

任意整理

任意整理は4つの債務整理の中でも一番お手軽に行える債務整理です。費用が安いのと、裁判する必要がないというメリットが大きいです。借金を苦しめているのは、大抵の場合、高い利息です。

その利息をカットしてくれるのが任意整理となっています(債務整理を行ってからの将来利息がカットされるのであって、既に払い終わっている利息はカットされません)。つまり支払いは残りの元金だけということです。

過払い金請求

テレビ広告でも話題になっている過払い金請求です。間違った利息計算によって、払いすぎてしまった利息を取り戻すことができます。過払い金請求のメリットは、「既に払い終えている借金であっても請求ができる」ということです(その代わり、払い終わってから10年以内に請求するのがルールです)。過払い金は、100万円を超えるケースもあります。想像以上に高額になっているものなのです。

個人再生

任意整理でも処理することが難しい金額の借金に有効なのが個人再生です。借金を半額に減額できるケースも珍しくありません。個人再生の手続きを行ってから3年以内に残りの借金を返済しなければならないので、継続的に収入が見込めることが条件となっています。

自己破産

自己破産は、借金を返済することが絶対に不可能と判断された借金に適用される債務整理です。自己破産の最大のメリットは、借金が全てチャラになってしまうということでしょう。その代わり、財産を全て没収されてしまうなどの大きなデメリットを抱えなければなりません。よほど追い込まれている借金でない限りは選択するべきではないでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!