金銭面の工夫をしないと借金は払いきれない!そのおすすめ法

MENU

CLOSE

金銭面の工夫をしないと借金は払いきれない!そのおすすめ法

借金を返済していくための工夫をしていますか?

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

借金を返済するにあたって、工夫をしたり節約することを心がけている債務者は意外と少ない傾向にあります。借金の返済は、計画性を持たないと絶対に実現させることはできません。

そもそも借金を重ねる債務者というのは、計画性の無いがさつな性格の人が多いから大変なことになってしまうわけです。そこで今回は、借金返済を実現させるためにしておきたい工夫や取り組みについて説明していきたいと思います。

家計簿をつける

主婦でもない限りは、家計簿をつけている債務者は少ないと思います。ところが、これはとっても大事なことです。家賃、食費、交通費、光熱費etc。これらをきちんと理解しておかないと、借金返済にいくら確保できるのか理解しておくことはできません。最近は、携帯電話のアプリで簡単に家計簿をつけることができますから、そこまで面倒臭くはないのです。

家賃を下げる

毎月出ていくお金の中でも、家賃はかなりの割合を占めるはずです。従って、家賃を下げるというのはとても大切なこと。生活レベルを下げてでも借金を返済していく努力を見せなくてはなりません。

収入があった時にはすぐに返済する

給料が入ったり、臨時収入が入った時には、真っ先に借金返済にまわしましょう。後回しにするのは厳禁です。無駄遣いをする癖が現れてしまいます。

利息が高い業者から支払いをする

複数の金融業者から借り入れをしている場合には、必ず利息を確認してください。利息の高い業者の返済を滞納すると面倒なことになりますので、利息の高い業者から順番に支払う癖をつけましょう。もちろん、利息の低い業者は滞納させてもいいというわけではありませんので、あしからず。

借入の少ない業者から返済する

借入金額の少ない業者から返済するというのも一つの方法です。そうして返済していけば、借入中の業者の数を減らしていくことができます。支払いをシンプルにさせることもできますから、意識してみましょう。

繰り上げ返済

借金の返済は毎月一定の金額が決められています。それにいくらかプラスして返済するのを「繰り上げ返済」と言います。ボーナスが入った時などに、いつもより多めに返済するのです。そうすることで、本来の返済プランを少しずつ短くしていくことができます。

クレジットカードを持ち歩かない

クレジットカードは、買い物での利用が便利な分、借金の原因とも言えます。クレジットカードを持ち歩かずに、現金払いの生活を心がけるようにしてください。1日に使っていい金額をあらかじめ決めておくのもポイントです。

債務整理したいけど弁護士費用を工面できない!そんな時の対処法

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

上記のような取り組みを行っても返済が難しい場合には、債務整理して借金を減額させる必要があります(過払い金、任意整理、個人再生、自己破産)。債務整理を行うには、弁護士の協力が必要不可欠ですので、弁護士費用を準備しなければいけません。

ところが、ただでさえお金の工面に困っている債務者です。弁護士費用を用意するのは至難の技!「お金が用意できないから債務整理を諦めるしかないのか!」と嘆くのはちょっと早いかもしれません。そんな時にオススメしたいのが法テラスの使用です。

  • 法テラスとは一体何か?

法テラスは、法律に関する案内所といったところでしょうか。国のサポートのもと設立されている施設です。債務整理のことはもちろん、家庭内暴力、パワーハラスメント、交通事故裁判etc、日常生活で起こりうるいろんな法的トラブルについて相談してくれます。

  • 民事法律扶助制度の存在

弁護士費用を工面できないのと、法テラスにはどういった関係があるか?と言うと、「民事法律扶助制度」です。これは、弁護士費用をサポートしてくれる制度となっています。

全額サポートしてくれるわけではありませんが、成功報酬とか着手金を減らせることができるので、弁護士費用の支払いは相当楽になるはずです。気になる方はぜひ一度問い合わせてみましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!