借金がある人は必見!債務整理を行うべき人はこんな人!

MENU

CLOSE

借金がある人は必見!債務整理を行うべき人はこんな人!

債務整理の基本について

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

債務整理という言葉自体は聞いた事があっても、それが具体的にどういったものがわからないという声も少なくありません。債務整理は、借金問題を解決する方法の一つです。弁護士であったり司法書士を通して法的手続きを行ってもらい、借金の減額などができます。

なので現在借金問題を抱えていて、自力ではそれが到底解決できそうもないという場合には、債務整理を検討すべきだと言えるでしょう。債務整理は一つではなく、複数のやり方があります。

種類としては、任意整理に個人再生、特定調停に自己破産、最後に過払い金請求というものがあります。それぞれでできる事も違えば、かかる費用などにも違いがあります。どの債務整理をすべきかという事は、なかなか素人には判断できないと言えるでしょう。

そういった場合、弁護士の無料相談などを利用し専門家に実際に意見を貰う事をおすすめします。そうすれば今の借金問題をどうしていくのがベストなのか、有益なアドバイスが貰える事は間違いありません。

債務整理を行うべき人について

5c3e857cdf86e55056ff436b13272d92_s

債務整理は数十万円単位の借金でも行う方が良いケースあり

債務整理というと法的手続きという事もあり、気軽にできるものではないという印象を持つ方が多いでしょう。借金を数百万円、数千万円単位で抱えている人がやるべきものだという印象も、同時に多くの人が持っているのではないでしょうか。

しかしながら、債務整理は借金が数十万円単位の場合にも行った方が良いケースが少なくありません。借金自体の大きさというよりも、収入と借金のバランスを見て完済が自力では難しそうなケースにおいて債務整理は行うべきと考えましょう。

また債務整理の一つである任意整理は数万円の費用からできて、借金の利息カットができるものになります。裁判所を通す事もなく、弁護士や司法書士が債権者と交渉をするだけですむので、そういった点も比較的気楽です。

このように思っている以上に気軽に利用できるような債務整理もあるので、借金問題を抱える人は皆さん一度は債務整理を検討すべきだと言えるでしょう。人は生活をしていく中で全ての給料を借金返済に使えるわけではありません。

家賃や光熱費、食費などを支払った上で残りをやっと借金返済にあてられ、それも利息の支払いのみで精一杯で元本がなかなか減らないというケースも多いでしょう。思っている以上に、借金を減らすのは大変な事なのです。

そのため、一般的にはそこまで大きな金額ではないと思われそうな金額の借金でも、実際に滞納せずスムーズに返済を完済をするのはなかなか難しく、債務整理を利用すべき状態の人は多いと知りましょう。

人によっては自己破産をした方が良い

収入がない、収入と抱える借金の金額の大きさがあまりにも釣り合っていない、このような状態で今後いくら頑張っても借金が完済できそうにない場合には、借金を減額するだけでは間に合わないという事もあり得ます。

例えば特定調停の場合には借金を5分の1まで減額可能なものの、減額後残った借金はその後3年以内に返済しないといけません。これは安定した収入がある人にしかできない事だと言えるでしょう。収入がない、安定していないような場合には、自己破産をした方が良いと言えます。

自己破産というのは借金をゼロにできるかわり、今ある財産を差し押さえられ現金も99万円以下した手元には残せません。世間のイメージとしても、決して良いイメージはないと言えるでしょう。

しかしながら、どうしようもない借金問題を抱えてしまっている方にとってはこれ程の救済措置はありません。マイナスをゼロにして再スタートできるのですから、意地や見栄だけで自己破産を避けるのではなく、本当に自分に必要だという場合には自己破産も視野に入れるべきです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!