これで借金も解決!知って得する債務整理のメリットとデメリット

MENU

CLOSE

これで借金も解決!知って得する債務整理のメリットとデメリット

債務整理の種類

9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_s

昨今、借金に苦しむ人は増えるばかりで、誰にも相談できずに人知れず悩みを抱えている人もたくさんいます。悩みを抱えている人が多い割には、借金を法律に基づき整理する、という手続きを知らない人は多いものです。弁護士や司法書士に借金について相談し、手続きを依頼する人は、全体のうちのほんのわずかです。

法律に基づき、借金を整理する手続きを総称して「債務整理」と言います。債務整理は、現状の借金を減額して重い金利負担から解放し、生活の再生を図るための手続きです。債務整理の手続きは、大きく分けると「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3つがあります。それぞれ手続きは異なりますが、最終的な目的は一つです。

法律に照らし合わせながら現状の借金を見直し、無理のない生活を維持しつつ、借金を返済もしくは免除することで、生活の再生を図ることが最終的な目的です。債務整理の手続きは、弁護士や司法書士に相談し、手続きを依頼することがほとんどです。ですが、自分自身でも手続きの内容を理解しておくと、手続きもスムーズに進みます。

では、手続きをとることで、借金問題がどのように解決できるのでしょうか。そして、その手続きにはどんなメリットがあり、またどんなデメリットがあるのでしょうか。それぞれの手続き別に見ていきましょう。

任意整理

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

任意整理とは、裁判所などの公的機関を介さずに、債権者と直接交渉して解決することができる手続きです。借金の内容を見直し、整理することで、毎月の返済額を減額してもらうものです。ですが、任意整理とはあくまでも借金の総額を減額することを目的としているものです。

借金の返済が、必ずなくなるというわけではありません。利息制限法に基づき、引き直し計算をした後に残った元金は、返済する義務があります。貸金業者などとの取引期間が長ければ、過払い金が発生し、超過分が返金される可能性もあります。

任意整理が適している人

任意整理の手続きが適している人は、現状での返済額のまま返済を続けるのは難しくとも、将来に渡り収入が期待でき、借金返済自体は不可能でないという人です。借金の総額を減額することが目的ですので、借金すべてをなくしたいという人には向いていません。

任意整理のメリット

  • 借金が減額される

借金の総額が間違いなく減額されることで、負担が軽くなります。引き直し計算後、過払い金が発生すれば返金されることがあります。また、重い金利負担となる将来利息もカットされることになります。

  • 返済も取り立てもストップする

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼することで、貸金業者などからの督促がストップします。また、任意整理の手続きにより和解が成立するまでは、返済もストップします。

  • 特定の相手とだけ交渉

すべての債権者と交渉する必要がなく、利息が高い特定の業者だけを相手に、借金整理の手続きをすることができます。

  • 人に知られない

裁判所などの公的機関を通して手続きするわけではないので、官報に掲載されることもなく人に知られることがありません。もちろん、勤務先などにも知られることはありません。

任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に登録される

任意整理の手続きをとると、その事実が信用情報機関に登録されることになります。登録されると最低でも5年間は、新たな借金やクレジットカードの利用、ローンを組むことができなくなります。

  • 強制ではない

任意整理は、借金の一部または全部が、強制的に免除されるわけではありません。あくまでも任意で債権者と交渉をし、結果的に借金を減額してもらうという手続きです。

民事再生

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

民事再生とは、借金の返済が困難であることを裁判所に認めてもらい、減額された借金を3年から5年かけて分割で返済していく手続きです。住宅ローンを除いたうえで、およそ5分の1から10分の1まで借金が減額されるものです。

民事再生の手続きの特徴は、住宅を手放すことなく生活を再建するための借金返済ができることです。住宅ローン以外の借金が減額され、それ以降の利息も支払わなくてよくなります。住宅ローンを除いた後、借金の総額が5000万円以下の場合、手続きが簡単な小規模民事再生となります。

民事再生が適している人

任意整理でもまだ返せない借金が残り、それでも自己破産は避けたいという人が適しています。そして何より、民事再生の手続きが適しているのは、住宅を手放したくない人です。ですが、将来に渡り継続して収入の見込みがある人が条件となります。

民事再生のメリット

  • 住宅や車などの財産を所有できる

自己破産とは違い、住宅や車などの高価な財産が処分されることがありません。

  • 借金額の大幅な減額

住宅ローンを除いた借金総額の5分の1まで減額することができます。原則で3年から5年以内に返済することが条件です。

民事再生のデメリット

  • 住宅ローン

民事再生の手続きは、住宅は所有できる分、住宅ローンの減額はできません。住宅ローンの返済が困難な人には、向いていない手続きです。

  • 信用情報機関に登録される

民事再生の手続きをとると、その事実が信用情報機関に登録されることになります。登録されると、最低でも7年間は、新たな借金やクレジットカードの利用やローンを組むことができなくなります。

  • 官報に掲載される

国の機関紙である官報に掲載されることになります。ですが、官報はあまり一般の人の目に触れるものではありません。

自己破産

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

自己破産とは、裁判所に申し立てをし、借金の支払いが困難であることを認めてもらう手続きです。裁判所から、返済不可能であることが認められると、借金の全額が免除されます。破産時に所有していた財産は手放すこととなり、換金されたのち、債権者に配当されます。

全ての借金が免除されることで、多重債務に陥ってしまった苦痛から解放されるものです。破産時に所有していた財産は手放すことになりますが、その後の収入はすべて生活に充てることができます。自己破産と聞くと、まるで人生の終わりのような最悪のイメージを持つ人も多いものです。

そのせいで、誰にも相談できず人知れず悩みを抱え込む人もたくさんいます。ですが、自己破産は新たな人生のスタートを切るチャンスでもあるのです。自分の借金により、不利益を被った人の存在を忘れず、新たな人生を歩み始めるきっかけとなるのが、自己破産の手続きなのです。

自己破産が適している人

収入がなく、借金の返済が不可能で、とにかく借金をなくしたい人に適した手続きです。他のどの手続きを検討しても、借金の返済が不可能だと判断された人がとる手続きで、過去7年以内に免責を受けたことのない人が条件となります。

自己破産のメリット

  • 借金が全額免除

自己破産の手続きをする最大のメリットでしょう。借金の全額が免除され、支払いの義務がなくなりますが、滞納している税金などの支払い義務は残ります。

  • 返済も取り立てもストップする

自己破産の手続きを弁護士に依頼し、手続きを開始することで、貸金業者などからの督促がストップします。もちろん、借金の支払いも全額免除されるので、借金の苦しみから解放されることになります。

自己破産のデメリット

  • 信用情報機関に登録される

自己破産の手続きをとると、その事実が信用情報機関に登録されることになります。登録されると、7年間は、新たな借金やクレジットカードの利用やローンを組むことができなくなります。

  • 財産が処分される

原則として20万円以上の、住宅などの高価な財産は処分されます。

  • 資格制限

自己破産の手続き中である、3ヵ月から半年間ほどは、保険外交員や警備員といった特定の資格を必要とする、一部の職業に就くことが制限されます。

  • 官報に掲載

国の機関紙である、官報に自己破産をした事実が掲載されます。破産の手続きをした日時や住所、氏名、手続きをした裁判所などが掲載されます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!