債務整理に興味がある人必見!債務整理をする時の注意点とは

MENU

CLOSE

債務整理に興味がある人必見!債務整理をする時の注意点とは

債務整理は借金問題に対する救済措置

0a88ddcc9d0a22c9f3424d81818b8b9f_s

借金をするというのは多くの場合自分の責任であり問題です。なので当然自分で解決していく必要があります。しかしながら、背負った借金があまりにも大きい、自分の収入ではこの先何年かかっても完済できそうにない、そういった絶望的な状況に陥ってしまった時には、救済措置があります。

それが債務整理です。債務整理をすれば、利息カットから元本自体の減額、自己破産まで至れば借金自体の帳消しという措置を受ける事ができます。もちろん無条件ではありませんし、債務整理自体も弁護士などに依頼をすればお金が発生します。

しかしながら、自力ではどうする事もできない借金問題を抱える方にとっては、頼るべき存在であるという事は間違いありません。実際に、現在債務整理に興味があるという方も多いでしょう。しかしながら、債務整理には行う上での注意点もいくつかあります。

それを知らずに行う事でトラブルになったり後悔をする可能性もありますので、そういった注意点は予め頭に入れておくようにしましょう。そして注意点に納得をした上で、実際に弁護士や司法書士に相談をしてみてください。

債務整理を行う前に知っておくべき注意点

2dd8d264dda3454cafccf0f76e07b87b_s

債務整理後に滞納すると和解は無効

まず利息カットや元本減額の債務整理を行った場合、その後には引き続き返済があります。そして債務整理後には返済期間が設けられ、その期間内に計画的に残った債務を返済する義務があります。仮に債務整理後に滞納をしてしまうと、せっかくの債務整理で和解をした内容が無効になってしまいますので、十分注意をしてください。

信用情報に記録が残るのでローン審査にしばらく通らない

債務整理は過払い金請求を除き信用情報に記録が残ります。記録が残ってしまうと、その間ローン審査に通らない、クレジットカードが新たに作れず今あるものも使えなくなる、などの問題が出てきます。

記録が残る期間は5年から10年程度と長いので、不便に感じる方も多いでしょう。しかし、元々借金問題を抱えていた人にとっては、新たに借り入れやカードでのショッピングがしばらくできないというのは、浪費癖を治す良い機会にもなります。

保証人に一括請求がいく恐れ

個人再生や自己破産を行った場合、その借金に保証人がいれば保証人の方に一括請求がいってしまいます。カードローンなど保証人がいない場合には問題ありませんが、保証人つきで借金をしている人は要注意です。

債権自体が分割支払いであっても、債務整理後には必ず請求は一括です。債務整理をしないといけない程の多額の借金が一括で保証人に請求されるとなったら、その保証人の人生を狂わせてしまう可能性は大きいでしょう。この点は見落としがちですがしっかりと注意しないといけません。

債権者に銀行が含まれる際の口座凍結

銀行からお金を借りていて、それを債務整理するとなると当該銀行の預金口座は凍結されてしまいます。なので債務整理前に引落し先を別の口座にする、預金を引き出しておくなどの対策が必要になります。債権者ではない銀行口座に関しては凍結されるなどはありませんから、その点は混同しないように気をつけましょう。

ローンが残っている商品は引きあげられる

ローンで商品を買い、そのローンについて債務整理をした場合には、まだローンが残っている商品が引きあげられてしまう事になります。例えば自動車をローンで購入していて、その自動車ローンについて債務整理をしたという時には、自動車は手放す事になります。

またクレジットカード等での買い物についても、同じ事が言えるでしょう。これは仕方がない事なので、商品については諦めるしかありません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!