債務整理したけどまた返済できない!どうすればいいの?

MENU

CLOSE

債務整理したけどまた返済できない!どうすればいいの?

債務整理は複数回行うこともできる

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

「債務整理を一度行って借金を減額・棒引きしたのに、また借金の返済を滞納してしまった」、こんな悩みを抱える人は少なくありません。債務整理については、一度債務整理を行っていても、2回目、3回目と債務整理を行うことも可能になっています。

ただ、2回目以降の債務整理を行う場合、その理由として会社の倒産・病気・天災といった避けられない理由がある場合も見受けられますが、特別な理由も無く再び浪費などにより借金が返済できなくなっているケースも見られます。

このようなケースではきちんと自分自身のお金の使い方などをチェックするようにしましょう。そして、債務整理について弁護士に相談するときに、再び債務整理をしないで済むように、一度目よりもしっかりと債務整理の方法について検討することが大切になります。

個人再生の一部・自己破産には2回目以降の債務整理に規定あり

a8ba3fce599cc8914ea9bb463de5bef4_s

法律上は制限なく実行できる任意整理

さて、このような2回目以降の債務整理についてですが、任意整理という債務整理の方法には制限はありません。そのため、債権者である金融機関などが応じてくれるのであれば、いつでも何度でも際限なく利用できるということになります。

ただし、金融機関も一度借金の支払いスケジュール・金利を変更して、返済可能と了承を得たうえで任意整理を行っています。したがって、その約束を反故したことにもなり、2回目以降の任意整理に応じてくれる金融機関というのはほぼ皆無といっても良いでしょう。

ただ、任意整理を行った金融機関以外の新しい金融機関から借り入れを行い、その新しい借り入れについての任意整理であれば、応じてもらえる可能性も高くなります。

法律上の規定がある個人再生の給与所得者等再生・自己破産

これに対して個人再生、自己破産については法律上の規定があり、いつでも何回でも自由に債務整理を行うことが出来るというわけではありません。まず、個人再生の場合についてですが、小規模個人再生という個人再生の方法であれば、法律上の規定はありません。

小規模個人再生の場合は再生計画の変更・ハードシップ免責という手段を用いて、借金の返済を考えていくことになります。再生計画の変更というのは原則として3年間で返済するとしていた借金の返済スケジュールを伸ばす方法になります。

2年を超えない範囲で期間を延長することが認められており、これによって月々の返済金額を減らすことが可能になります。また、ハードシップ免責という手段は個人再生の途中で行われる自己破産といったようなものになります。

つまり個人再生の途中で借金が棒引きされるというものになります。このハードシップ免責については、「再生計画で決定した債務の4分の3をすでに返済していること」、「責めに帰すことのできない事柄で、再生計画の遂行が極めて困難なこと」、「自己破産した場合の利益よりも大きな金額を払っていること」が条件になります。

このうち、「責めに帰すことのできない事柄」というのは災害・病気・倒産など自分ではどうしようもできない事柄であるとされます。したがって、ギャンブルや浪費でハードシップ免責を受けることは認められません。

また、「自己破産した場合の利益」というのは、個人再生ではなく最初に自己破産を選択した場合、その所有していた資産などを売却して得ることが出来たと考えられる利益のことを言います。この利益よりも多くの金額を個人再生で返済していることが条件になります。

これに対して、個人再生の給与所得者等再生と呼ばれる方法と自己破産については、そもそも給与所得者等再生・ハードシップ免責・自己破産から7年が経過しない限りは実行することが出来ないという規定が存在しています。

ただ、自己破産については本当にやむを得ない理由があると裁判官が考えた場合には裁量免責という形で自己破産が認められる場合もあります。2回目以降の債務整理では初回よりも検討するべき事柄が増えます。したがって、債務整理・過払い金請求といった借金問題に強い弁護士と相談しながら処理を進めていくようにしましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!