「債務整理の流れ」と「闇金融の債務整理」について

MENU

CLOSE

「債務整理の流れ」と「闇金融の債務整理」について

実は結構いる「債務者」

8377bdcd40790dede59a77443dc364ab_s

債務者というのは、借金している人のことです。借金というのは、非常にネガティブなイメージを与えるものですが、実は結構存在しているんです。家族や友人に知らせていない債務者も多いので、もしかしたら、自分の身近なところにもいるかもしれません。

債務者は、300万人を超えると言われています。アルバイト大学生でも、驚くぐらい簡単に借金できてしまうので、債務者が増えるのも納得です。そんな借金の返済で、どうしても悩みを抱えているのであれば、弁護士にお願いして債務整理してもらいましょう。借金を減額してもらえますよ。

債務整理の相談から、受任までの流れについて

852e4fe71f25aae5905ad115fa22b971_s

債務整理の相談から、受任までの流れについて説明してみたいと思います。債務整理は、任意整理、過払い金請求、自己破産、個人再生の4つがありますが、どの債務整理についても、相談から受任までの流れはほとんど同じです。

状況のヒアリング

現在、債務者がどのような借金状態なのかをヒアリングします。要するに、借金相談ですね。メール相談や電話相談で受け付けてくれる事務所も多いです。しかし、最終的な話をするためには、直接顔を合わせる必要があります。

契約を含めた相談

簡単なヒアリングが終了したら、契約を含めた本格的な相談に入ります。電話相談やメール相談でヒアリングをしていた場合も、この段階では、弁護士事務所に足を運ぶ必要があります。改めて相談内容を確認した上で、弁護士が最善だと思われる債務整理の手続きをアドバイスします。

  • 弁護士費用については明確にしてもらいましょう

いよいよ正式依頼も目前!という状況になったら、弁護士費用を明確にしてもらいましょう。稀ではありますが、悪徳弁護士の場合は、弁護士費用を明確にしてくれない場合があります。ここを明確にしておかないと、説明を受けていない追加費用がかかる場合があります。ただでさえ、借金で悩みを抱えているのに、更なる金銭トラブルで悩んでしまう可能性がありますから注意が必要です。

契約書にサインをする

弁護士事務所に正式に依頼する場合には、契約書や委任状にサインをします。この時の契約書と委任状は、写しを渡されるはずですから、紛失しないようにちゃんと保管しておきましょう。

委任通知の発送

早ければ、正式に依頼したその日のうちに各金融業者に委任通知を発送します。金融業者が委任通知を受け取ると、返済と滞納による取り立てはストップされます。もし、その後も取り立てがある場合には、「弁護士に債務整理を依頼した」旨を伝えてください。そうすれば、ひとまず返済する必要はありません。債務整理が一通り終了したら、残った借金の返済を再びスタートさせるのです。

受任通知のその後について

受任してから、その後の作業に関しては、弁護士が全て一任してくれます。正式に受任してから債務整理が解決するまでは、弁護士と債務者は一度も連絡を取らないこともあるぐらいです。弁護士に債務整理をお願いすると、そのぐらい債務者は何もしなくてもいいのです。返済は一度ストップされるので、その間に、今後の身の振り方について計画するようにしましょう。

「闇金融からの借金の債務整理してもらえるの?」という質問について

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

債務整理に関してよくある質問の中に、こんなものがあります。それは、「闇金融からの借金も債務整理してもらえるのか?」というものです。

闇金融の借金も弁護士が対応してくれます

法律に則った借金も、闇金融からの借金も、すべて弁護士が対応してくれます。その為、闇金融の借金返済に悩んでいる債務者は直ちに弁護士に相談しましょう。しかし、本来は闇金融からの借金は返済する義務はありません。ですから、通常の債務整理とは違った方法をとる場合があります。その結果、闇金融に支払ってしまった借金を取り返せる場合もあるのです。

闇金融に関するよくある質問について

6ef85ad44014173352dfe00d62885b98_s

闇金融に関して、もう少し触れてみましょう。ここでは、闇金融に関してよく寄せられる質問をピックアップしてみたいと思います。

質問その1 闇金融の定義って何?

正規の金融屋と、闇の金融屋は、一体どこに差があるのでしょうか?

  • 登録を行っていない

正規の金融屋を営むためには、貸金業の登録をする必要があります。これは、法律できちんと決められていることです。しかし、闇金融は登録をしていないケースがほとんどです。

  • 上限金利を無視している

正規の金融屋は、年利20%という法律に基づいて貸付を行っています。しかし、闇金融のほとんどは、この上限金利を無視して貸付しているのです。闇金融は、先ほど取り上げた「金融業の登録」をしている場合もあります。しかし、その上で上限金利を無視した貸付をしている場合もあるので、注意しておきましょう。

質問その2 どんな種類の闇金融が存在しているの?

一言で「闇金融」と言っても、その種類は多様化しています。闇金融を営んでいる側も、逮捕されないようにいろいろと工夫しているのです。

  • 090金融

携帯電話だけで金融業を営んでいます。つまり、店舗を構えていないということです。「たったこれだけで金融業が営めるものなのか?」と思われがちですが、できてしまうのが闇金融です。電話連絡とダイレクトメールだけで金融業を営んでいます。

  • 押し貸し

闇金融の情報網を利用して、お金に困っている人物を割り出します。そして、その人の銀行口座に、「勝手にお金を振り込む」という一風変わったスタイルです。「こんな強引なやり方、通用するの?」と思われがちなのですが、お金に困っている人物は、ついつい使ってしまうのが借金苦の怖いところ!そこに、高額な利息で取り立てを行うというやり方になっています。

  • 空貸し

闇金融の情報網を利用して、多重債務者を割り出します。そこに取り立てをかけて、「借金を返済しろ!」と迫るのです。でも、「実際は1円も貸し付けしていない」というのがポイントです。多重債務者は、借金があまりにも膨れ上がっている場合は、どこから借金していたのか曖昧になっています。そのような状況につけこんだ方法なのです。

質問その3 闇金融は、どうやって多重債務者の情報を調べているのか?

闇金融は、正規の金融屋ではありませんので、正規の金融屋で出回っているブラックリストを観覧することはできません。では、いったいどこから多重債務者の情報を調べているのでしょうか?

  • 官報をチェックしている

官報というものが存在しています。これは、自己破産者などの名前が載っているリストです。一般に広く出回っているものではないのですが、一部の施設でチェックすることができます。この時にポイントとなるのは、「自己破産者」ということです。

自己破産した人は、「その後、金融業者から借金したくてもできない」というデメリットを背負いながら生活を送っています。そんな自己破産者が、「どうしても借金したい!」と思ったら、闇金融を頼るしかありません。そこにつけこむのが闇金融です。

  • 債務者から情報を買う

債務者から、「お金に困っている債務者の情報を買う」闇金融業者もいます。どうしてもお金に困っている債務者は、他人の情報なんて簡単に売ってしまいます。

質問その4 闇金融に支払ってしまった借金は取り戻すことができるの?

闇金融に支払ってしまった借金は、弁護士や警察に介入してもらえば、原則として取り戻すことができます。しかし、難しい場合もあるのです。それは、090金融のように、店舗の実態がない闇金融の場合です。なぜ店舗を持たないのかと言うと、警察に身元がばれないためです。だから、どうしても取り返せない場合があるのは理解しておきましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!