借金が返せなくて困った!債務整理のメリットとデメリット

MENU

CLOSE

借金が返せなくて困った!債務整理のメリットとデメリット

借金返済に困ったら弁護士へ相談

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

借金に悩んだら弁護士に相談

毎月借金の返済ができている人はいいですが、事情によって返済期日に間に合わなくなることも起きるかもしれません。借金の返済に頭を悩ませている人も多いですが、返済ができなくてどうすることもできないと思ったら、無理をしないで弁護士に相談をしましょう。人によっては諸事情によって借金をしなければならない状況になることもありますが、安定的に返済し続けられるとは限りません。

会社を辞めたり事故に遭って仕事ができない時でも、借金の返済は待ってはもらえません。返済を滞納すると遅延金が発生したり自分の信用にも影響します。借金返済に困った時は弁護士に相談をすることで、その人に合った借金の解決方法を提案してくれます。

その人に合った返済方法を提案してくれる

弁護士に相談をする時には、基本的には無料で相談に乗ってくれる所が多いです。相談した時に借金の状況を確認し、その人に合った借金の解決方法を提案してくれます。債務整理の種類としては任意整理、個人再生、自己破産と大きく3つに分けられます。多くの人は任意整理を提案されることになります。

任意整理は過払い金があれば借金総額から引いてもらえますし、今後借金の利息がかからなくなります。利息がかからないので返済した分は確実に元金を減らすことができます。返済計画としては3年から5年程度で、できるだけ無理をしないで計画的に返済をすることになります。

個人再生の人は持ち家がある人が利用することが多く、個人では返しきれない莫大な借金がある人は自己破産を提案されるでしょう。債務整理はその人に合った返済計画を提案してもらえるので、まずは無料で弁護士に相談をしましょう。

弁護士と司法書士の違い

e31f36e1593b36218975e8d813072ded_s

債務整理をする時に悩むのが、弁護士と司法書士のどちらにお願いするかです。債務整理をするなら大きな違いはほとんどなく、どちらも同じ方法で債務整理をすることができます。細かな点での違いは、1社140万円以上の借金になると弁護士しか扱うことができません。

また着手金や成功報酬なども若干の違いがありますが、これは弁護士や司法書士による違いではないので、自分で納得できる弁護士や司法書士を探すしかありません。弁護士はすべての権限があるのに対して、司法書士は大部分の権限を与えられていると思って良いでしょう。そのため1社140万円以下の債務整理をするなら、どちらにお願いをしても大差はないので、気に入った方でお願いすることになります。

弁護士へ相談してからの流れ

1cd3687f2a03510c8143659a519a5ccd_s

弁護士へ無料相談

借金問題に悩んだらまずは弁護士へ無料相談に行きましょう。初めはメールや電話でアポイントをとってから、後日相談に行くのがスムーズです。相談に行く時は現在何社からどれだけの借金があるかを調べておきましょう。

またその日にすぐお願いすることもあるので、ハンコを持参していくと良いかもしれません。借金の返済に苦しんでいる時は先のことまで考えることが難しいので、弁護士に相談をして悩みを打ち明けると気持ちも楽になります。

手続きは弁護士が代行

弁護士へ悩みを相談した後は、自分が債務整理をするか決断をします。もちろん一度帰ってからよく考えたり、他の弁護士に話を聞くのもおすすめです。債務整理をやると決断したらその場で手続きをします。各書類に記入をすれば後の手続きは弁護士が代行してくれます。

弁護士事務所ヘは3回ほど行くことになりますが、1回目は最初の相談の時でその場で債務整理をお願いすることになります。後は弁護士が相手の会社と交渉をしてくれるので、連絡を待つことになります。

支払期日を確定して支払いをする

1度目の訪問から数日後に弁護士から連絡があり、再度弁護士事務所へ行くことになります。2回目の訪問では支払い期日や返済計画の確認をすることで、この返済計画で大丈夫かの確認をします。返済計画を確認したら後は返済方法をチェックして、毎月忘れずに返済をすることになります。

支払いの流れとしては、弁護士への着手金や成功報酬を払ってから、借金の返済になることが多いようです。そのため2カ月間は弁護士への支払いをしてから、3カ月目から借金の返済がスタートするのが一般的な流れです。

弁護士には無理のない返済計画をお願いする

弁護士に返済計画をお願いする時に注意することは、できるだけ本音で話をして無理のない返済計画を立てることが大切です。借金の返済に困っていることは分かっているので、できるだけ返済が滞らないように確実に返済できる金額を聞かれます。例えば無理をして5万円の返済ができると答えてしまうと、後で返済が難しくなるかもしれないので、少し余裕をもって3万円と答えることをおすすめします。

債務整理では利息がかからないので確実に元金だけを減らせます。返済期間が長くなっても利息が付かないので、余裕がある分は自分で貯金をすることもできます。弁護士へ見栄を張ってしまうと後で自分が大変な思いをするので、余裕のある返済計画を立てることをおすすめします。

債務整理のメリットとデメリット

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_s

メリット

債務整理をする時のメリットとしては、今まで借金の返済に苦しんでいたのに、無理のない返済計画にすることができることです。毎月返済日にはしっかりと返済をしているのに、ほとんど借金が減らない状況に頭を悩ませている人も多いでしょう。毎月利息の返済だけしかできずに、元金を減らすことができないことで借金がなくならないので悩んでしまいます。

債務整理をすれば確実に借金の元金を減らせるので、精神的にも余裕を持つことができます。債務整理では弁護士が相談に乗ってくれることは大きなメリットと言えます。今まで自分一人で借金問題に悩んでいて、誰にも相談できずに将来の不安ばかり募っていた人も多いでしょう。

弁護士はそんな誰にも相談できない人の味方にもなれるので、精神的にも大きなメリットとなります。誰にも相談できない人にとって弁護士は、最期の砦とも言える存在ですが、頼りになるので安心してお任せすることができます。

デメリット

債務整理をする時のデメリットとしては、数年間は社会的な信用を失ってしまうということです。いわゆるブラックリストと言われるものに名前が載り、クレジットカードを作れなくなるなどのデメリットがあります。借金で悩んでいるので家を買うなどのことは考えてはいないと思いますが、車や家などのローンも当然できなくなってしまいます。

クレジットカードは後払いなので、いわゆるプチ借金と同じです。後でお金がなくて払えないということも考えられるので、クレジットカードは約5年ほどは使えなくなると思っておきましょう。債務整理をする時に多くの人が本当に債務整理をしていいのか悩みますが、債務整理をすること自体がデメリットだと考えている人も多いようです。

最終的には自己判断で債務整理をするか考える

債務整理にはメリットとデメリットがありますが、借金に悩んでいる人にとってはメリットの方が多いと言えます。債務整理をして社会的な信用を失ったとしても、買い物はすべて現金ですれば済むので、クレジットカードのない生活をすればいいだけです。

数年間我慢をすれば借金がなくなって信用を取り戻すこともできます。借金問題に悩んでいる人にとっては確実にメリットの方が大きいと言えるでしょう。最終的には自己判断で決断をしますが、現状を打破するには債務整理はおすすめの方法です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!