債務整理にかかる期間は?不安になりがちな手続きのポイントは

MENU

CLOSE

債務整理にかかる期間は?不安になりがちな手続きのポイントは

債務整理は長くても半年程度

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

借金に困った際や滞納が発生してしまった際に、債務整理を行うのは賢い方法です。これは債務整理を行うことで督促をストップし、余裕を作ることができるからです。債務整理中は借金の返済自体が止まるため、生活が一気に楽になるケースも珍しくないのです。

一方で、どの程度期間の猶予があるのか、どんなデメリットがあるか気になる人もいるはずです。まず、債務整理は長くても半年程度で終わるのが基本になります。過払い金の請求を行い、金融機関が請求に応じない場合などは裁判などになり、1年程度かかる場合もあります。

ただし、多くは数ヵ月から半年で決着がつきます。場合によっては自己破産や任意整理の方が早く終わる場合もあるのです。任意整理は金融機関と金利の交渉を行い、3年から5年で返済することを目指します。金融機関は自己破産による貸倒れよりも、多少金利が少なくても不渡りが出ない方を選ぶことも多いのです。

交渉には法律の知識が必要になるため、一般的に弁護士経由で交渉することになります。保証人がいる金融機関のみを避けるなど、特定の金融機関のみと交渉する方法もあります。交渉する金融機関を絞った場合を除き、金利や返済計画が決まってから借金の返済が始まる形になります。

状況によってもある程度変化が生じるため、弁護士と相談することが大切です。弁護士と金融機関の交渉が終わるまで普通に生活できる場合も多いのです。もし状況が気になる場合は、弁護士に連絡して状況を確認をするのがおすすめです。

自己破産の場合は資産をどれだけ保有しているかで時間が左右されることが多く、保有資産が少なければ早期解決もあり得ます。借家暮らしで車などもなければ資産自体の差し押さえが無い場合もあります。生活に必要な家財道具や最低限の生活費は残せる仕組みになっているため、平穏な生活が続けられることも珍しくないのです。

債務整理のデメリットは

6319cc69b7bd3d8a1d38662a1c6b5af8_s

債務整理のデメリットは信用情報に金融事故の情報が残り、最低5年間はクレジットカードの作成や、ローンの申し込みが出来なくなることです。仮に申し込みをしても審査が通らず、申し込みをした履歴だけが残ってしまいます。

任意整理の場合は和解成立前に金融事故の情報が記載され、返済が済む前に事故情報が消える場合もあります。自己破産は全ての手続きが完了してから5年を想定するのが基本で、その間はローンの申し込みは避ける必要があります。

債務整理を始めた時点で、基本的に手持ちのクレジットカードも使えなくなります。クレジットカードがないと不便な面もありますが、家族カードは発行可能な場合もあります。これは支払いを担保するのが家族だからです。

また、銀行預金と連動するデビットカードがクレジットカードとして代用できる場合があります。過払い金のみの請求の場合はデメリットは存在しないのも特徴です。回収できた金額に応じ、弁護士に報酬を渡すだけです。

任意整理は金利の交渉をする会社1社につき数万円など、弁護士事務所によって金額が決まっています。自己破産の場合は30万円が相場で、後払いや分割払いに対応して貰えることも多くなっています。

仕事上の都合など、事情がある場合は手続きを追加することでより多くの財産を残すことを認めてくれる場合もあります。この場合は事務手数料などが発生しますが、事前に見積もりをしてくれるのが一般的です。任意整理の場合は決まった額だけ金融機関にお金の返済をつづけます。

自己破産は手続きが完了した時点で借金が帳消しになるため、ローンが申し込めなくなる以外の影響がない場合もあります。ただし、警備員や弁護士など、一部の職業には就業の制限がつくため、弁護士に確認することも大切です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!