借金生活を即解決!様々な債務整理の方法を徹底紹介

MENU

CLOSE

借金生活を即解決!様々な債務整理の方法を徹底紹介

過払い金請求とは

f24243b91454d4af2740c0775d41cc7a_s

債務整理の中で一番多く行われているのが、過払い金請求です。過払い金請求は今まで借金の返済をしている中で、本来の利子よりも多くの金額を支払っていたという人が、その過払い金を消費者金融に請求することを言います。

実際に過払い金請求をした人が、これまであった借金が全てチャラになった上で、さらにお金を得ることができたという事例もあります。過払い金が発生している人は、請求をしてお金を取り戻さないと損をすることになるので、心当たりのある人は弁護士に相談してみましょう。

なぜ利息を払い過ぎている?

過払い金はそもそもなぜ発生するのかというと、これはグレーゾーン金利に原因があります。これまで、消費者金融が定めていた利息の上限は29.2%でした。これは出資法の上限金利です。しかし、利息制限法による金利の上限は、借金の額にもよりますが、最高でも20%だったのです。この矛盾のことをグレーゾーン金利と呼び、それを正すため、裁判が行われました。

結果は、利息制限法によって定められた金利が正しい、という判決になったのです。これにより、消費者金融は利息制限法に基づいた金利で運営を行うことになり、これまで利子を多く支払い過ぎていた人は、その分のお金を請求することが可能となりました。これが過払い金の正体というわけです。

過払い金は誰でも発生する?

過払い金は借金をしている人、全てに発生するわけではありません。2006年から2010年にかけて、金利の上限は20%となりました。そのため、2006年以前から借金をしていた人は、過払い金が発生している可能性があるのですが、2010年以降に借金をした、もしくは金利20%で契約したという人の場合、過払い金は発生しないのです。また、過払い金請求ができるのは、借金を返済し終わってから10年までです。そのため、10年以上前に借金を完済した人は、過払い金請求をすることができません。こればかりは弁護士に相談しても無理なことなので、諦めましょう。

借金が残るとブラックリストに

債務整理の中では一番お手軽な過払い金請求ですが、そのお手軽さとは裏腹に、注意しなければならないことがあります。それは、過払い金請求の結果、借金が残ってしまった場合、ブラックリストに登録されてしまうということです。ここで言うブラックリストとは、信用情報における、債務整理を行ったという情報の登録です。

つまり今後五年間は、消費者金融でお金を借りることが難しくなるということなので、注意しておきましょう。ただ、過払い金請求をした結果、借金が全てなくなれば、信用情報は傷つきません。過払い金で借金がなくなるかどうかわからないという悩みを持つ人は、弁護士に相談しましょう。どうするのが一番良いのか、悩みを一発で解決してくれます。

任意整理とは

de5bb9d60744a05ca0a57e4673a2fcc5_s

任意整理も債務整理の中の一つです。過払い金請求と同時に行われることが多いのですが、弁護士が消費者金融と交渉して、今後支払うべき利子をカットしてもらうという債務整理になります。借金の元本が減るわけではないのですが、利子がなくなることにより、返済がしやすくなるというのがメリットです。過払い金請求を同時に行い借金が全てなくなれば話は別ですが、そうでない場合は、基本的にブラックリストに登録されてしまいます。それがどうしても嫌だという人には任意整理は不向きです。

任意整理するべき人

任意整理は借金自体を減らすものではないので、それなりに収入源がある人が行うべき債務整理です。収入はあるけど利子が高過ぎて、借金が徐々に増えているという人であれば、利子がなくなるだけで借金を徐々に返済することが可能でしょう。

そのような場合は、任意整理が一番適した債務整理の方法となります。逆に、利子がなくなっても借金を返せそうにない、収入源がない、という人は、別の方法を選びましょう。自分に一番合った債務整理の方法を知りたければ、弁護士に相談するのが一番です。

民事再生とは

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

民事再生は借金自体を減額してもらうという債務整理です。残った借金は三年間をかけて返済していく必要があります。任意整理や過払い金請求の場合、消費者金融との話し合いによって和解することになりますが、民事再生の場合、裁判所にそれを認めてもらわなければなりません。

そのため、弁護士への相談は必須です。民事再生の場合、実行すると必ずブラックリストに登録されてしまいます。任意整理や過払い金請求よりもその内容は重く、5〜10年ほどは消費者金融での借金ができなくなるので覚えておきましょう。

民事再生のメリットとは

民事再生の良いところは、借金自体を減額してもらえるという点です。これは任意整理にはないメリットとなっているので、利子が消えるだけでは借金を返済できない、という人にはうってつけの債務整理となります。また、自己破産とは違い、家などの財産を差し押さえられることがありません。もちろん、その代わりに借金の返済義務は存在したままになるのですが、かなり減額されるので、借金返済がだいぶ楽になります。

民事再生するべき人

民事再生するべき人は、収入はあるが、借金を全額返済できそうにないという人です。借金の額を減らすことができれば、返済も可能になるということであれば、民事再生を選びましょう。自己破産とどちらを選ぶべきかは悩むところですが、借金自体の額がそれほど多くなく、収入がしっかりあるということであれば、あえて自己破産を選ぶ必要もないので、弁護士とよく相談して、民事再生を受けると良いです。

自己破産とは

583cebf67d3f7aafc7e654ba161b782e_s

債務整理の中で一番有名なものが自己破産です。債務整理という言葉を知らなくても、自己破産という言葉は知っている人が多いでしょう。自己破産とは、裁判所に認めてもらい、借金の返済義務をなくしてもらうという債務整理です。全ての借金を支払わなくてよくなるので、借金に苦しめられていた人は、人生が一変します。

どうあがいても借金を返せず、収入も少ないという人は、自己破産を選ぶと良いでしょう。ただ、自己破産をすると、様々な制約や失うものが発生します。単純に借金の返済義務がなくなるというような甘いものではありません。そのため、自己破産をする際にはデメリットを把握し、慎重に判断する必要があります。

財産を失う

自己破産をすると、財産を失うことになります。民事再生の場合は、家などの財産を手放さなくても良いのですが、自己破産の場合、20万以上の財産は全て差し押さえられるので注意しておきましょう。ただ、生活する上で必要なものに関しては差し押さえられないので安心してください。

手続き中に制限されること

自己破産の手続き中は様々なことが制限されます。まずは、海外渡航です。これは海外に行かれると、手続きが滞ってしまうため、制限されることになります。また、仕事も制限されます。弁護士や税理士、警備員などの職業です。ただ、手続きの期間は長くても半年ほどなので、その期間を過ぎれば、このような制限はなくなります。

なくならない支払い義務

自己破産を行っても、支払い義務がなくならないものもあります。その代表は、養育費や慰謝料、損害賠償金などです。ただ、慰謝料と損害賠償は内容次第で、債権者側の悪質な過失のせいで発生したものの場合のみ、支払わなければなりません。

また、裁判所に報告していない債権に関しても、支払い義務が残ります。そのため、自己破産の際には全ての債権情報を裁判所に提出する必要があるのです。そして当然、税金も支払わなければなりません。大事なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!