債務整理の方法は一つじゃない!5つの債務整理を徹底解説

MENU

CLOSE

債務整理の方法は一つじゃない!5つの債務整理を徹底解説

5つの債務整理の特徴

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

比較的手軽にできる任意整理

債務整理はハードルが高いと思われる方も多いでしょう。確かに弁護士に依頼をして法的手続きを行うというのは、お金も時間も手間もかかりそうだと思っても無理はありません。しかし債務整理の一つである任意整理は、他の債務整理と比べて手軽にできるという特徴があります。

というのも、任意整理は裁判所を通さずに弁護士と債権者の話し合いで行う事ができます。費用にしても数万円で可能なので、手を出しやすいと言えるでしょう。任意整理では基本的に利息のカットが可能です。借金の返済において一番のネックは利息です。

利息の支払いで精一杯で、毎月の返済のほとんどが利息分でなかなか元本を減らせずに悩んでいる方も多いでしょう。その利息がカットできる事で、完済にかなり近づく人も多いはずです。手軽にできて返済の手助けになるこの任意整理は、多くの借金問題にお悩みになっている方におすすめです。

過去の借金で払いすぎた利息分を取り返せる過払い金請求

債務整理は借金を減らすものというイメージは強いでしょう。それも間違いではありませんが、実は過去の借金に対して行う債務整理もあります。それが、過払い金請求です。

過払い金というのはグレーゾーン金利が存在していた頃に、利息制限法で現在定められている上限をこえた金利でお金を借りていて、必要以上の金額を支払ってしまった人が対象です。現在の利息制限法に基づき過去の借金の金利を再計算し、払いすぎた分は返してもらう事ができます。

時効は最後の取引から10年なので、その点のみ気をつけるようにしましょう。過払い金請求にも費用はかかりますが、取り戻せたお金からそれは支払う事ができますからやって損は全くありません。むしろやらないと実質損をした状態がずっと続くという事になってしまいます。

任意整理と近い特定調停

特定調停というのは、裁判所に申し立てを行う必要があるものの、内容的には任意整理と非常に近いです。できる事は引き直し計算と将来利息のカットで、弁護士などを通さずに自分で裁判所に申し立てを行う事も可能です。

自力で行えば費用はかかりませんが、やはり素人が自力で特定調停を行うというのは簡単ではありません。若いに至らなければ意味がありませんし、多少の費用を支払ってでも専門家の力を借りた方が楽で確実なのは間違いありません。

元本の減額ができる個人再生

任意整理と特定調停は利息カットによる減額はできても、元本自体の減額はできません。しかしながら、個人再生であれば最大5分の1まで借金を減額する事が可能となります。これだけ減額ができれば、完済も夢ではなくなる事でしょう。

しかし、減額後の債務は基本的に3年以内、最大でも5年以内の返済が義務づけられるため、現在安定した収入がないという方は個人再生の利用はできませんので注意が必要です。また住宅ローン特別条項というものを利用する事で、住宅ローンを返済中の自宅を手放す必要がないというのも大きな特徴の一つです。

耳にした事がある人も多いであろう自己破産

自己破産という言葉自体は耳にした事がある方も多いでしょう。自己破産は債務整理の中でも最も減額効果は大きいです。なにせ借金をゼロにできるのですから、これ以上に減額効果の高い債務整理はありません。しかしながら、財産は差し押さえられます。

最低限生活に必要な家具や家電、衣類などは残す事ができ、現金も99万円以下なら持つ事ができます。このようなデメリットもあるものの、借金をなくし人生の再スタートができるという点では、必要な時には意地やプライドは捨ててでも頼るべき救済措置であると言えるでしょう。

自分にあった債務整理を選ぼう

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

債務整理をする時には自分にあった方法で行わないといけません。素人による判断は難しい事も多いでしょうから、弁護士などの専門家に実際に相談をする事をおすすめ致します。無料相談を設けている弁護士事務所も数多くあり、そういったものを利用すれば損なく借金問題を解決に近づける事ができるでしょう。

借金があり返済を滞納してしまっている、もうこれ以上自力で借金を返済するのが不可能という方は、ここまで説明してきた事を参考にし自分にあう債務整理を行ってください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!