債務整理費用の支払いは本当にできるもの?気になる疑問を解決

MENU

CLOSE

債務整理費用の支払いは本当にできるもの?気になる疑問を解決

債務整理をするにはお金がかかるが多くの人が支払っている

2b0297412c20056839c741bf2d396380_s

債務整理というのは無料でできるものではありません。債務整理をする事で借金問題を解決できる人は少なくありませんが、同時に弁護士費用の支払いが発生するために、利用を躊躇するという方は少なくないでしょう。

そもそもお金がなくて借金をしていて、さらにお金がないためにその借金の返済で苦しんでいるような状態です。そこで債務整理をして弁護士費用を支払う事ができるのか疑問に思うのも無理はないと言えるでしょう。

しかしながら、事実多くの借金問題を抱える人が債務整理をしてその弁護士費用をしっかりと支払い人生を再スタートさせる事に成功しています。もちろん簡単ではないかもしれませんが、債務整理費用は努力次第で支払う事ができると考えられます。

不毛な借金の返済に追われ続けるよりも、債務整理をしてまずは膨らむ借金をリセットし、その上で弁護士費用を支払っていくという方が良いという方は多いはずです。現在仕事があり収入があるという方は、弁護士費用も捻出できる可能性は高いです。

債務整理の弁護士費用とその支払いについて

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

弁護士費用は債務整理ごとに異なる

弁護士費用は債務整理の内容によっていくらになるのか異なります。また事務所や弁護士によっても多少の差は出てきますから、その点も考慮して弁護士や事務所は選ばないといけません。

弁護士の費用は大きく分けると着手金と報酬金と手数料となっており、例えば任意整理であれば着手金で3万円前後、成功報酬として減額した金額より10%程度が加算されます。過払い金請求の場合には成功報酬は20%から25%ですが、これは戻ってきた過払い金から支払えるため実質負担はありません。

過払い金に関しては取り戻さないでいるとそのまま損となりますので、是非手続きをして取り戻す事をおすすめします。個人再生や自己破産など借金の減額率が高くなる程その費用は高くなる傾向にあり、30万円前後の費用がかかるケースもあります。

かなり高額に感じる人も多いでしょうが、それでも例えば借金が5分の1まで減らせる、借金が帳消しになるというメリットがあるのでやった方が得をするという人も少なくありません。

弁護士費用の支払いは分割や後払い可能

債務整理をした費用というのは、基本的に分割をして徐々に支払いをしたり、後払いにも対応してくれています。弁護士も債務整理はお金がない債務者が行うものであるという事はわかっています。なので高額な費用を一括請求するような事はしません。

弁護士費用の場合利息もつきませんから、分割で支払えるとなれば利用をしたいと思う人も多く出てくるのではないでしょうか。借金を返すよりも、弁護士費用を分割で支払った方が楽であるケースは多いです。

弁護士費用の支払いと残った債務の返済

債務整理の後には弁護士費用の支払いはもちろん、残った債務の返済も残っています。こちらの返済に関しては滞納をしてしまうと、せっかくの債務整理で和解をした内容が無効になる危険性があるのでその点は十分気をつけるようにしましょう。

債務整理を検討する時には、自分の現在の収入と弁護士費用、そして残り債務の返済を考え計画的に行わないといけません。自分が今の状況で債務整理をした方が良いのか、債務整理をして債務の返済と弁護士への支払いが可能なのかどうか、実際に弁護士の無料相談を利用して相談してみるようにしましょう。

弁護士も鬼ではありませんから、債務整理をしない方が良いのにした方が良い、支払いが困難なのが目に見えているのに債務整理を進める、なんていう事はまずしません。どうしたら一番借金解決に繋がり、相談者にメリットがあるのかをしっかりと考えてくれるはずです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!