債務整理はどの段階で行うべき?知っておきたいそのタイミング

MENU

CLOSE

債務整理はどの段階で行うべき?知っておきたいそのタイミング

小額の借金で気軽に債務整理すべきではない

a6ed39365e0581548589801665388e4f_s

債務整理というのは法的に借金問題を解決できる手段の一つであり、実際に多くの人が弁護士などに依頼をして債務整理をし借金を完済してきました。今はカードローンやクレジットカードなどで学生のうちからキャッシングができる時代です。

そのため、多くの人が借金問題を抱えていると言えるでしょう。そんな中、返済の負担を軽くするために債務整理に興味をお持ちの人も大勢いらっしゃるはずです。ただ、小額の借金にも関わらず気軽に債務整理をしてしまうという事はおすすめできません。なぜなら、債務整理にはデメリットもあるためです。

その債務整理のデメリットというのは、費用がかかる事、そして信用情報に残るという事です。これらのデメリット以上にメリットが大きい場合のみ、債務整理をするべきだと考えられます。

また反対に、本当は債務整理をすべきところまできているのに、なかなか踏み出さないというのも問題です。どのくらいの借金があれば債務整理をすべきなのか、どのタイミングで債務整理はした方が良いのかという事は素人には判断しにくいと考えられます。

しかしながらその債務整理のタイミングというのはとても大切になるので、現在自分が債務整理をすべきタイミングなのかどうかという事は常に意識をし、必要であれば実際に弁護士に相談をして意見を貰うようにしましょう。

債務整理をすべきだいたいの目安

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

過払い金請求の場合は借金を完済していればすぐにでも

現在の借金においては過払い金というものは発生しませんが、過去に借金をしていたそれを既に完済している場合、その過去の借金について過払い金が発生している可能性があります。

過払い金請求は時効が10年なので、完済した借金があるという方はすぐにでも手続きをするようにしましょう。また、過去に借金をしてそれを現在も支払い続けているという場合、その借金を完済したらすぐに過払い金請求の手続きを行ってください。

費用も戻ってきたお金の中から支払えるため用意する必要はありませんし、信用情報に記録が残るというデメリットもありません。なので比較的気軽に手続きはできると言えるでしょう。

任意整理も比較的気軽にできる

任意整理の場合信用情報に記録は残ってしまうものの、費用が数万円ですむという事で、返済がキツくなってきたタイミングで比較的気軽にできます。任意整理でできるのは利息のカットのみなので、利息カットで得られるメリットとかかる費用やデメリットを天秤にかける必要はあります。

比較的債務の金額が大きくなく、利息がカットされれば自分で返済を行っていけるという場合には利用をしてみてはいかがでしょうか。ただし任意整理の後の返済期限は数年以内になるという事もあわせて覚えておきましょう。

また任意整理と内容はほとんど同じで自分で裁判所を通してできる債務整理に特定調停というものがあります。費用を節約したいという方は、そちらも検討してみましょう。

個人再生のタイミング

個人再生は500万円以下であれば100万円に、500万円以上債務がある人はその債務を5分の1にできます。この金額からわかるように、個人再生をすべきタイミングは借金が100万円以上にふくらみ自力での返済が不可能と判断された時です。

また個人再生は最長でも5年間の間に残りの債務の返済を行わないといけませんから、100万円以上の比較的大きい金額の債務と安定収入があり、これ以上返済をしても完済できないと思ったタイミングで検討しましょう。個人再生をしても返済を滞納してしまうと無効になる危険性があるという事もあわせて覚えておきましょう。

自己破産のタイミング

自己破産というのは借金をなしにできる最終手段です。世間的なイメージもあまり良くないという事で、自己破産だけはしたくないと考える人も少なくありません。しかし、自己破産はだいたい給料の3倍の債務を抱えてしまうと圏内に入ります。

この事を考慮し、給料の3倍程度の借金があり安定した収入もなく完済が著しく難しい、そういったタイミングで自己破産は行うようになさってください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!