債務整理の弁護士費用はどのくらい?費用の種類と相場をご紹介

MENU

CLOSE

債務整理の弁護士費用はどのくらい?費用の種類と相場をご紹介

弁護士費用の種類に関して

ccac6fdf006dc3c172d393304425530a_s

借金問題でお悩みの方で、今後債務整理をしようか検討中の方は少なくないでしょう。しかしながら、ネックになるのが弁護士費用です。弁護士費用には複数の種類があり、弁護士を利用した事がない人にとっては非常にわかりにくく複雑です。

そこの費用の部分が明確にわからないと、債務整理をしたいと思ってもなかなか手を出す事ができないのではないでしょうか。借金解決のために債務整理をしたいとお考えになっている方々は、まずは弁護士費用の種類と債務整理の方法ごとにかかる費用の相場について知るようにしましょう。

そうすれば、自分が債務整理すべきなのかどうか判断がつきやすくなります。借金問題を抱えている状態というのは、決してお金に余裕がある状態ではありません。なので闇雲に何にいくらかかるのかもわからずに、とりあえず債務整理をしようなんて思えないはずです。

しっかりと費用の内訳を理解し、それに納得をした上で債務整理を利用しましょう。弁護士費用の種類は大きく分けて依頼の際に成功失敗に関わらず支払う着手金、問題解決の程度により支払う事になる報酬金、事務処理経費にあたる手数料などです。

過払い金請求の場合には過払い金返還報酬金というものも必要になりますし、場合によってはもっと種類が増える事もあります。また依頼をする弁護士事務所によって着手金はなしで良いという場合もあります。

ここで紹介をしたものはよくある費用の例として覚えておいて損はありませんが、実際に債務整理を依頼するとなったら詳しい費用の内訳は相談時などに確認が必要となります。また債務整理にかかる費用は多くの場合分割が可能で、且つ後払いに対応してくれるケースも多いです。なのでその点に関しては安心だと言えるのではないでしょうか。

債務整理ごとの費用相場

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

任意整理の相場

任意整理は債務整理の中でも比較的費用は安く、一社につき着手金が3万円前後である事が多いです。そして成功報酬としては、減額された債務金額の10%が相場となります。

任意整理の場合には、着手金なしで成功報酬のみで依頼を受けてくれる弁護士事務所もあるので、比較的手軽にできる債務整理であると言えるでしょう。ただし任意整理後に滞納をしてしまうとせっかくの和解内容が無効になるので、気軽にできたからとその後気を緩めてしまわずにしっかりと返済をしていくようにしましょう。

過払い金請求の相場

過払い金請求では一社につき着手金が4万円前後、事業者や法人であればもっと高額で数十万円程度かかります。そして成功報酬は和解で20%、訴訟で25%とされています。過払い金請求の場合には返還されたお金から弁護士費用は支払う事ができますから、基本的にやった方がお得です。

やらなければ払わなくて良いお金が払ったままになるので、実質損だと言えるでしょう。過払い金請求ではその他の債務整理のように信用に傷がつくような事もありませんから、過払い金があるかもしれないという方は相談だけでもしてみるようにしましょう。

個人再生の相場

個人再生は減額率が高い分弁護士費用も高額になってきます。着手金はだいたい30万円前後で、成功報酬は減額金額の10%から20%が相場です。

この費用だけ見ると躊躇してしまう人も多いでしょうが、個人再生は500万円以下の借金は100万円に、500万円以上では5分の1の金額まで減額してもらう事ができます。このメリットの大きさを考えれば、弁護士費用を分割で支払ってでも債務整理する価値は十分あると言えるでしょう。

自己破産の相場

自己破産は自分で全ての手続きを行えば数万円でできてしまいます。しかし弁護士に依頼をするとなると、着手金で20万円以上、成功報酬でさらに同じくらいかかります。

自己破産まで必要となると、分割や後払いが可能でもこれだけのお金を用意するのは大変という方は多いでしょう。時間や気力がある方は、お金をかけずに自分で手続きをするというのも一つの手です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!