債務整理するための弁護士選びが分からないなら、この方法!

MENU

CLOSE

債務整理するための弁護士選びが分からないなら、この方法!

債務整理で借金の悩みを解決させませんか?

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

債務整理という手続きがあります。債務整理は借金を減らすことができるので、お金の悩みを解決させるのにうってつけです。

  • 金利を免除してもらったり
  • 半分以上借金を減らすことができたり
  • 借金がチャラになったり

メリットがたくさんあります。

弁護士の選び方に関するメリットとデメリットを覚えておこう

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

債務整理の相談をするには、弁護士選びからスタートさせなければいけません。だけど、弁護士の選び方に長けている一般人はなかなかいませんよね。だから、どんな弁護士の選び方があるのか、把握しておきましょう。それにまつわる、メリットとデメリットも取り上げていきたいと思います。

知人に紹介してもらう

弁護士に詳しい知人がいるのであれば、紹介してもらいましょう。知人に紹介してもらう際のメリットは

  • 自分で探す手間が省ける
  • 口コミで弁護士の評判がわかる

などです。知人に紹介してもらう際のデメリットは

  • 知人に借金がばれてしまう(借金していることを内緒にしている場合)
  • 知人に紹介してもらうと、「弁護士を変更したいな」と思っても変更しづらい

市役所の市民相談を利用する

市役所は、定期的に市民相談会を開いています。そこには弁護士が参加しているので、債務整理の相談をすることができるのです。市民相談会を利用する際のメリットは

  • 無料で相談に乗ってくれることが多い
  • 市役所だから足を運びやすい(法律事務所は、敷居が高い印象があるので、足を運びにくいと思っている人が多いです)
  • 市役所が相談会を開いているので安心感がある

市民相談会を利用する際のデメリットは

  • 相談時間が限られている
  • 日時が限定されている
  • 必ずしも債務整理に詳しい弁護士が参加しているとは限らない

弁護士会の相談会

弁護士会というものがあり、相談会を開いている場合があります。弁護士会の相談会を利用する際のメリットは

  • 弁護士会が開催しているので安心感がある

弁護士会の相談会を利用する際のデメリットは

  • 必ずしも債務整理に詳しい弁護士が対応してくれるとは限らない
  • 地域によって、日時の概要がかなり異なる

法テラスを利用する

法テラスというのは、弁護士を紹介してくれる窓口のようなものです。法テラスを利用する際のメリットは

  • 国が実施しているため信頼感がある
  • 弁護士費用を一時的に立て替えてくれるケースがある(ただし、後に変換する必要があります)

法テラスを利用する際のデメリットは

  • 「弁護士を紹介してくれる」だけなので、どんな弁護士なのか?までは、詳細が分かるとは限らない

自分で探す

上記に挙げた探し方がうまくいかなかった場合には、自分で探してみるしかありません。自分で探す場合のメリットは

  • 好きな弁護士を自由に選ぶことができる
  • ウェブサイトを利用すれば、所属している弁護士の詳細をチェックできる場合がある

自分で探す場合のデメリットは

  • 弁護士の良し悪しを自分で判断するのが難しい場合がある
  • 探すための時間がかかる

弁護士を探す時に気をつけておきたいポイント

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

上記で紹介したような探し方をする時には、次に紹介するようなポイントに気をつけながら弁護士探しをしてみましょう。そうすれば失敗が少なくなるはずです。

大きな事務所であるか?

良い債務整理をしてくれるかどうかは、必ずしも事務所の大きさが関係しているわけではありませんが、意識しておきたいポイントです。どうしてかというと、弁護士の在籍数に違いがあるからです。小さな事務所の場合は、在籍している弁護士の数が少ないですから、依頼人一人一人に割ける時間がある程度限られてきます。

それに、在籍している弁護士が、必ずしも債務整理を強みにしているとは限りません。大きな事務所の場合は、在籍している弁護士の数が多いので、依頼人一人一人に割ける時間が大きいのです。また、

  • 交通事故を得意にしている弁護士がいたり
  • 債務整理を得意にしている弁護士がいたり
  • 離離婚問題を得意にしている弁護士がいたり

弁護士のジャンルが幅広いので、自分の相談内容に適した弁護士を見つけることができます。

通いやすい場所にある事務所

法律相談は、電話やメールで受け付けてくれる事務所も多いのですが、それはあくまでも「相談」の段階です。「依頼契約」をする時には、直接対面しなければいけないという決まりがあります。これは、日本弁護士連合会によって正式に決められているルールです。そのため、通いやすい場所にある事務所を探すというのは大事です。

「通いやすい」というのは、必ずしも近所にあるということではなく、ランドマークの近くにある事務所だったり、交通機関が優れている場所にある事務所という意味です。周囲の人間に借金を秘密にしている場合は、近所の事務所に出入りしていると、もしかしたら借金を知られてしまう恐れがあるかもしれません。注意しておきましょう。

債務整理に関するウェブサイトが充実しているか?

債務整理を得意にしている事務所は、債務整理に関するウェブサイトが充実しているはずです。例えば、「債務整理のウェブサイトよりも、離婚問題に関するウェブサイトの割合の方が大きい」事務所があった場合は、離婚問題の方を得意にしているということになります。ですから、相談してみたいと思った事務所があった場合には、「任意整理に割いている割合が一番多いウェブサイトである」ことを確認してください。

弁護士費用がはっきりしている

債務整理の相談を躊躇している債務者のほとんどは、弁護士費用を心配している傾向にあります。弁護士費用は、債務者にとっては安くはありませんから、費用の確認ははっきりさせておきたいポイントです。依頼者の立場に立ってくれる事務所は、弁護士費用を明確にしてくれます。ウェブサイト上で確認するのも良いですし、直接対面して確認するのも良いでしょう。

債務整理の依頼をする時に用意しておきたいもの

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

債務整理の依頼をスムーズに進めるのであれば、手ぶらで足を運ぶのは好ましくありません。必ず必要というわけではないのですが、できれば、次に紹介するようなアイテムを持参するようにしてください。

身分証明書

本人であることが分かるような身分証明書を持参しましょう。保険証やマイナンバーカードでも構いませんが、顔写真が掲載されている方が好ましいので、パスポートや運転免許証が理想的です。

債権者からの借入明細

債権者からの借入明細があれば、どのくらい借金しているのかが一目瞭然です。借入明細を保管していない債務者もいると思うので、必ずしも必要というわけではありませんが、あるに越したことはありません。

分かる範囲で大丈夫なので、用意するようにしましょう。借入明細だけではなく、契約書があればそれも持参するべきです。多数の債権者から借り入れしている場合には、債権者の数だけ必要書類を用意するようにしましょう。

クレジットカード

借金している人達は、クレジットカードを持っているはず。債権者の数だけ全てのクレジットカードを持参しましょう。

印鑑

正式な依頼をする時に必要です。シャチハタはNGです。まれに、夫婦で債務整理の依頼に来る場合があります。その時には、夫婦でそれぞれ印鑑を用意する必要があるので意識しておいてください。

資産に関する書類

資産状況に合わせた債務整理の提案をすることがあるので、資産に関する書類も用意できるといいですね。

  • 不動産の登記簿
  • 生命保険証書
  • 退職金見込額

などがそれにあたります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!