債務整理は5つから選択可!適した債務整理を検討しよう

MENU

CLOSE

債務整理は5つから選択可!適した債務整理を検討しよう

借金で悩んでいる人たちが抱える共通の悩みとは?

2d156dca4991b3eead32f7dba7b507e3_s

借金でお悩みの人達は、世間の想像以上に多いものです。そんな債務者には、共通の悩みがあります。

  • 借金相談できる人がいない
  • 滞納による督促がとにかく厳しい
  • 知人に内緒にしているのがそろそろ厳しい
  • 借金返済のゴールが全く見えてこない

このような悩みを抱えながら生きていくというのはとても厳しいことです。

借金に悩んでいる人にオススメしたいのが債務整理

こんな借金から少しでも解放される対策が存在しています。それは、債務整理と言われる法的処置です。債務整理は、借金をしていない人でも知っているくらいテレビで頻繁に見かけます。今回は、そんな債務整理について説明していくことにしましょう。借金でお悩みの債務者は是非参考にしてみてくださいね!

債務整理の種類について勉強しよう

8a06a20de63baba87d35675f5d25f0e5_s

借金を減額させる方法は1つではありません。細く細分化していくと5つの方法に分けることができます。それは

  • 過払い金返還
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

の5種類です。債務者の状況によってどの債務整理を選択するべきなのか?は違ってきます。それぞれの債務整理についてもう少し触れて行くことにしましょう。

過払い金返還

利息制限法を超えた貸付を行っている時に、オーバーした利息を取り戻すことができる債務整理です。過払い金返還は裁判所の協力を必要とせず、債務者から依頼を受けた弁護士が、金融業者と直接示談交渉をして過払い金に応じてもらいます。弁護士のトークスキルや法律的知識に左右されると言っても過言ではありません。

任意整理

任意整理も、過払い金請求と同じく、裁判所を使わない制度です。したがって、弁護士と金融業者の直接交渉で解決していきます。任意整理の場合は、利息を免除してもらって、元金だけを返金できるようになります。任意整理は、140万円を超えない金額ならば、司法書士に依頼するという方法でも大丈夫です。弁護士と司法書士両方に相談をして、任せられそうな方に最終的に依頼するというスタイルでもいいかもしれません。

特定調停

特定調停は、弁護士に依頼をせず、債務者が個人で行うことも多いやり方です。もちろん弁護士に依頼してもOK。法律的な知識をそこまで必要としていませんから、債務者が自分でやれば費用を安く抑えられるというメリットがあるのです。

しかし、全ての手続きを自分で行わなければならないというデメリットがあります。特定調停は、裁判所を利用しなくてはなりませんので、何度も裁判所に通う必要があります。時間に余裕のある債務者じゃないと少し難しいかもしれませんね。

個人再生

個人再生は、抱えている借金を最大で1/5まで減額させることが可能な債務整理です(必ず1/5まで減額できるわけではありませんので、あしからず!)。任意再生や特定調停で処理できないの借金を整理したい場合に向いています。

後に紹介する自己破産のように、住宅などの財産を差し押さえられる心配がありませんので、住宅ローンは借金減額の対象外になります。個人再生の場合は、減額できた借金を3年で返済していくプランになっていますので、返済計画を建てられる収入がなければいけません。ですから、定職についているというのは必須条件です。

自己破産

自己破産の最大の特徴は、借金の返済を一切行わなくていいということです。その代わり、マイホームとか自動車といった高額な財産を差し押さえられてしまいます。無一文になるぐらいの覚悟が必要と言っても過言ではないでしょう。

自己破産を行うときに、差し押さえ対象が少ない債務者は、短い期間でやり取りを終えることができます。しかし、所有財産が多い場合には、手続きが長期化してしまいますから、弁護士に依頼をしていたとしても、なかなか骨の折れる作業です。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!