意外と知らない人が多い!債務整理をする時に注意した4つの事

MENU

CLOSE

意外と知らない人が多い!債務整理をする時に注意した4つの事

債務整理をして後悔をするケースも中にはある

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_s

基本的には債務整理で借金問題を解決し、借金に追われる人生から脱却できる人は多いです。しかしながら、中には債務整理をした事で後悔をしてしまうという人もいます。そういった人の多くは、予め債務整理のデメリットであったり注意点を知らずに債務整理をしてしまっています。

つまり、債務整理をする事で生じるデメリットであったり注意点を知って納得をした上で債務整理をすれば、後悔をしたり失敗をする事は回避可能です。今借金で苦しんでいて債務整理も検討しているという皆さんは、債務整理のメリットばかりを調べるのではなく、デメリットであったり注意点にもしっかりと意識を向けるようにしましょう。

そうしないと、せっかくお金と手間をかけて債務整理をしたのに後悔をしてしまう恐れがあります。また債務整理自体はうまくいっても、その後の返済に関して失敗をして台無しになってしまう事もあります。

債務整理をして一安心ではなく、その後の返済などに関する点もしっかりと見据えていかないといけません。ただし過払い金請求の場合には既に完済した借金が対象で、費用にしても返金されたお金から出す事ができ、さらに信用情報に登録もされないので積極的に弁護士に相談をしましょう。

債務整理で後悔や失敗をしないため抑えておきたいポイント

75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

弁護士事務所ごとに費用は異なる

債務整理の費用というのは、一律ではありません。どこでやってもらっても大差はないだろうと思って適当に弁護士や弁護士事務所または司法書士などを選んでしまうと大きな損をする可能性があります。

もちろん安ければ良いというものでもありませんが、やはり予めある程度弁護士は比較をして料金に納得をした上で債務整理をするにこした事はありません。特に予算があまり多くない方は、しっかりと料金の比較をした上で弁護士などを選ぶよう心がけてください。

債務整理をする事で人に迷惑がかかる事もある

個人再生や自己破産などをする事で、人に迷惑をかけるケースがあります。債務に保証人がついている場合、自分自身は借金の減額や帳消しができますが、保証人はその債務を一括返済しなくてはいけなくなります。

債務整理で減額や帳消ししなければやっていけない程の借金を、一括で保証人に背負わせるという事になってしまうのです。カードローンなど無担保保証人いらずの債務であれば問題ありませんが、保証人がついている場合には保証人に多大な迷惑をかけるので債務整理には必ず慎重にならないといけません。

債務整理の後はカード利用不可

債務整理の後には、信用情報に5年から10年記録が残ってしまうためにカードローンやクレジットカードなどのカード類の利用ができなくなります。ローンも審査に通りませんから、大きな買い物の際には非常に不便だと言えるでしょう。

また当然お金の借り入れもできません。これは債務整理で得る事ができるメリットと比べるとそこまで大きなデメリットであるとは言えませんが、事前に知っておかないと後悔の種になる可能性があります。

銀行の債務を債務整理すると銀行口座が凍結される

銀行からの借り入れに対して債務整理をすると、その銀行の口座は凍結されます。その他の銀行の口座は凍結されないので、凍結される口座の預金は多口座にうつし、また引落し先も凍結されない口座に手続きをしてうつしておくようにしましょう。これを怠ってしまうと、後で大変な思いをしてしまいます。

債務整理後の滞納には要注意

債務整理の後の債務を滞納してしまうと、最悪の場合和解内容が無効になり台無しになってしまいます。1度の滞納くらい大丈夫だろう、という軽い気持ちで滞納をしてしまわないように十分注意をしなくてはいけません。実際に1度滞納をしただけで即無効となる事は少ないものの、可能性はゼロではありません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!