債務整理って一体何?選べる3つの返済手段で対応していこう

MENU

CLOSE

債務整理って一体何?選べる3つの返済手段で対応していこう

最も利用される債務整理である任意整理について

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s

裁判所を介さずに行える債務整理の方法

任意整理というのは、お金の貸し手である債権者と借りた側の債務者が二者間合意することで、私的に借金の整理手続きを行うものです。裁判所を介することなく、あくまでも双方の話し合いという形が取られます。通常、債務者が弁護士などの法律の専門家に依頼をして債権者と交渉をし、借金の減額や今後の返済方法について相談を行います。

原則としては将来発生する利息と遅延損害金を全額カット、元本のみを3年かけて返済させていくことで和解を目指すものです。借金返済の意思はあるけれども金額が多くて返していくのが難しいという悩みを抱えているかたに適している手段になります。任意整理が可能なのは、

  • 計算し直した借金を3年で完済できる見込みがあるかた
  • 安定した収入を継続して得られる見込みがあるかた

これらに当てはまる場合に限りますので、収入のない場合や減額後の借金が予定通りに返済できそうにない場合には、他の債務整理の方法を相談していくことになります。

任意整理を選ぶメリット

任意整理を行っても、財産の処分を命じられたり特定の職業に就けなくなるような資格制限などは一切ありません。また、債権者と直接交渉をするものですから、裁判所を通す難しい手続きを踏まなくても比較的手軽に行えるというのがメリットになります。出頭も裁判所に出すための書類作成も必要ありませんから、債務整理の際にはまず一番初めに考慮される手段になります。

また、債務整理をする借入先を選べるというのも大きな利点です。保証人がいる借金に関しては手をつけずにこれまで通りに返済を続け、それ以外のものを任意整理する、といった方法を取れる柔軟性が魅力になっています。

覚えておきたい任意整理におけるデメリット

原則として元本は全額支払っていかなければなりませんので、他の債務整理に比べると返済額の大幅な減額は見込めません。また、信用情報機関に任意整理を行ったことが登録されますから、今後約5年は新たに借金をすることが難しくなります。

より多くの借金減額が期待できる民事再生について

9c96c68fba2fa5d56b5fe1119d3e9ea7_s

資産を残せる債務整理の方法

任意整理でできる引き直し計算をしてみても返済できそうにない借金が残ってしまっている、けれども自己破産は避けたい、そんな悩みを抱えている人に適しているのが民事再生です。地方裁判所に申し立てを行って再生計画を立てていくのですが、難しい手続きは弁護士に相談して解決していくことが可能になります。

また、基本的に民事再生の場合全ての借金をまとめて債務整理していくことになりますが、住宅ローンに関しては省くことができます。そのため、住宅等の資産は処分することなく借金の大幅減額ができるのが魅力です。民事再生を行えるのは、

  • 住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下であること
  • 返済期間中継続した収入が得られるかた

こうした場合です。原則として残った借金は3年間で分割払いをしていくことになります。

民事再生を選ぶメリット

民事再生の利点は任意整理に比べて大幅に借金を減らせることと、高価な財産の所持を維持できるというところです。返済義務はなくなりませんので立てた計画通りに借金を返していかなければなりませんが、任務整理同様に資格制限もつきませんし、周囲に債務整理が発覚することなく通常通りに変わらない生活を送ることができます。

民事再生におけるデメリット

対象外となる住宅ローンに関しては、返済期間の延長こそできますが一切の減額はありません。また、債務整理は全ての借入をまとめて行いますから、除外したい借入先が選べません。さらに信用情報機関には民事再生を行った事実が登録されますから、5年から10年程度の新規借り入れがしにくくなります。

借金返済義務から逃れられる自己破産について

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

借金を0にできる債務整理の方法

自己破産は返済額を計算し直して減額しても支払いが不可能な状態に至ってしまった場合、裁判所に認めてもらうことで法律上の返済義務を免れることができるという制度になります。原則としては自己破産をすれば全ての借金に対する支払い義務がなくなることになりますので、借金に追われずに今後の生活を立て直していくことが可能です。自己破産が利用できるのは以下の場合です。

  • 借金返済に充てられる財産がないかた
  • 金銭調達が難しいかた
  • 過去7年のうち免責を受けていないかた

自己破産を選ぶメリット

借金を支払わなくて済むようになりますから、督促などで精神的に追い込まれることもなく、今後得る収入は全て自分自身のために利用していくことができます。

弁護士に自己破産の相談をしようと考えるかたの多くが、見通しの悪い未来に絶望して最悪の選択を頭によぎらせた経験があるとされています。不安要素が解消することで生活を新たにしていけますから、将来のことを前向きに考えていくことができるというのが良いところです。

リスクも大きくなる自己破産のデメリット

借金を帳消しにする代わりに、一定額以上の財産はすべて処分されることになります。原則として所持できるのは20万円までの財産と現金99万円以下です。しかし、生活に必要となる財産は持つことができるため、生きていくのに困窮する事態にはなりません。

また、自己破産手続き中は特定の資格が必要となる職業に就けなくなりますので注意しなければなりません。当然信用情報機関にも登録されますから、5年から7年程度は新しい借金を制限されることになります。

債務整理をお願いする弁護士事務所の選びかた

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

債務整理の実績がある弁護士事務所に依頼しよう

借金の整理を考えたとき、多くの場合は効率的にかつ条件のいい手続きが進められるように法律の専門家である弁護士に相談をします。ですから、どういった事務所に依頼をするのかは非常に重要なポイントです。確認しておきたい点は、

  • 債務整理を得意分野としている事務所であるか
  • 弁護士費用が明確になっているか
  • 報酬などの相場が適切なものであるか

こういったところになります。まずはインターネットを利用して最寄の弁護士の情報を集めたり、市町村が実施している相談会に参加してみるのがおすすめです。また、弁護士事務所の目星が付いたら連絡をし、実際に依頼する前に無料相談で話を聞いてみるといいでしょう。よくある弁護士選びの失敗例としては、

  • 依頼をした後の連絡が遅いまたは来ない
  • 話に聞いていない多額の報酬を請求される
  • 確認したいことがあるのになかなか電話が繋がらない

といったことが挙げられます。事前にできる限り弁護士事務所のことを調べて、口コミなどの評判を見ておくようにしてください。適切な事務所を選べなければせっかくの債務整理がスムーズに進まず、ますます借金返済が滞っていってしまいます。

アフターフォローも万全な事務所がおすすめ

債務整理の手続きの完了後、なるべくアフターフォローが充実している事務所を選ぶのがおすすめです。特に任意整理や民事再生では数年かけて借金を返済していくことになりますから、途中で何かしらのトラブルが生じないとも限りません。何かあった際に頼ることができる弁護士がいるということは大変心強いものになります。前もって必ず手続きが終わった後にどういう対応をしてもらえるのか確かめておいてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!