便利なリボルビング払い。でも、それが借金の入り口になる?

MENU

CLOSE

便利なリボルビング払い。でも、それが借金の入り口になる?

借金をするときの落とし穴!リボルビング払いについて

75f55d20aa45e6b5ead1f10f2b6ced7b_s

借金というのは意外と簡単にできてしまうものです。クレジットカードの発行もそこまで難しいものではないですから、簡単にキャッシングしたり、ショッピング払いしている人も多いと思います。

この時にリボルビング払いを選択している人も多いのではないでしょうか?リボルビング払いは、毎月の返済金額を自分のお財布事情に合わせて設定できますからとても便利な機能です。しかし、ここに借金の落とし穴があります!リボルビング払いは計画的に活用しないと、いずれ債務整理しなければならない問題に発展するかもしれないのです。

手数料に要注意

クレジットカードを利用した後の支払い方法は、

  • ボーナス一括払い
  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い

4つの中から選べるようになっています。一括払いとボーナス一括払いは、特に手数料がかからないですからスマートに返済を終えることができます。ところが、リボルビング払いと分割払いに関しては手数料がかかるようになっているのです。

しかもその金利手数料は約15%!これはなかなかの金利手数料ですよね。そのため、元金とは裏腹に返済が長引いてしまう債務者も多いのです。

クレジットカード会社はリボルビング払いで稼いでいる

先ほども説明したように、リボルビング払いは金利手数料がかかるため、返済が長期化しやすいスタイルです。クレジットカード会社からすると、債務者にリボルビング払いを選んでもらった方が稼げるので、好都合ということになります。

よく、クレジットカード会社がキャンペーンを行っているのを見かけますが、それは新規のお客さんをゲットすれば、、リボルビング払いを利用してもらえる可能性が高いからです。クレジットカード会社のこの辺りの思惑をよく理解した上でリボルビング払いを使うようにしましょう。

返済が厳しくなったらいよいよ債務整理を考えるタイミングかもしれません

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

クレジットカードを利用した分割払いとかリボルビング払いは、借金しているという意識が薄いようです。しかし、これはれっきとした借金です。ですから、あまり意識していないところで借金している人が多いということになります。

毎月の返済が厳しくなってくると、滞納しかける月もあるでしょう。そうするとクレジットカード会社から督促の連絡が入ってきます。この状況になってしまったらいよいよ債務整理を考えるべきかもしれません。

借金を減額できる債務整理

借金を減額できる制度は債務整理しかありません。それはクレジットカードを利用したリボルビング払いも同じくです。債務整理は4種類存在しています。

  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い金請求
  • 任意整理

まずは任意整理から検討してみましょう

この4つの債務整理の中で手軽にスタートできるのは任意整理だと思います。任意整理は、あまり大きな金額ではない借金に有効です。リボルビング払いの場合は、極端に高額な借金はしていないケースが多いですから、任意整理はぴったりだと言えるでしょう。

弁護士に協力を仰げば比較的簡単に解決することができます。元本だけの返済プランになるので、利息をカットすることができるのです。リボルビング払いは金利手数料が高額だというところがネックだから、これは助かります。

任意整理で解決できない場合は個人再生か自己破産

どうしても任意整理で解決が難しい借金の場合は、個人再生か自己破産を選ぶことになると思います。自己破産は借金の返済責任がなくなるので借金をチャラにすることができるのですが、デメリットがあまりにもたくさんあるのでお勧めできる方法ではありません。なるべくならば個人再生を選択して自力で借金を返済するべきです。弁護士とよく相談しましょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!