どの債務整理を選べば良い?自分が行うべき債務整理とは

MENU

CLOSE

どの債務整理を選べば良い?自分が行うべき債務整理とは

2006年以前から借金をしている

e1943564da8c59c251b0311afac0d519_s

2006年より前から、長きに渡って借金をしているという人に適する債務整理は、過払い金請求です。過払い金請求は借金をしている人が、払い過ぎた利子を取り戻すことができる債務整理なのですが、2006年以前から借金をしている人は、過払い金が発生している可能性が高く、借金の額が多ければ多いほど、期間が長ければ長いほど、過払い金の額は多くなるので、当てはまる人は請求を行いましょう。

また、すでに返済しているという人も、返済が完了してから10年以内であれば、過払い金請求を行うことができます。今はお金に困っていなくても、お金をもらえる権利がありますし、もらって無駄になるものではないので、この機会に弁護士に相談してみましょう。

2006年以降の借金には発生しない

過払い金は借金をしている人、全てに発生するものだと勘違いしている人が多くいますが、そうではありません。過払い金は2006年以前に、消費者金融が違法な金利で利子を請求していたからこそ、発生したものなのです。

20%を超える利子が違法な利子なのですが、2006年以降からは、そのような利子での契約はされなくなったので、それ以降に借金をした人は、可能性としてはかなり低くなります。ただ、2006年以降に借金をしていたとしても、金利が20%を超えているのであれば、過払い金が発生するので、弁護士に相談してみましょう。

信用情報が傷つく可能性

過払い金請求を行うと、条件次第では信用情報が傷つく可能性があります。信用情報が傷つくと、消費者金融での借金を五年間、できなくなってしまうため、それが嫌だという人は、過払い金請求は行わないほうが良いです。信用情報が傷つく条件ですが、過払い金請求を行った際に、その金額で借金を全て返済することができれば、信用情報は傷つきません。

また、過払い金が借金額に足りなくても、残りの借金を一括返済すれば、同じく信用情報は傷つかないので、どうしてもそうなりたくないという人は、過払い金請求とともに、一括返済できるお金を貯めてから、請求を行うようにしましょう。こうすることで、信用情報を傷つけずに、過払い金請求を行うことができます。

利子さえなければ借金返済ができる

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

借金を返済するのが金銭的にきついという人は、任意整理でなんとかできる可能性があります。ある程度収入があり、利子の支払いさえなくなれば、少しずつでも返済できるということであれば、任意整理が一番適した債務整理となるのです。

任意整理は、消費者金融と和解して、利子の支払いを無しにしてもらう債務整理です。民事再生や自己破産のように、裁判所の認定は必要ありませんので、気軽に行うことができます。とにかく利子をなんとかしたいという人は、任意整理を選びましょう。

弁護士に相談するべき

たまに任意整理を弁護士に頼らず、自分でやろうとする人がいます。しかし、このようなことはやめておいたほうが良いです。任意整理の際には、それ相応の専門知識が必要となり、消費者金融の人間とも話し合わなければなりません。それを素人ができるほど甘い物ではないです。消費者金融の人間も素人が相手だと、任意整理に応じてくれない場合もあります。時間の無駄ですので、最初から弁護士に相談するようにしましょう。

信用情報は傷つく

任意整理を行うと、確実に信用情報が傷つくことになります。任意整理と同時に、借金を一括返済できれば、信用情報が傷つくことはありませんが、任意整理を行う金銭状況では、そのようなことをするのは難しいでしょう。そのため、どうしても信用情報を傷つけたくないという人は、任意整理を諦めるべきです。借金の返済を楽にするか、信用情報を守るか、どちらかを選びましょう。自分の生活や家族のことを守りたいのであれば、任意整理を行うべきです。

収入はあるが借金を全額返済できそうにない

f002ae1a08cef216dee5c880bce4c49b_s

ある程度の収入はあるが、たとえ利子がなくなったとしても、全ての借金を今後、返済できそうにないという場合、民事再生を行うべきです。民事再生は借金の額を減額してもらうことができる債務整理ですので、借金額が多い人が行うべき債務整理となっています。

任意整理とどちらを行うべきかは大きな悩みですが、借金の総額が多過ぎて、全てを返済できそうにない、または数十年という月日がかかってしまうという場合は、民事再生を行ったほうが良いです。ちなみに、民事再生により減額された借金は、三年間、分割で返済しなければならないので、そこも考慮しておきましょう。

減額できる額は?

民事再生で減額できる額は、借金の総額や所有している財産によって変わります。ただ、借金の五分の四を減額してもらい、残りの五分の一を分割で支払っていくというのが一般的です。3000万円以上の借金の場合は十分の一になることもあります。かなり大きな額ですので、借金の悩みは一気に吹き飛ぶでしょう。民事再生の一番のメリットは減額できる額が大きいということです。

財産を手放さないで済む

自己破産と混同してしまい、民事再生でも財産を差し押さえされてしまうと勘違いしている人がいますが、民事再生の場合、財産を差し押さえられることはありません。大切な家を保有したまま、借金を減らすことができるというのが、民事再生の最大の強みなのです。ただ、住宅ローンはしっかりと支払わなければなりません。消費者金融の借金と同時に、住宅ローンも減額できるというわけではないので注意しておきましょう。

官報に名前が載る

自己破産もそうなのですが、民事再生をすると、官報に名前が出ることになります。官報とは、国が発行している情報誌のことです。主に、法律のことや裁判の記録というような情報が掲載されているのですが、そこに自分の名前が記載されてしまうことになるのです。

ただ、官報に名前が載っても、それほど不都合はありません。その存在を知らないという人も多いほど、官報を熱心に読んでいる人はほとんどいないからです。絶対にないとは言えませんが、それにより自己破産をしたことが知られたくない人にばれることは少ないでしょう。

借金をどうやっても返済できそうにない

c13994f3b2ce5440b9fdcaffecb7d398_s

どれだけ頑張っても、借金を返済できそうにないという人は、自己破産をするべきです。債務整理の中で自己破産を行うのは最終手段となりますが、それで人生をやり直すことができるのであれば、これを選ぶしかありません。数億円という借金を抱え、収入もそれほど見込めないという場合、どうあがいても借金を返済することはできないでしょう。そのような人は、自己破産をして、新たな一歩を踏み出しましょう。

財産をほとんど失う

自己破産と民事再生の一番の違いは、財産を失うという点です。家や車のような、20万円以上の財産は、全て差し押さえられることになります。そのため、自己破産を行う際には、そのことも覚悟した上で行わなければなりません。ただし、家具のような生活する上で必要なものは、差し押さえられないので安心してください。

返済義務がなくなる

自己破産の良いところは、借金の返済義務がなくなるというところです。民事再生の場合は、一部の借金を返済しなければなりませんが、自己破産の場合は財産を失う代わりに、一部を除いたほとんどの借金に対する返済義務がなくなります。そのため、全てをゼロにすることができ、新たな人生をスタートすることができるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!