債務整理の基礎知識!任意整理を行う際の手続きの流れとは?

MENU

CLOSE

債務整理の基礎知識!任意整理を行う際の手続きの流れとは?

知っておくと役立つ債務整理の基礎知識!

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_s

債務整理というものは、自己破産や任意整理、個人再生、過払い金返還請求と言ったさまざまなものがあり、借金の返済ができなくなった人が、法的処置により借金を返済しやすくする方法です。今回は、中でも特に知っておきたい自己破産と任意整理のそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどについて見ていくことにしましょう。

自己破産の特徴とメリット・デメリット!

自己破産は、多額の借金を抱えてしまいどうにもならなくなった人が、人生の再スタートを切ることができる債務整理です。この自己破産の最大のメリットは、借金をゼロにできることです。そのため、今まで借金で首が回らなかった人も、人生を一からやり直すチャンスとなるのです。自己破産にはこのようなメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

デメリットについては、所有している大きな財産である持家や、マンション、自家用車、貴金属類、美術品などの高額な資産については、差し押さえられることになります。さらに、自己破産から数年間は、新しくクレジットカードを作ることができません。また、新たな借り入れをすることなどもできません。

そして、職業によっては、一定期間その職に就くことができない可能性もあります。自己破産は借金が帳消しになるというメリットばかりが強調されがちですが、デメリットを考慮した場合には、債務整理の中でも一番大きなダメージを受けてしまうことも覚悟しておかなければなりません。

しかし、中には、今後生活していくにあたり、あまり支障をきたさないという人もいます。それは、自己破産の情報は、プライバシーの保護により徹底的に伏せられるため、金融機関などでローンを組むようなことがなければ、自己破産を行ったという情報を知られることはまずありません。さらに、持ち家や土地、車などの資産がなければ、差し押さえなどもありません。

いくら財産を差し押さえられると言っても、少額のものであれば手元に残すことができる上、生活必需品や最低限の生活費などについては保護されます。また、自己破産した場合は、官報と呼ばれる国の情報でも共有されますが、一般人でそれを目にする機会はほぼないと言っていいでしょう。自己破産は、その人の現在の生活や置かれている状況、職業などにより、有利にも不利にも働くと言えます。

任意整理の特徴とメリット・デメリット!

任意整理とは、話し合いにより借金を整理する方法です。そのため、裁判所を通さずに、貸金業者と直接交渉していくことになります。しかし、任意整理を行うには、法律の専門知識が必要になるため、弁護士に依頼する人が大多数です。弁護士に依頼した場合は弁護士が依頼者の代理人となり、貸金業者側に対し、借金の返済ができるように借金の減額や支払期間の延長などを交渉していきます。

そして、両者の間で和解が成立すると、今ある借金をかなり減額することができたり、支払期間を延長してもらったり、今後の利息をカットしてもらえたりします。この任意整理は、家族に内緒で借金を作ってしまった人でも、家族には知られることなく行えるくらい手軽な債務整理です。また、任意整理は、官報には記載されることはありません。

そして、職業制限も受けないのがメリットと言えます。任意整理は、債務整理の中でも一番ハードルが低いため、債務整理を検討している人は、任意整理を考える人も多くいます。デメリットについては、信用情報機関に事故情報が約5年間登録されることになり、その期間は新たな借金をすることや、クレジットカードを作ることは難しくなります。

法律事務所での任意整理の手続きについて!

de5bb9d60744a05ca0a57e4673a2fcc5_s

債務整理について法律事務所に相談したくても、初めての場合、一体どのような手続きを行っていくのか不安に感じている人も多いでしょう。そのため、法律事務所に任意整理を依頼する場合について、どのような手続きの流れになっているのかを知っておくと安心できます。

任意整理の手続きの流れとは?

任意整理の主な手続きの流れについては、以下の通りです。

  • 任意整理の相談と依頼!

任意整理の相談をして依頼すると、この段階ですぐに弁護士が介入したことを知らせるための受任通知を貸金業者側に発送します。これを持って、以後の借金の返済や取り立てなどもストップすることができます。そのため、日々の借金の取り立ての悩みからも解放されることになります。

  • 利息制限法の上限金利への引き直し計算を行う!

取引履歴の開示請求を行い、貸金業者から開示された取引履歴を元に、上限金利である15〜20%に基づく引き直し計算を行い、借金額を確定します。但し、貸金業者から取引履歴が開示されるまでに、受任から約1〜3ヵ月程見ておく必要があります。そして、引き直し計算を行い、もし、過払い金が発生している場合には,貸金業者に過払い金の返還請求を行うことができます。

  • 弁護士から債権者へ和解案の提示をする!

引き直し計算の結果、算出された借金の元本を基準にして、月々の返済額や返済期間について和解案を作成し、依頼者に確認し承諾した段階で貸金業者側に提示します。

  • 和解交渉を行う!

弁護士は、和解案を元に、貸金業者側と和解内容について交渉を重ねていきます。

  • 和解確定後に合意書を作成!

貸金業者側と和解内容が確定した場合、和解内容の合意書を作成します。

  • 和解に基づく返済額の支払いを開始する!

貸金業者との合意書に基づき、依頼者は毎月貸金業者の指定する口座に返済額の振込みを行います。また、中には、貸金業者への返済の代行をしている法律事務所もあります。この場合、依頼者は毎月法律事務所宛に、返済額を振込むことになります。

  • 完済すれば終了!

和解内容通りの借金の返済が完了すると完済となり、任意整理の手続きが終了することになります。

法律事務所は何を基準に選べばいいの?

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

法律事務所は、大手事務所から個人事務所までさまざまです。大手事務所では、CMや全国的に広告を出している場合も多く、情報量が豊富です。しかし、借金問題の相談を行う場合に重要なことは、債務整理に特化しているかどうかです。特に、任意整理の場合には、貸金業者への交渉力が借金の減額の大きさに関わってくる可能性が高いため、重要なポイントとなります。

債務整理や過払い金請求を専門に行っている弁護士であれば、優れた交渉力があり、依頼者の意向に近づけるようにスムーズな解決策を提案してもらうこともできます。法律事務所が債務整理を専門にしているかどうかについては、HPを確認するようにしましょう。

また、任意整理や自己破産、過払い金請求などの債務整理を多く手掛けているかどうか、実績などについてもよく確認しておきましょう。借金問題は、滞納し始めてから早い段階の方が、借金の減額や分割返済に応じてもらえる可能性も高くなると言われています。そのため、借金問題の悩みがある場合は、なるべく早く弁護士に相談するといいでしょう。

弁護士費用について!

0a88ddcc9d0a22c9f3424d81818b8b9f_s

弁護士に債務整理を依頼した場合は、当然、弁護士費用が発生します。弁護士費用については、債務整理の種類や法律事務所、担当する弁護士などによって異なる場合があります。弁護士費用がいくら掛かるのか分からないため、一歩踏み出せないという人もいるかもしれませんが、相談については無料で行っているところも多くあります。そして、無料相談した時に、費用について確認することができます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!