任意整理に応じてくれない!そんな時に考えられる理由とは?

MENU

CLOSE

任意整理に応じてくれない!そんな時に考えられる理由とは?

弁護士が任意整理に応じてくれない理由

583cebf67d3f7aafc7e654ba161b782e_s

借金の金額が膨らんでしまい返済の目途が立たない場合の救済策として設けられているのが債務整理という手法になります。債務整理の中でもっとも着手しやすい方法に位置付けられているのが任意整理になります。

任意整理に過払い金請求というものを組み合わせることによって、人によっては借金が無くなる上にお金が返ってくる場合もあります。任意整理については自己破産・個人再生といったような債務整理の手段と違って、借金を棒引きすることや大幅な減額をすることを求められません。

あくまでも任意整理については金利の変更、借金の返済スケジュールの変更といった形で、債務者の借金の返済の負担を軽くして、無事返済が完了できることを目的として行っていくものになります。

この任意整理を行う際には弁護士の協力が不可欠になります。ただし、場合によっては弁護士が任意整理の法的処理を行うことを拒否する場合があります。それはどういった場合なのでしょうか?

弁護士が債務整理に詳しくない

まず、考えられる代表的なケースとしては相談した弁護士に債務整理の知識があまり無い場合です。弁護士といっても法律のことは全て熟知している訳ではなく、得意・不得意分野があります。

特に債務整理については専門性が高い分野であるため、債務整理の案件を担当したことが無い弁護士であれば、リスクを考えて依頼を受けてくれない場合もあります。したがって、債務整理を専門で行っている弁護士を調べて相談するようにしましょう。

任意整理を行っても依頼人から報酬を受け取れる可能性が無い

弁護士は慈善事業を行っている訳ではありません。何の見返りもなく、任意整理の手続きを行ってくれるわけではなく、任意整理が完了した後はその依頼人から任意整理の手続きに関する手数料を受け取ることになっています。

したがって、任意整理を行っても、その任意整理の手続きを代行した手数料を受け取れないと考えた場合には依頼を断られる可能性があります。また、その依頼者が抱えている借金の金額が高すぎて、任意整理をしたところで到底返済がスムーズにいかないと考えられる場合、弁護士からは自己破産・個人再生といった手続きの方をすすめられるケースもあります。

依頼人から虚偽の申告を受けた

また、弁護士が任意整理の処理を進めていくにあたって、さまざまな事柄について依頼人に確認することになります。このような事柄について虚偽の申告を受けた場合、その虚偽の事実をもとに任意整理の手続きを進めることになり、処理を誤る危険性があります。

任意整理における処理の誤りで、弁護士が責任を問われる可能性もあります。したがって、弁護士が聞いた内容を正確に答えてくれない依頼人だと判断されると、依頼を断られるケースもあります

業者が任意整理に応じてくれない理由

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

債務者に貸し付けを行っている業者については基本的には任意整理に応じてくれるケースが多くなっています。なぜなら、任意整理に応じなかった場合、債務者が自己破産をする可能性が高くなり、滞納している借金を全く回収できなくなる可能性があるためです。

ただ、業者によっては会社内の決まりで任意整理に応じないと決められていたり、任意整理を行う場合は一括で返済してもらうという規定がある場合もあります。このような業者とは交渉が決裂する可能性が高くなります。ただ、業者でも任意整理の提案を受けてくれないケースもあります。

返済履歴に問題がある

業者が任意整理を受けるか、受けないかを判断する場合、一番の基準となるのが返済履歴になります。具体的には借入期間が短すぎたり、返済の延滞が多いといった場合には任意整理を断られる可能性が高くなってきます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!