任意整理でカードは止まる?債務整理のメリットと注意点

MENU

CLOSE

任意整理でカードは止まる?債務整理のメリットと注意点

クレジットカードは使えても一時的になる

303f31ca997db2ec862274c603641375_s

債務整理をする際に気になるのが、クレジットカードを使い続けられるかどうかです。基本的に債務整理をすると信用情報に金融事故の情報が載ってしまい、クレジットカードは止まってしまいます。

クレジットカードが止まらない可能性があるのは過払い金請求で、完済済みの借金の請求を行った場合か、残額がゼロ以下になった場合です。手続き中に信用情報が確認された場合や、支払いが残った場合は債務整理と見なされカードが止められてしまう事があります。

完済済みの借金や残額がゼロ以下になる場合は、手続きが完了次第債務整理の情報が取り消される仕組みなっているのが特徴です。そのため、影響なくクレジットカードを使い続けられる場合があるだけでなく、新しいカードを申し込めば審査が通ることがあるのです。信用情報を照会するタイミングは企業によって異なります。

また、過払い金請求であればカード自体をとめない企業もあるのです。任意整理や個人再生、自己破産の場合は、クレジットカードはすぐに停止されるのが一般的です。任意整理で金利の交渉から外した会社に関しては、信用情報の照会まで時間が掛かる場合があります。ただし、使えても一時的なものだと割り切る必要があります。

水道光熱費や通信費をクレジットカード払いにしているときは特に注意が必要で、口座振替などに切り替えておく必要があります。債務整理を行うと、最低5年間は信用情報がブラックリストに載ってしまいます。

ただし、債務整理を行うと、手続きが終わるまで借金を納める必要がなくなるなど、メリットも非常に多いのです。家族カード等を利用すればクレジットカードを持つことができる場合もあります。5年間待てば再度カードを申し込めるようになる可能性が高いため、まずは借金をなくすことを目指した方が良い場合が多いのです。

滞納があるようなら弁護士に相談した方が良い

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s

債務整理のメリットは、借金の督促を止めることができ、手続きが完了するまでお金を返す必要がなくなることです。金額が決まる前に借金返済を始めてしまうと、複数の借金がある場合にもめごとの原因となる場合があります。そのため内容を精査し、交渉がまとまるまで支払いの義務も停止するのです。

債務整理を行う場合は弁護士に相談した方が良く、債務整理を依頼した時点で督促の停止などの手続きが始まります。借金の滞納の記録は数年間残るのもポイントで、一度滞納をした場合はしばらく履歴が確認できるようになります。

期間内に複数回の滞納があった場合は、強制的にカードを停止されることや、ブラックリスト入りしてしまうリスクが生じます。早めに弁護士の相談した方がメリットが大きいのです。債務整理は特定の金融機関と金利の交渉を行う任意整理と、裁判所を通して手続きを行う民事再生、自己破産に別れます。

任意整理は特定の会社のみと交渉し金利を下げられる可能性があり、保証人が要る金融機関を外す事も出来ます。ただし、信用情報は金融機関の情報網で確認できるため、ブラックリストに入ることは避けられないのです。

もちろん、借金があるすべての会社と交渉することも可能です。民事再生は借金額が大きい場合に利用され、借金が最大10分の1まで少なくなります。ただし、安定した収入を得ていることや、3年以内に借金を返すなど、様々な条件をクリアする必要があります。

自己破産は借金を帳消しにすることができる代わりに、資産も手放す必要があります。当面の生活費や最低限の家電は保護され、借家であれば住む場所を追われる心配もないのが特徴です。

ごく一部の職業を除いて仕事の制限がなく、破産後も仕事を続けられるケースが多いのです。債務整理にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、弁護士と相談しつつ最適な方法を探るのが基本になるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!