借金の早期解決には債務整理!任意整理できる人の条件とは?

MENU

CLOSE

借金の早期解決には債務整理!任意整理できる人の条件とは?

借金問題を早期に解決したい場合は債務整理!

e9ccb0f925044f5c65ce5d741ebe3148_s

今は誰でも簡単にキャッシングできる時代です。そのため、気軽にキャッシングを重ねているうちに、いつの間にか莫大な借金額になっていたと言うケースも珍しくありません。キャッシングには高い金利が付いてくるため、借金を重ねれば重ねるほど、いつの間にかすごい利息に膨らんでしまったと言うこともあるのです。

しかし、借金の督促状などが届いても甘く見ていたり、放っておいたりすると、いきなり一括請求をされてしまう場合もあります。そうならないように事前にしっかりと対処すべきですが、多額の借金を抱えてしまった場合には、返済は利息の支払いだけで精一杯だったり、もう自分の力で返済していくのは非常に困難な場合などもあります。そんな場合に知っておきたい方法が、債務整理です。

借金問題で首が回らなくなった人は、債務整理を行うことで、借金問題を解決することができます。しかし、借金問題の悩みを抱えていても、債務整理とはどのようなものか、実際、債務整理を行うためにはどうしたらいいのか分からないという人も少なくありません。そのため債務整理の中でも、比較的多く利用されている任意整理について詳しく見ていくことにしましょう。

任意整理はどのような場合に選択することができるの?

任意整理は、利息制限法の上限金利である15〜20%まで減額された借金を原則として3〜5年掛けて、月々返済していくという手続きです。そのため、減額された借金を3〜5年の月数で換算した36〜60で割った金額が、月々の返済に充てられる金額よりも下回った場合、任意整理を選択することができます。

また、任意整理を行うことにより、借金を減額されたとしても、毎月借金を返済していかなければならないため、安定した一定の収入があることが条件になります。また、任意整理を行う際には、弁護士から送付した受任通知が貸金業者に届いた段階で、借金の返済や悩みの種でもあった厳しい取り立てはストップすることになります。

学生やアルバイトでも任意整理することはできるの?

たとえ、学生やアルバイトの場合であっても、継続的な一定の収入があれば任意整理を行うことは可能です。借金が減額されたと言っても、和解により決定した一定の借金額を月々少しずつ返済していかなければなりません。そのため、収入が多い少ないと言うよりも、継続的に返済していくことのできる一定収入の確保ができるということが重要なポイントとなります。

任意整理をしたら家族や会社に知られてしまうの?

任意整理をした場合でも、基本的に家族や会社などに知られることはまずありません。もし、家族や会社などから借金をしていたとしても、任意整理の場合は相手先を選択することができるため、選択しなければ基本的に家族や会社などに知られることはありません。

しかし、任意整理に関する書類などを家族や会社に見られてしまうと、当然知られる可能性もあるため、任意整理に関する書類の管理には十分注意が必要です。また、債務整理を弁護士に依頼した場合には、依頼者側へ書類などを郵送する際に、弁護士事務所の名前が入った封筒では送付しないなど、弁護士側もさまざまな配慮をしており、知られる可能性はほとんどないと考えていいでしょう。

任意整理の手続きについて!

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s

任意整理のメリットとデメリットについて!

任意整理のメリットについては、以下の通りです。

  • 任意整理のメリット

任意整理は裁判所を通さずに手続きができるため、比較的簡単に行うことができます。任意整理をする場合、弁護士に依頼すれば、和解成立まで借金の返済をしなくてよくなります。また、貸金業者からの執拗な取り立てもなくなります。そして、金銭面においても、借金が減額されるだけでなく、もし、5年以上貸金業者と取引している場合は、50万円の残高がゼロになったり、7年以上取引している場合には、過払い金が返還される可能性もあります。

そして、将来利息が免除されるといった例も多くあります。そのため、今まで借金の返済に苦しんでいた生活と比較してみても、借金額の面、精神的な面において、負担がかなり軽くなるのが任意整理におけるメリットです。任意整理のデメリットについては、以下の通りです。

  • 任意整理のデメリット

自己破産した場合と同じように、任意整理を行った場合には、信用情報機関に個人情報が登録されるため、世間一般的に言うとブラックリストに載ることになります。任意整理における登録期間については、約5年間程度とされており、その期間は新たに借金をすることはできず、また、新規のクレジットカードなどは作れなくなります。これらが、任意整理におけるデメリットです。

任意整理をした場合の借金の減額について!

実際、任意整理をした場合には、どのくらい借金が減額されるのか、知りたいという人も多いのではないでしょうか。それには、まず利息制限法について知っておく必要があります。利息制限法とは、借金の利息の上限を定めた法律のことで、これを超える利息で貸付けた場合については無効となります。

利息制限法では、元本額が10万円未満の場合は年率20%まで、元本額が100万円未満の場合は年率18%まで、元本額が100万円以上の場合は年率15%までと言うように、それぞれ金額に応じて15〜20%の金利が設定されています。ところが、過去に貸金業者の多くは、利息制限法の上限金利を超えて、貸金業法が改正される前の出資法の金利である29.2%までの高い金利を設定していたのです。

そのため、法定利息と貸金業者が定めていた利息との差額分が元本に充当されることになり、その差額分だけ借金が減額されることになったのです。また、礼金や割引金、手数料、調査料という名目で受け取る金銭などについても、利息とみなされています。

貸金業者は任意整理に素直に応じてくれるの?

7d6d1c13079725e84ebb7d5157b487da_s

基本的に多くの貸金業者は、任意整理に応じてくれます。貸金業者は、債務者に自己破産を申し立てられると、債務者の持つ財産の範囲でしか返済してもらえないことを十分承知しています。さらに、自己破産する場合は、大抵債務者側は処分できる財産などが残っていない場合が殆どであるため、そうなると貸金業者側は、借金を全く回収できないことになります。

そのため、貸金業者としても借金の回収額がゼロとなるよりは、今後の債務者の収入から少しずつでもいいので返済してもらう方がメリットになるため、任意整理に応じてくれる場合が多いのです。また、任意整理を行う上で、上手く和解を成立させるためには、弁護士の能力や交渉力なども重要なポイントとなります。

任意整理は弁護士か司法書士のどちらに相談すればいいの?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

任意整理を行う際の代理人を選ぶ場合、弁護士か司法書士のどちらに相談すればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。基本的に、司法書士の場合、借金が140万円以下でないと債務整理の代理人になることはできません。また、自己破産や個人再生の代理人にもなれないため、その分依頼者の負担が増えることになります。

しかし、任意整理を弁護士に依頼した場合には、借金額による制限などもなく、自己破産や個人再生の代理人にもなることができます。そのため、司法書士よりも弁護士の方が多少費用が掛かることになりますが、全ての手続きを任せることができるため、最初から弁護士に相談する方が安心と言えるでしょう。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!