任意整理した後に、再び返済が困難になった場合は?

MENU

CLOSE

任意整理した後に、再び返済が困難になった場合は?

債務整理の第一歩は「任意整理」から!

214886439d4bdd77a43e3b8479853495_s

借金の返済がどうしても厳しくなってしまった時に役に立つ債務整理。債務整理は、

  • 任意整理
  • 過払い金請求
  • 個人再生
  • 自己破産

の4つの中から選択するのが可能となっています。この中で、債務整理の初心者がチャレンジしやすいのは任意整理です。なぜ任意整理はチャレンジしやすいのか?その概要について触れてみたいと思います。

任意整理が手頃にチャレンジできる理由とは?

  • 裁判をする必要がない

債務整理は法律に基づいて借金を整理する方法ですから、裁判所の判決が必要だと思っている人も多いようです。しかし、裁判が必要な債務整理は、個人再生と自己破産だけ。ですから、任意整理の場合は、弁護士に相談するだけで大丈夫なのです。

  • 費用が安く済む

任意整理は、裁判所を利用しなくて大丈夫なので、裁判費用がかかりません。弁護士の報酬だけで費用がすんでしまうのです。料金に関しては、弁護士事務所によって値段設定が違うので、一概には言えないのですが、20万円から30万円が相場でしょう。

このあたりの金額は、担当してもらう借金の金額によって左右されますし、着手金や成功報酬金、減額報酬などの有無によっても左右されてくる問題です。そのため、費用は弁護士に借金相談をしている時点できちんと確認しておくようにしましょう。

  • 督促がストップする

債務整理を検討するような人たちは、ほとんどが借金返済を滞納してしまっている人だと思います。この時に起こる督促を甘く見てはいけません!督促は最初は優しいニュアンスで接してくれますが、だんだん厳しくなっていくものです。

万が一、闇金業者のような、怪しい金融業者から借金してしまった場合には、大変な事件に発展してしまうかもしれません。でも、債務整理の手続きをすれば、この督促はすぐにストップするのです。メンタル面においてはかなり負担が軽くなることでしょう。その代わり、債務整理が終了した後に再び、滞納してしまうと、また督促があるのは言うまでもありません。

  • 家族にバレにくい

人に内緒で借金している債務者が多いようです。友人や職場の同僚はもちろんのこと、家族に内緒で借金を重ねている人もいます。そんな債務者が任意整理を行うときには、周囲の人間にバレないように行いたいですよね。

任意整理は、先ほども取り上げたように、裁判所の手続きをする必要がありません。だから、比較的スマートに終了します。そのため職場とか自宅に、任意整理に関する書類が届くような事はありません。

この辺りをシビアに心配するのであれば、弁護士に「家族にバレないように債務整理したい」という旨を伝えておくようにしましょう。そうすれば、それ相応の配慮を見せてくれます。

任意整理をした後に、再び返済が困難になってしまったら?

a9107bbd3425131e5a177bd2da5f4d12_s

任意整理を行って借金減額に成功!ひとまず返済プランもなんとかこなしていけそうだ、、、。そんな状況になっても、もしかしたら再び借金返済が困難になる可能性もあるかもしれません。そんな時には一体どんなことになってしまうのか気になりませんか?

裁判を起こされてしまう可能性がある

任意整理を行った後は、ある程度の返済期間が設定されます。これは、残りの借金の額によって変わってくるので一概には言えませんが、3年から5年が相場だと言えるでしょう。この期間中に「〜回、借金を滞納した場合には一括返済を求める」という旨が契約書に書かれているはずです。

この辺りは、きちんと確認しておく必要があります。ところが、債務者はお金に困っているから任意整理を行っているので、一括返済を求められても、そんなお金はありませんよね。そうすると、裁判を起こされてしまいます。そして、財産を差し押さえてでも一括返済を余儀なくされるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!