クレジットカードの仕組み!支払を滞納した場合はどうなるの?

MENU

CLOSE

クレジットカードの仕組み!支払を滞納した場合はどうなるの?

クレジットカードの仕組みとは?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

カード会員・加盟店・カード会社について!

クレジットカード1枚あれば、多額のお金を持ち歩く必要もないため、よく利用しているという人もいるでしょう。商品を購入する際には、支払い時にクレジットカードを差し出してサインするだけで、簡単に商品を手に入れることができます。今では誰もが手軽に利用しているクレジットカードですが、実はこの仕組みについてあまりよく分かっていないという人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードというものは、カード会員・加盟店・カード会社の3つで成り立っています。カード会員とは普段カードを利用している人のことで、カード会社に必要書類を送り、審査に合格すれば、クレジットカードを手に入れることができます。そして、加盟店は、カード会社と加盟店契約を結んだ店側になります。そして、カード会社は、クレジットカードを発行する会社のことです。

カード会員がクレジットカードを利用して商品を購入した場合、その利用代金は、まずカード会社が立て替えて加盟店に支払いをします。そして、カード会員は加盟店ではなく、カード会社に利用代金を支払うという仕組みになっているのです。クレジットカードのクレジットという言葉には信用と言う意味があり、カード会員・加盟店・カード会社のそれぞれの信用の元において、クレジットカードの仕組みが成り立っているのです。

クレジットカードを利用した場合の支払について!

クレジットカードを使用して商品を購入した後は、カード会社が設定している締日を基準にし、確定した利用代金が会員の登録している銀行口座から支払日に引き落とされることになります。この支払日については、各カード会社により設定日が異なっています。

例えば、毎月15日締切日翌月10日支払日の場合もあれば、毎月末締切日翌月27日支払日などの場合もあります。カード会員は、クレジットカードで買い物した場合、支払日に引き落とされる金額を銀行口座にきちんと入れておくことが大切です。

カード支払日に引落しができなかった場合はどうなるの?

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

カード会員が、カード会社の設定している支払日に支払できず、滞納してしまった場合には、カード会社から電話による催促を受けます。そして、応じられなければ次第に催促が厳しくなっていきます。そのうち郵便物による催促が始まり、家族に知られる可能性もあります。

さらに放っておいた場合には、支払督促状と言った郵便物が届き、残高の一括支払を求められることになります。そうなると当然クレジットカードは使用できず、また、ブラックリストと言われている事故情報に記載される場合もあります。

そして、支払督促状がきても支払できない場合には、強制的に給与の差し押さえや、銀行口座の差し押さえが実行されることもあります。しかし、この支払督促状が届いてから、2週間以内であれば、異議申立が可能であり、異議申立した場合については裁判となります。

債務整理についての基礎知識!

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

債務整理と聞くと、まず、誰もが真っ先に自己破産を思い浮かべるのではないでしょうか。確かに、債務整理といえば自己破産というイメージが強いのかしれませんが、債務整理は、自己破産だけではありません。借金の減額に関する手続きなど、さまざまな種類や特徴があります。

債務整理の種類と特徴について!

債務整理を行う場合は、借金額や自分の置かれている状況、収入などにおいて、さまざまな債務整理の中から自分に適したものを選びます。債務整理の種類や特徴については、以下の通りです。

  • 自己破産について

自己破産は、借金を返済することが不可能になった場合、全ての借金を帳消しにしてもらえる代わりに、ほとんど全ての財産を手放すことになります。住宅、自家用車、貴金属、宝石、美術品など金目のものすべてを手放すこととなり、これらの財産については、債権者側に弁済することになります。

自己破産をした場合は、借金はゼロになりますが、同時に財産もほとんど失ってしまうため、借金で首が回らなくなくなった場合の最終手段となります。この自己破産については、裁判所を介して行うことになります。また、自己破産の手続き期間中は、郵便物が第三者に管理されたり、引っ越しや旅行などについても制限があります。

  • 任意整理について

任意整理とは、裁判所を介さずに借金を減額することができ、比較的ハードルも低いため、幅広く利用されている債務整理です。任意整理は、法律の高度な専門知識や多数の書類の作成などが必要であるため、一般的には弁護士や司法書士などの代理人に依頼し、貸金業者と交渉を行っていきます。

また、任意整理を行うための条件としては、一定の収入がある人になります。任意整理は、手続きの負担が少ないこともあり、債務整理の中では一番多く利用されています。また、任意整理を行ったとしても、官報には載らないため、第三者に知られる可能性も低いと言えます。

  • 個人再生について

個人再生は、裁判所を介して借金の減額をする手続きです。自己破産とは違って、条件を満たせば自宅などの財産を手放す必要がありません。そのため、自宅は手放したくないが、借金を減らしたいという人に利用されています。任意整理では返済が難しいという人が、自己破産はどうしても避けたいという場合に使われることが多い債務整理です。

そして、減額された借金については、3〜5年以内に返済しなければなりません。個人再生を行った場合については、借金は5分の1に減額されます。しかし、個人再生を行った場合、5〜10年間はお金を借りることができなくなるのがデメリットです。また、名前や住所が官報に載ってしまうため、第三者に知られてしまう可能性も考えられます。

  • 特定調停について

特定調停は、まだ今は借金を返済することはできるが、いずれ返せなくなる可能性があるため、借金を整理して生活を立て直すようにする手続きです。特定調停は、裁判所を介した任意整理のようなものと考えると分かりやすいでしょう。

  • 過払い金返還請求について

過払い金返還請求は、払い過ぎた利息を貸金業者から返還してもらう手続きのことです。払い過ぎた利息は、過払い金と言われており、グレーゾーン金利とも呼ばれています。グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利である20%を越え、過去の出資法の上限金利であった29.2%に満たないちょうどその間にあたる金利のことを指しています。

2006年に出資法の法律が改正されたため、このグレーゾーン金利は廃止されましたが、過去に多額の借金をしていた人や、現在も借金を返済している人などは、グレーゾーン金利で貸付けられていた可能性もあるため、一度、弁護士に相談してみるといいでしょう。

また、過払い金返還請求は、借金を完済していても、10年間は返還請求を行うことができます。しかし、それ以降は時効となってしまうため、過払い金が発生している可能性のある人は、弁護士に相談し、早めに対処するようにしましょう。

弁護士の選び方!

fc74926b2377d7da7f233a7201ed8fc8_s

基本的に債務整理を行う場合には、弁護士に依頼しないと進められない手続きなども多いため、借金問題で悩みのある人は、まずは、弁護士に相談するのがおすすめです。また、弁護士事務所は多数ありますが、債務整理や過払い金請求を専門的に扱う、債務整理に特化した経験豊富な弁護士に依頼することで、和解交渉時における借金額が変わってくる可能性もあります。相談は無料で行っているケースが多いため、費用が気になって借金の悩みを解決できない人も安心して利用することができます。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!