過払い金請求に落とし穴はないの?デメリットが少ない理由とは

MENU

CLOSE

過払い金請求に落とし穴はないの?デメリットが少ない理由とは

過払い金請求はデメリットが少ない

9b9c9a51082892ea0bdd4c8880eb51d1_s

過払い金請求は債務整理の中でもデメリットが少ないことで知られています。これは債務整理として扱われずに、クレジットカードを持ち続けられる可能性があるからです。他の債務整理では信用情報に金融事故の情報が残ってしまうため、クレジットカードの利用が停止されることや、新規に申し込みができなくなることが多いのです。

過払い金は過去に金融機関が法定金利を超える金利を設定した場合に請求できます。法定金利と法律上の罰則が生じる金利に間があったため、グレーゾーン金利を設けていた企業が存在したのです。

現在はグレーゾーン金利を設けることは禁止されており、弁護士や司法書士を通じて過払い金請求を行えば、払い過ぎたお金が戻ってくることがあるのです。すでに払い終わったお金であっても戻ってくる可能性があります。そのため、一度弁護士に相談して計算を行った方が良いのです。

弁護士に相談した方が良いのは、利息の計算などが面倒なだけでなく、自分で問い合わせをすると金融機関が過払い金請求の準備だと警戒する恐れが出てくるからです。金融機関の中には情報を隠すことで時効になるための時間を稼ごうとする悪質なケースがあり、法律の専門家経由で確認することが大切になります。

注意をしたいのは、今も支払いを続けている借金が返しきれない場合です。借金が残ってしまう場合は金融事故として扱われ、信用情報がブラックになる可能性が出てきます。

戻ってくるお金が多い場合や、すでに支払いが終わっている場合は一時的に信用情報に債務整理の情報がのってしまう事があるものの、お金が戻ってくると同時に情報が消える形になります。過払い金を請求した会社の借金を返しきれれば問題ないため、一度弁護士に相談して見直すのも方法なのです。

滞納がある場合は債務整理をするのがおすすめ

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

借金を度々滞納してしまっている場合や、数ヵ月返済が遅れている場合は、気づかないうちに信用情報がブラックになっている可能性があります。クレジットカードは定期的に信用情報を見直すことで使用が可能になるため、1社でも信用情報に問題があれば他のカードも止められてしまう恐れがあります。

この場合は早めに弁護士に相談した方が良く、返済方法について専門家のアドバイスを受けた方がスムーズな返済ができるのです。債務整理には任意整理と個人再生、自己破産があり、それぞれ債務の減免金額が異なってきます。

共通するのは債務整理を始めると借金の督促がなくなり、返済もストップすることです。借金の返済は債務整理の手続きが完了してから行う形になります。任意整理は金融機関と交渉することで金利を下げることを目指します。

特定の金融機関のみと交渉も可能で、保証人が要る場合も迷惑をかけづらいのが特徴です。個人再生は裁判所に手続きをすることで債務を圧縮し、3年から5年で返済を目指す方法です。借金額が数分の1になる事もありますが、収入が安定していることが申請の条件になります。

また、自己破産と違って土地や家を残せる可能性があります。自己破産は借金を帳消しにするかわり、資産を手放す必要があります。生活に必要な道具や当面の生活費は手元に残せるため、無一文にはならないのも特徴です。

金融関係の仕事や弁護士などにつけなくなる場合もありますが、職業制限は自己破産の処理が完了した後に解除されます。一般的な会社員であれば影響を受けない場合も多いのです。借家の権利なども取り上げられることはないため、影響が少ない人もいます。

債務整理をする場合はクレジットカードも持てなくなりますが、銀行預金と連動したデビットカードなら所有することができます。クレジットカードの中には家族カードが作れるものもあるため、工夫でデメリットを減らせる場合もあるのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!