住宅を守りたい債務者にオススメしたい個人再生という選択

MENU

CLOSE

住宅を守りたい債務者にオススメしたい個人再生という選択

債務整理と住宅ローンの関係性について知りたい

f24243b91454d4af2740c0775d41cc7a_s

「もうこれ以上の返済は厳しい、、、滞納もし始めてきた」。こんな借金の状態になってきたら、債務整理を考えた方がいいと思います。債務整理は、借金を大幅に減らすことができるので、全ての債務者が検討するべきなのです。でも、いまひとつチャレンジできない債務者もたくさんいるようです。

そこにはいろんな理由が存在していますが、マイホームを所有している債務者は「住宅を差し押さえられてしまうのではないか」とか「住宅ローンに影響が出るのではないか」という心配を抱えています。できるだけ家族に心配をかけたくないですから、この辺りはシビアな問題です。

マイホームを気にするならば、個人再生検討してみましょう

このような悩みを持っている債務者は、個人再生がぴったりだと思います。比較的、小規模の借金の場合は過払い金か任意整理で解決できるのですが、マイホームを気にするならば任意整理はちょっと厳しいでしょう。

個人再生は、マイホーム以外の財産も手放す必要がありません。そのまま継続して住み続けることができるので、住宅ローンにも影響が出ないのです。

ただし、3年で返済できる経済力が必要

マイホームを維持しながら債務整理したいなら個人再生は魅力的ではあるのですが、整理できた借金をだらだらと長期化して返済できるわけではありません。残りの借金を3年で返済するルールが決まっています。だから、それ相応の経済力が必要になるのです。

したがって、収入が不安定な仕事をしている債務者は難しいということになります。個人再生は、アルバイトしている債務者でも行うことができるので、コンスタントに働いて、毎月平均的な収入があれば相談することが可能です。この辺りも含めてまずは弁護士に相談してみてください。

借金減額以外にもこんなメリットがある

個人再生のメリットは、借金の減額だけではありません。

  • 金融業者からの取り立てがストップされる

滞納すると、金融業者からの取り立てが始まるのですが、これが結構メンタルに響くものなんです。ところが、債務整理の手続きをした途端に金融業者のからの取り立てはなくなります。

その後の支払いはどうするのかというと、債務整理を手伝ってくれた弁護士に支払いをして、そこから借入を行っていた各金融業者に振り分けるというシステムになることがほとんどです。ですから、精神的にかなり楽になるメリットがあります。その代わり、弁護士とは継続的に良好な関係を築くように努力しましょう。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\要チェック/

過払い金の相談をどこにするか迷っているなら杉山事務所がおすすめ!
自分に過払い金があるかわからない方でも、無料で過払い金の調査と計算がしてもらえます!

過払い金請求の実績も豊富で、過払い金回収額は月5億円を超えます。

⇒杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金請求・債務整理は相談無料の杉山事務所におまかせ

\オススメ/


消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所があなたの借金に関するお悩みを解決します!

⇒杉山事務所の公式サイトをみる

  1. 0120-066-018
  2. 0120-065-039
  3. 0120-068-027
  4. 0120-069-034
  5. 0120-067-009
  6. 0120-070-146
  7. 0120-131-025
  8. 0120-678-027

個人再生でもカタがつかない場合には自己破産の検討

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

どうしても個人再生でも処理しきれない債務状況ならば、自己破産を検討するしかありませんね。自己破産は借金を返済する必要がなくなりますが、マイホームは手放さなければなりませんので、最後の最後に検討するべきです。

マイホームはもちろん自動車も差し押さえられます。だから、弁護士と入念に相談してから決めるべきです。一応自己破産の概要についても少し触れていきましょう。

  • 借金が0に!

一切返済義務はありません。いくら借金があろうとです。

  • 財産がなくなる

マイホーム、自動車、銀行残高、給料etc。差押可能な財産は片っ端からチェックされます。

  • 無職でもできる

個人再生は職業についている必要がありましたが、自己破産は無職でもチャレンジできます。

  • 手続きがサクッと終了することも

自己破産で一番時間がかかるのは財産の差し押さえです。従って、財産があまりないとみなされた債務者は、短い時間で終了することもしばしば。債務整理が長期化するストレスは結構なものですから、これは助かる概要です。

  • 一定の職業資格を失う

職業によっては一定期間働けなくなる場合があります。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!