意外と知らない!借金を抱えている人が債務整理でできること

MENU

CLOSE

意外と知らない!借金を抱えている人が債務整理でできること

債務整理の概要とは

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_s

債務整理という言葉自体はどこかで耳にした事があり、借金問題に関するものであるという事はわかっていても、具体的にその債務整理では何ができるのかわからないという声は少なくありません。

債務整理というのは基本的には借金問題を法的手続きをとり解決してくれるというもので、弁護士や司法書士に相談及び依頼をしに行っていきます。裁判所を通す事もあれば、通さない事もあります。

実は債務整理には5つ程の種類があり、それによって裁判所の有無であったりできる内容、かかるお金などが大きく異なります。なので一口に債務整理をしたいと言っても、一体どの方法で借金問題を解決していくのかというところは個人次第となります。

また債務整理というのは、基本的には借金をなんらかの形で減額して返済しやすくするものであり、債務整理をしたら後はもう自分の努力は一切なしで借金問題が解決する、なんていうものではありません。事実、債務整理後に返済を滞納してしまうと、和解内容が無効になってしまいます。

それぞれの債務整理でできること

75dd6141ae0281971f3009be13613261_s

過払い金請求について

過払い金請求は他の債務整理とは少し毛色が違うものになります。というのも、過払い金請求は現在進行形の借金に対して行う債務整理ではなく、過去に既に完済している借金に対し行う手続きです。

過去の借金で払いすぎた利息があれば、最後の取引から10年以内であれば過払い金請求で請求し取り戻す事ができるのです。過払い金請求の場合には裁判所を通さずまた手続きをしたからといって信用情報に記録が残るという事もありませんし、過払い金請求にかかる費用も戻ってきたお金から出す事ができます。

なので、過払い金請求においては例外的に、あまりデメリットはありません。過払い金があると予想される方は、しっかりと手続きをしてお金を取り戻すべきです。

任意整理について

任意整理というのは裁判所を通さずに債権者と弁護士または司法書士との間で、話し合いをもって利息のカットなどを行っていく手続きになります。元本自体を減らすという事はできませんが、返済が楽になるという点ではメリットは小さくありません。

また債務整理後の返済期間は話し合いの中で比較的自由に決定できます。とはいえ、5年以上という長い期間は相手側が納得しない事も多いので、平均では3年から5年程度を返済期間とする事が多いと覚えておきましょう。

任意整理は費用も低く裁判所も通さないという事で、債務整理の中では敷居は低い方だと言えます。そして任意整理のデメリットは債務整理の中では借金減額効果がそこまで大きくないという事、信用情報に記録が残る事です。

特定調停について

特定調停というのは、裁判所を通し任意整理と近い内容の手続きをするものになります。こちらも利息カットが主で元本の減額まではできないものの、弁護士などをたてずに自分で手続きを行う事ができるという特徴があります。

自分で全てやれば当然費用はほとんどかかりません。ただしデメリットとしては、苦労の割に思うように借金が減らなかったり、そもそも和解が成功しない事も多い、裁判所出頭は平日である、信用情報に記録が残るなどがあげられます。

個人再生について

個人再生は裁判所を通し500万円以上の借金は5分の1まで、500万円以下の借金は100万円まで減額できるというかなり効果の高い債務整理です。返済期間は原則3年で場合により5年までは延長可能です。またしかるべき手続きをすれば住宅ローン返済中の自宅も手元に残せます。

減額率は非常に高いものの、費用が30万円前後かかる、残った借金を期間内に返せる収入が必要、信用記録に残るというのがデメリットです。また個人再生は5000万円未満の借金についてしか行えません。

自己破産について

自己破産は借金を帳消しにできるというメリットと、財産の差し押さえというデメリットを持った債務整理です。自己破産は最終手段とも呼べるもので、自力での返済が非常に困難な場合のみ可能です。

債務整理後の返済がないため、収入がなくてもできるというのも一つのメリットです。世間からのマイナスイメージなどはありますが、人生を再スタートさせるため必要になる人も少なくありません。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!