1人で悩まないで!弁護士に借金の問題を相談しよう

MENU

CLOSE

1人で悩まないで!弁護士に借金の問題を相談しよう

いつの間にか作ってしまう借金

2b0297412c20056839c741bf2d396380_s

人間誰しも、お金の苦労なく経済的に安定した人生を送りたいと願っているでしょう。収支のバランスの取れた生活をずっと続けることができれば理想通りの人生となるですが、現実にはうまくいかないことも多いのです。自分は借金とは無縁だと思っていたのに、ちょっとしたきっかけからあっという間に借金が膨らんでしまったというような話をよく聞きます。なぜこのような事態になってしまうのでしょうか?

借金をする場合、最初は少額からスタートする場合がほとんどです。「これぐらいならすぐ返せるから…」という気軽な気持ちでお金を借りてしまうのです。借入額が小さい場合は返済も苦にならないのですが、怖いのは「お金を借りる」という行為に慣れてしまうことです。借金を一切しなかった頃ならお金を借り入れることに抵抗があったでしょうが、少額を繰り返し借りるうちに感覚が麻痺し始めます。

「お金に困ったら借りればいいんだ」という考えがスタンダードになってしまい、経済観念が変わってしまうのです。ちょっと高額な買い物をしたい時、ちょっと贅沢な食事を楽しみたい時など、以前ならばお金が足りないことを理由に諦めることができたのに、「お金を借りよう」という発想が簡単に出てくるようになってしまいます。

このような悪循環が、最初は簡単に返せる額だったのに少しずつ額が増えていき、気が付いたら大きな負債となっていたという結果を生んでしまいます。自分は借金とは無縁と思っている人でも、ちょっとした気の緩みからあっという間に借金苦に陥ってしまう可能性があります。つまり、借金に関する問題やその解決方法は、現在借金に悩んでいる人はもちろんのこと、それ以外の多くの人も知識として知っておいた方が良いことといえるでしょう。

借金の主な原因

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

借金を作ってしまう原因として多いのが、クレジットカードの返済の滞りです。クレジットカードの返済額が大きくなり過ぎて自分の収入では返せなくなってしまったという話をよく聞きますね。現金をそのまま持ち歩くよりも安全性が高い、会計時に手間がかからずスマートに支払いができるなど、クレジットカードを使用する利点はいくつかあります。

そして、その利点の1つとして、手元にお金がなくても高額な買い物ができてしまうという点が挙げられます。クレジットカードを持っていると、今お金はないけど次のお給料やボーナスが入れば返せるから、一括では無理だけど分割払いにすれば返せるから、などと考えてついつい高い物を購入してしまいやすいのです。クレジットカードには、自分でも気付かないうちに収支のバランスが大きく崩れてしまいやすいという怖さが潜んでいます。

また、クレジットカードと並んで借金の主な原因となりやすいのが、ギャンブルです。パチンコ、競馬、競艇など、趣味や遊びで楽しんでいるうちに夢中になり過ぎてしまい借金を作ってしまったというケースはよくありますね。また、クレジットカード等の別原因で溜まった借金を一気に返済したいがためにギャンブルを利用するという場合もあるでしょう。

ギャンブルはリスクが非常に大きいため、多くのお金をつぎ込むのは怖いというイメージがあるかもしれません。しかし、その一方で大きな当たりを出せば一気に財布が潤うという夢があるため、一攫千金を狙ってついついのめり込んでしまう人が多いのです。特に借金で苦しんでいる人の場合、すぐにでも悩みから解放されたいと思ってギャンブルに頼ろうとしてしまいがちです。とはいっても、やはり理想通りに勝てるケースは少なく、大抵の場合は借金を生み出したり増やしたりしてしまうのです。

相談しにくい借金の悩みは弁護士へ

de5bb9d60744a05ca0a57e4673a2fcc5_s

もし、借金ができてしまった場合、あなたは誰に相談しますか?悩み事を打ち明ける相手といえば家族や恋人、親友などが主ですが、たとえ気心が知れた相手であってもお金の問題となると気軽に相談というわけにはいきませんね。なぜなら、借金がある状態というのはイメージが良いとはいえないため、相手からの信頼をなくしたり評価を下げたりするのではないかという不安が生じるからです。

借金の悩みを相談したことがきっかけで今までの人間関係が崩れてしまうのは、やはり怖いと感じるでしょう。そのため、借金に苦しんでいる人はそのことを誰にも相談せずに孤独に悩んでしまうケースが多いのです。しかし、自分一人で悩み続けていても問題はなかなか解決しません。お金のことを気兼ねなく相談でき、的確なアドバイスを与えてくれる人物が必要でしょう。

そこで、その役割を果たしてくれるのが弁護士なのです。弁護士は法律のプロですから、借金問題についても合理的で現実的な解決方法を教えてくれるはずです。また、仕事として借金に苦しむ人に接する機会も多いため、偏見など持たずに依頼者としっかり向き合って話を聞いてくれるでしょう。また、依頼者のプライバシーにもきちんと配慮していますから、借金をしていることを周囲に隠したままにしておきたいという方にとっても安心です。

一人で悩み続けていても借金はなかなか減りませんし、状況によってはどんどん増えてしまうかもしれません。「自分だけでは解決できそうにないな」と感じたら、あるいは「誰かに話を聞いてもらいたいな」と思ったら、迷わず弁護士のところへ足を運んでみましょう。行き詰っていた問題の解決の糸口が見えてくるはずです。

債務整理のすすめ

15716eef5972b2064f24edaed17d5bb0_s

借金問題で弁護士のところへ足を運んだ場合、すすめられる解決方法として多いのが「債務整理」です。借金と無縁の人生を送っている場合でも、債務整理という言葉だけは聞いたことがあるという人は結構いるのではないでしょうか?弁護士事務所や法律事務所の宣伝や広告によく使われている言葉ですね。

債務整理とは、自分が今抱えている借金を整理して、返済額を減額してもらったり、全額免除してもらったりする方法のことを指します。債務整理を行うことで総返済額が減ったり(ゼロになる場合もあります)、毎月の返済額が少なくなったりするため、債務者の金銭的負担が軽くなります。ちなみに、債務整理自体は弁護士に頼まずとも債務者本人が自分で行うことも可能です。

しかし、相手方の債権者は多くの場合法人であるため、借金の返済に関して債務者とやりとりを行うのに慣れています。そのため、返済を楽にしようと思って行った債務整理が、結果的に納得いかない形で終わってしまう恐れもあります。その点、弁護士ならば借金に関する法律知識も十分持ち合わせていますから、債権者である法人とも対等に交渉することができるのです。

なお、弁護士に債務整理を依頼することで何かデメリットは生じないだろうかと心配する方もいるかもしれません。唯一デメリットといえるのは、着手金が発生することです。債権者1社につきいくらという形で支払うので、借入先が多いと着手金も高額になります。債務者は少しでも借金の返済額を減らしたいわけですから着手金の支払いをもったいないと感じるかもしれません。

しかし、法律知識豊富なプロに債務整理の交渉を任せられる安心感と、具体的な手続きがスムーズに進む利便性などを考えれば、やはり着手金を支払ってでも弁護士にお願いした方が良いでしょう。借金のことで悩みを抱えているのなら、法律のプロである弁護士に助けを求めましょう。必ずしも相談=依頼ではないため、とりあえず弁護士の事務所を訪れて話だけでも聞いてもらうのも良いかもしれませんね。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!